Posts tagged "アップデート"

SpeedGrade CC 2014.2 アップデート

カラーグレーディングツール SpeedGrade CC の 2014.2 アップデートを提供開始しました。本アップデートにはいくつかの変更点と不具合修正が含まれています。SpeedGrade CC 2014 ユーザーの方は是非アップデートしてください。

主な変更点 (SpeedGrade Official Blog ‘Moving Colors’ Adobe SpeedGrade CC (2014.2) Update)

変更点

  • Changed: Master Clip remain selected when the Playhead moves onto a new clip
  • Added: Warning now alerts users when a GPU with insufficient capacity (1GB of VRAM or less) is used for high resolution footage
  • Changed: Improve usability of Color Wheels.

不具合修正

  • Fixed: UI issue where Media Browser tree failed to display icons
  • Fixed: SpeedGrade will now recall which scopes were toggled after restarting application
  • Fixed: SpeedGrade will now correctly render a group with variable opacity (Native Mode)
  • Fixed: SpeedGrade no longer crashes when a GPU with insufficient capacity is used in Direct Link
  • Fixed: Image no longer compromised when “No LUT” layer used (Direct Link mode)
  • Fixed: When a Look is applied to a Master Clip, the Master Clip tab remains selected.
  • Fixed: Colors no longer inverted when using an insufficient GPU with with 5K or 6K footage (Direct Link mode)
  • Fixed: (Windows only) Direct Link to SpeedGrade no longer fails with the project name containing double byte characters (Chinese, Japanese, Korean)
  • Fixed: File names were truncated in the restore Autosaved Project dialog box (affected German, French, Brazilian Portuguese, Spanish, Russian, Italian)
  • Fixed: Tooltip message when hovering over In/Out point on Mac corrected
  • Fixed: Tooltip for color swatches now appear in localized languages for non-English versions of SpeedGrade
  • Fixed: Direct Link issue where white screen displayed when importing a project with many sequences (Retina Display)
  • Fixed: Auto-keyframes are now displayed as soon as they are applied
  • Fixed: A rare issue with a Drag&Drop area inside the scopes (aka Analysis Tools)
  • Fixed: An issue with importing single sequences in Direct Link
  • Fixed: Undo now works correctly when modifying a mask (Direct Link)
  • Fixed: Bug where Trash icon remained highlighted
  • Fixed: Playheads sometimes disappeared when playing multiple Timelines at the same time
  • Fixed: The category names for custom Look layers now appear in localized languages (German, French , Brazilian Portuguese, Spanish, Russian, Italian)
  • Fixed: Fullscreen background color is now consistent with UI in normal mode

SpeedGrade CC 2014.2 アップデートは、Creative Cloud デスクトップより適用頂けます。

SpeedGrade 関連情報

  • SpeedGrade にトーンカーブが来た! <2014年10月追加の新機能>
  • Creative Cloud 道場 #20 SpeedGrade CC ってなぁに YouTube | USTREAM

SpeedGradeCC

Audition CC 2014.2 提供開始

Audition CC バージョン 2014.2 を提供開始しました。Audition 開発チームは「小さなアップデート」としながらも、10月の バージョン 2014.1 (7.1) リリース以降に見つかった重要な問題点に対応する修正がたくさん入っているので是非アップデートしてほしい、としています。

audition

主な修正内容 <Adobe Audition Official Blog のポストより>

  • Fixed: Crash on Windows, and waveform artifacts, at certain High DPI Scaling values when moving playhead
  • Fixed: Crash on Quit on OS X is OS update changed permissions on certain folders
  • Fixed: Potential crash when using Spot Healing brush
  • Fixed: Better inactive device detection
  • Fixed: Recent iTunes/iCloud update on Windows can break session support on OS’s which use commas as decimal separators
  • Fixed: UI and metering support for Native Instruments audio devices.
  • Fixed: Multitrack clip waveforms update slowly on certain High DPI scaling values
  • Fixed: ARRI Raw SDK support failing on OS X
  • Fixed: Channel labels may be lost when Save As with disabled channels
  • And several more!

Creative Cloud デスクトップを通じてアップデートしてください。

Audition 関連情報

こりゃ本当に便利! 共有機能追加の Creative Cloud ライブラリ

どこでも、どの端末でも、そしてどのアプリでも自分のアセットを呼び出して利用できる Creative Cloud ライブラリ。この度さらに「共有」機能が加わることにより、会社やチームでアセットを共有して協業できるようになりました。

このアップデートは、世界中のクリエイターからのフィードバックに基づいて実装された機能追加です。それでは、どのようにして利用するのでしょうか?

最新版の Photoshop、Illustrator にアップデート

まず、2014年12月に提供開始となった Photoshop CC 2014 および Illustrator CC 2014 のアップデートを行います。アップデートは、Creative Cloud デスクトップから行ってください。そう、Creative Cloud ライブラリ機能を利用するためには CC 2014 でなければいけません。

PsCC2014Updateアップデートが完了したら、バージョンを確認:

  • Photoshop CC 2014.2.2
  • Illustrator CC 2014.1.1

 

 

 

アップデート後、Photoshop または Illustrator を起動して、ライブラリパネルを確認しましょう。フライアウトメニューをみると、「共同利用…」が追加されていることが確認できます。

CCLib_Share

共同利用を選択すると、ブラウザで Creative Cloud ストレージが現れ、当該ライブラリを共有するメンバーの設定画面が表れます。共有したい Creative Cloud メンバーのメールアドレスを入力し、必要に応じてメッセージを入力し、招待ボタンを押します。

CCLib_ShareSetup

 

これで共有完了です。共有されたライブラリは、共有アイコンで確認ができます。

shared_Lib_2shared_Lib_1

 

共有開始および共有メンバーのメンテナンスは、Creative Cloud ストレージ上でも行えます。

CCLibSetup

Creative Cloud ライブラリで管理・共有できるアセットの種類

お復習いですが、Creative Cloud ライブラリに入れておけるアセットの種類を整理しておきます。

CCLib_Color カラー任意のカラーを名前を付けて登録・利用可能
CCLib_ColorTheme カラーテーマAdobe Color CC を使って作成したカラーテーマ
CCLib_TextStyle テキストスタイル任意のテキストスタイルを名前を付けて登録・利用可能
 CCLib_Brush  ブラシAdobe Brush CC で作成したカスタムブラシや、Creative Cloud Market で入手したブラシ
CCLib_Graphic グラフィック

 

共有する前に整理したい!

Creative Cloud ライブラリでは、任意の名称のライブラリを作成して切り替えながら利用できますが、今回のアップデートでアセットをライブラリ間で移動したり、複製することができるようになりました。ライブラリパネル上の動かしたい (複製したい) アセット上で右クリック-これは本当にほしかった機能!

CCLib_Move

関連情報

Photoshop Mix アップデートで Instagram と連携

Photoshop の強力な機能を、iPad や iPhone で気軽に利用できる iOS アプリ Photoshop Mix のアップデートを提供開始しました。バージョンは 1.4 となり、多くの強化、機能追加が行われていますが、特筆すべきポイントは Photoshop Mix で編集した写真の共有オプションに Instagram が追加されたことです。

PhotoshopMix14_Instagram

Photoshop Mix バージョン 1.4 の新機能

  • iOS 8 タッチサポート
    iOS 8 タッチサイズ機能を利用することで、指で正確に範囲を選択できるようになりました。
  • 自動切り抜き
    スマート切抜き機能には、画像を分析し、1 つ以上のメインオブジェクトの輪郭を壊さずに切り抜くための境界を提示するというテクノロジーが盛り込まれています。(iPad のみ)
  • 共有の簡易化
    共有オプションとして Instagram を追加しました。これに伴い、Facebook の共有には Facebook の Web サイトまたは iOS モバイルアプリから投稿するオプションが含まれるようになりました。
  • Creative Cloud の接続性
    接続性が高まり Lightroom、Photoshop Sketch、Illustrator Line、Illustrator Draw からファイルを開くことができるようになりました。
  • 6 つの言語を新たに追加
    スウェーデン語、トルコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ノルウェー語の言語サポートを追加しました。
  • iOS 8 との互換性
    Apple の最新 iOS に更新することで、効果を実感できます。
  • バグフィックス
    バグフィックスにより、安定性が増し、UI にもさらに改善が加えられました。

Ideas から Illustrator Draw へ、移行の準備

スクリーンショット 2014-12-05 10.58.41arrowスクリーンショット 2014-12-05 10.59.03

Adobe Ideas バージョン 2.9.1 のアップデートを提供開始しました。主なアップデートの内容は、Adobe Illustrator Draw への移行を簡単にするための機能追加となります:

  • 自動同期が無効に
    • Creative Cloud への自動同期が恒久的に無効になっています。
  • 手動ファイル保存
    • Ideas ファイルを Creative Cloud オンラインストレージに手動で保存します。次に Adobe Illustrator Draw に読み込むと作業を続けることができます。
  • 手動ファイル読み込み
    • Ideas ファイルは Creative Cloud から手動で読み込むことができます。

Adobe Illustrator Draw は、Ideas の優れた機能に最新の機能を加えグレードアップしたフル機能のベクトル描画アプリです。Adobe Ink & Slide にも対応し、デジタル定規やプリセットのシェイプ、そして Adobe Shape CC で作成したオリジナルのベクトルシェイプを Slide や Touch Slide を用いて利用することが可能です。しかしながら今日現在 (2014年12月) Draw は iPad 版のみで iPhone 上ではご利用頂けないという点にご留意ください。

iOS 版 Creative Cloud アプリがアップデート

iPhone および iPad で利用できる Creative Cloud アプリのバージョン 1.1.2 アップデートの提供を開始しました。

CC for iOS

今回のアップデートで iOS 8 環境下で iPhone 6 および iPhone 6 Plus ディスプレイに対応しました。詳細および入手はこちらから。

Photoshop Touch がアップデート、CC対応強化

iOS および Android で利用できる Photoshop Touch のアップデートを提供開始しました。

PsTouch

iPhone および Android Phone 用がバージョン 1.3.5、iPad および Android Tablet 用がバージョン 1.7.5 となります:

  • Creative Cloud の自動同期が無効になっています、手動でファイルを同期してください。
  • Creative Cloud の手動のアップロードとダウンロード機能を更新しました。
  • さまざまなバグ修正により全体のエクスペリエンスが強化されました。

for iPhone | iPad | Android Phone | Android Tablet

Adobe Voice がアップデートでバージョン1.5に

アニメーションビデオ制作アプリ Adobe Voice がアップデートしてバージョン 1.5 になりました。

voice_icon_noshadow_256px

バージョン 1.5 の新機能

  • 写真サイズ変更機能の向上〜ピンチして写真サイズを変更できるように。
  • iOS 8 向けの更なる最適化、不具合修正、機能拡張

「炎」きました! Photoshop CC 自動生成シリーズ、新機能

今回も新機能満載の Photoshop CC MAX 2014 アップデートですが、「こんな Adobe マジックが!?」という新機能「炎」をご紹介します。そう、これはあの驚きの機能「」と同じスクリプトパターンによる自動生成機能シリーズの新コンテンツです!

パスを描いて描画

とにかく炎を描いてみましょう (描かせてみましょう)。最初にペンツールを使ってパスを描きます。背景は黒にしておくといいでしょう。

frame_path

[フィルター] メニュー、[描画] > [炎] を選択します。

Frame_Menu

以下のダイアログが出てきます。後はお分かりですね! 自由にパラメータを変えて遊んでみてください!

Frame_Dialog

開発者自ら解説するムービーでチェック

この「炎」は、以前ご紹介した「木」や「ピクチャーフレーム」と同じ Adobe の Daichi Ito によるものです。「木」の時と同様に、Daichi Ito 自らによる解説ムービーを YouTube でご覧頂くことができます。また、お気付きのとおり今回のアップデートでこの自動生成機能の位置が変わったのと同時に、従来の「木」と「ピクチャーフレーム」も強化されています。あわせてこの解説ムービーでご確認ください!

関連情報

  • Creative Cloud 道場 | 第68回 Photoshop CC MAX 2014 アップデート大特集
    USTREAM | YouTube

After Effects CC 2014.1.1 アップデート

主に不具合修正を目的とした After Effects CC 2014.1.1 (13.1.1) アップデートの提供を開始しました。

AeCC2014.1.1

以下は主なアップデート内容です。Creative Cloud デスクトップのアップデートお知らせより更新を行ってください。

  • If you applied an effect without properties or opened a project containing an effect without properties, then After Effects would give a long series of error messages: “After Effects error: internal verification failure, sorry! {unexpected match name searched for in group} ( 29 :: 0 )”. This bug is now fixed. Examples of effects that triggered this problem inlcude Knoll UnMult and BAO Mask Avenger.
  • Tooltips now appear correctly in the Timeline, Project, and Effect Controls panels.
  • The middle mouse button again works as expected for such purposes as activating the Hand tool in viewer panels, using the Unified Camera tool, or repositioning shape layers or masks.
  • Panels no longer flash red when resizing or rearranging panels.
  • The Graph Editor works correctly on Windows high-DPI systems. In the previous version (After Effects 13.1.0), clicks within the Graph Editor were registered in the wrong place on Windows high-DPI systems.
  • RED (.r3d) files no longer cause a 15-second delay when the resolution of the image being requested from the importer is less than 1/8. This could occur when the thumbnail was generated on import, when Adaptive Resolution was engaged, et cetera.
  • BridgeTalk is now set up correctly, so that scripting calls from ExtendScript Toolkit, Bridge, and Premiere Pro correctly target After Effects.
  • The installer cleans up stale components better, including updated Cinema 4D components.