Posts tagged "アップデート"

Dreamweaver に Parfait が統合、2014.1 アップデート

Dreamweaver CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。Project Parfait として試験提供していた PSD カンプからコーディングに必要なアセットを抽出する機能が Dreamweaver 内に統合、Web デザインとコーディングの垣根がよりシームレスになりました。

DwCC2014.1

Dreamweaver CC 最新情報 (2014.1)

関連情報

UI リフレッシュと3D強化、新 After Effects CC 2014.1

After Effects CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。Premiere Pro CC と同様、ユーザーインターフェイスのリフレッシュと HiDPI 対応で、より使いやすくなりました。CINEMA 4D R16 互換となり、3Dパイプラインも大幅に強化されています。

AeCC2014.1

After Effects CC 最新情報 (2014.1)

  • HiDPI のサポートを含む、ユーザーインターフェースの向上
  • 3D パイプラインの強化
  • 強化された Adobe Anywhere の共同作業機能
  • その他

関連情報

いよいよプロビデオの標準へ Premiere Pro CC 2014.1 の新機能

Premiere Pro CC バージョン 2014.1 アップデートの提供を開始しました。ユーザーインターフェースをリフレッシュ。最新フォーマットのサポートと、ユーザーの要望の取り込みを重ね、充実のアップデート内容となっています。

PrCC2014.1

Premiere Pro CC 最新情報 (2014.1)

関連情報

InDesign CC 2014.1 は EPUB 機能強化にフォーカス

InDesign CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。2014年リリースでサポートした EPUB 固定レイアウトをさらに強化しました。

IdCC2014.1

InDesign CC 最新情報 (2014.1)

  • カラーテーマツール
  • Adobe Color
  • 固定レイアウトの EPUB のインタラクティブ機能
  • EPUB のインタラクティブ機能のプレビューパネル
  • EPUB 機能強化

関連情報

Illustrator CC 新機能一覧 – バージョン 2014.1

Illustrator CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。Photoshop CC 2014.2 と同様 Creative Cloud ライブラリー搭載の他、Microsoft Surface Pro 3 などの Windows タッチデバイスに最適化された新しいユーザーインターフェースを搭載するなど、大幅に進化しています。

AiCC2014.1

Illustrator CC 最新情報 (2014.1)

  • Creative Cloud ライブラリ
  • Touch ワークスペース
  • 曲線ツール
  • 連結ツール
  • エリアタイプの自動サイズ調整
  • Illustrator ファミリーとモバイルアプリの統合
  • Brush CC、Shape CC、Color CC との連携

関連情報

Photoshop CC が大幅に進化、バージョン 2014.2 提供開始

Photoshop CC 2014.2 アップデートを提供開始しました。Creative Cloud を通じて Illustrator、CC モバイルアプリ間でデジタルアセットをつなぐ Creative Cloud ライブラリが搭載されたのをはじめ、たくさんの機能が追加されています。

PsCC201.2

Photoshop CC 最新情報 (2014.2)

  • Creative Cloud ライブラリ
  • アセットを抽出 (Extract)
  • ガイドの強化
  • Windows タッチデバイスのサポート
  • フィギュアのポージングおよびアニメーションの 3D プリント サポート
  • 3D PDF ファイルのサポート
  • 新しい 3D プリンター プロファイルの追加
  • SVG 書き出し
  • Mercury Graphics Engine によるパフォーマンス向上
  • その他

関連情報

CC デスクトップがアプリローンチャーに! バージョン 1.8 アップデート

Creative Cloud デスクトップバージョン 1.8 アップデートを提供開始しました。大変要望の多かった、各 CC アプリのローンチャーとして利用できるようになったほか、アプリのアンインストールもここから個々に行えるようになりました。

CCD_Uninstall

バージョン 1.8.0.447、2014 年 10 月 6 日公開

  • アプリケーションパネルで 1 つの場所から 1 回クリックするだけでアプリケーションをすばやく起動でき、また安全にアプリケーションをアンインストールできます。
  • アプリケーションの効率が改善されたため、バッテリーが長持ちします。
  • Creative Cloud マーケットアセットをマルチアプリケーション対応の新しい Creative Cloud ライブラリに保存できます。
  • 日本語で Creative Cloud マーケットをキーワード検索できます。[1]
  • OS X Yosemite 互換というメリットがあります。
  • より詳細に原因を特定するエラーメッセージによってファイルの同期問題を解決します。
  • ユーザーが利用できないデスクトップのサービス(Creative Cloud エンタープライズ版のユーザーは利用できる)を非表示にします。

Adobe Gaming SDK 1.4 提供開始

Creative Cloud デスクトップより、Gaming SDK 1.4 の提供を開始しました。

gamingsdk1.4

詳細はこちらをご参照ください。

  • New Android Intel x86 platform support
  • Huge Stage3D improvements including a new “Standard” profile
  • Support for using Android devices as gamepads
  • Cross promotional and game preview support for Mobile
  • Vastly improved iOS packaging performance
  • Bug fixes in ANEs for iOS 8
  • Starling – Updated to 1.5.1
  • Feathers – Updated to 1.3.1
  • Away3D – Updated to 4.1.6
  • Dragon Bones – Updated to 2.4.1
  • AIR SDK and Compiler – Updated to 15
  • Flash Player 15 and AIR 15 release notes

Adobe Voice バージョン 1.4 リリース

誰でもかんたんにアニメーションビデオを制作できる話題のアプリ Adobe Voice のバージョン 1.4 を提供開始しました。

voice_icon_noshadow_256px

iOS8 に対応し、作成したストーリーを共有する際に、表紙となるサムネイルを選択できるようになるなどの改善が図られています。App Store より入手、アップデートを行ってください。

関連情報

DPS Desktop Tools CC 2014 32.0.0 アップデート

InDesign CC 2014 を対象に、DPS Desktop Tools CC 2014 32.0.0 アップデートをリリースしました。これは DPS バージョン 32 リリースを受けてのアップデートとなります。Creative Cloud デスクトップのアップデート経由で更新を行ってください。

dpsv32

なお、DPS v32 リリースの詳細はこちらをご参照ください。

Digital Publishing Suite Help / What’s new in the v32 release (英語)

  • DPS announcements and reminders
    • Important fixes for upcoming iOS 8 release
    • iOS Compatibility
    • InDesign CS5.5/CS5 and DPS support in v32
    • DPS App Builder requirements
    • Legacy Content Viewer for Android to be retired
    • Restriction to the number of folios in Folio Producer
  • Authoring improvements
    • Reset folio
    • CRM Integration APIs
    • Push notification APIs now available
  • iOS viewer changes
    • New optional Article Preview experience
    • Additional iOS viewer changes
  • Android viewer changes
  • Windows viewer changes
  • Push notification improvements (part of v31.3 release)