Posts tagged "プロビデオ"

SpeedGrade にトーンカーブが来た!

ハイエンドカラーグレーディングツール SpeedGrade CC の 2014.1 アップデートを提供開始しました。

SgCC2014.1

Adobe プロビデオ製品と整合性のとれた新ユーザーインターフェイス、HiDPI サポートによりより使いやすく進化。トーンカーブによる色調補正も加わりました。パフォーマンスも更に上がり、随所に改善が図られています。

SpeedGrade CC 2014年10月追加の新機能

  • 洗練されたユーザーインターフェイスと HiDPI のサポート
  • グレーディングレイヤーのグループ化
  • トーンカーブの色調補正
  • プレビューする Look をホバー
  • Direct Link でのオーディオサポート
  • Mercury Transmit の機能強化と Blackmagic ビデオ I/O カードのサポート
  • マスクパフォーマンスの向上
  • トラッキングの高速化
  • 新しい SpeedLook
  • 自動保存の改善

関連情報

Creative Cloud に直接パブリッシュ! Media Encoder CC 2014.1 アップデート

Adobe Media Encoder CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。Creative Cloud アップロードや、監視フォルダーを使用した XML プロジェクトの自動エンコードなど、非常に強力なアップデートになっています。HiDPI および Microsoft Surface タッチ操作をサポートし、その他のプロビデオ製品と同様、リフレッシュしたユーザーインターフェイスを備えています。

AMECC2014.1

2014年10月に追加された新機能

  • 洗練されたユーザーインターフェイスと HiDPI のサポート
  • ターゲットパブリッシング
  • プロジェクトの監視フォルダーサポート
  • 拡張されたソースマッチングサポート
  • MPEG2 エンコーディング時の MUX
  • 25 fps の DCP 出力
  • AS-11 UK DPP のサポート

関連情報

基本トランジションなら Prelude CC でも可能に

Prelude CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。リフレッシュしたユーザーインターフェイスを備え、高解像度ディスプレイへの最適化も果たしました。また、ラフカット編集で基本的なトランジションが利用できるようになりました。

PlCC2014.1

Prelude ヘルプ / 新機能の概要 | Prelude CC(2014 リリースと 2014.1 リリース)

UI リフレッシュと3D強化、新 After Effects CC 2014.1

After Effects CC 2014.1 アップデートの提供を開始しました。Premiere Pro CC と同様、ユーザーインターフェイスのリフレッシュと HiDPI 対応で、より使いやすくなりました。CINEMA 4D R16 互換となり、3Dパイプラインも大幅に強化されています。

AeCC2014.1

After Effects CC 最新情報 (2014.1)

  • HiDPI のサポートを含む、ユーザーインターフェースの向上
  • 3D パイプラインの強化
  • 強化された Adobe Anywhere の共同作業機能
  • その他

関連情報

いよいよプロビデオの標準へ Premiere Pro CC 2014.1 の新機能

Premiere Pro CC バージョン 2014.1 アップデートの提供を開始しました。ユーザーインターフェースをリフレッシュ。最新フォーマットのサポートと、ユーザーの要望の取り込みを重ね、充実のアップデート内容となっています。

PrCC2014.1

Premiere Pro CC 最新情報 (2014.1)

関連情報

プロのクリエイターが新しいツールを始めるためのリソース

フォトグラファー、デザイナー、Web クリエイター、プロビデオクリエイター、様々なジャンルのツールを極めたプロのクリエイターが新しいツールを覚えたり、新しいアウトプットに取り組むのは意外と大変なことです。スクールや入門書を探すにも時間が必要、一つのツールをある程度使えることをベースにもっと効率的に学ぶいいリソースはないか〜 Adobe の情報番組 Creative Cloud 道場 on USTREAM はそんな「プロだけど初心者」の方のためのリソースとなればと願っております。

CCDojoTitle

8月、9月の Creative Cloud 道場の中から、新しいことを始めたい「プロ初心者」向けのコンテンツをピックアップしてみました。USTREAM および YouTube のアーカイブコンテンツとして、いつでもどこからでも (スマホからでも) ご覧頂くことができます!

#60 魔法のようにノイズが消える! Adobe Audition CC 2014 をはじめよう!

プロビデオ編集ツール群の中でオーディオ編集を担当するのが Adobe Audition CC です。Premiere Pro CC と連携して利用できることはもちろんなのですが、Audition CC そのものの波形編集ソフトとしての強力な機能の数々とその使いやすさを、大須賀淳氏をゲストに迎えてていねいに解説していきます。

USTREAM | YouTube

audition

#65 イラストレーター必見、Creative Cloud で LINE スタンプ

イラストレーターとして Illustrator CC を覚えたいすべての方必見の回です。大分在住で世界に向けて活躍するイラストレーターあさひなさつきさんをゲストに迎え、あさひなさんが Illustrator を初めて使った時の話を伺うことから始める際のポイントを引き出します。また代表作の棒パンダをライブで描画してもらいつつ Illustrator CC の新機能も紹介。後半は、LINE スタンプの制作のコツから実際のアップロードまでをステップバイステップで実演。

USTREAM | YouTube

Illustrator

#64 Creative Cloud で創る GIF アニメ

様々なところで目にする GIF アニメ。スマホや Web ページ上で、シンプルなバナーやサムネイルのクリック率を何倍にもあげることができます。この手軽なモーションを作成するにはどんな専用ツールがいるのでしょうか〜いえいえ、Photoshop CC でとてもカンタンに制作できるのです。GIF アニメのエバンジェリスト大野謙介氏をゲストに招き、GIF アニメの歴史から様々な手法、そしてステップバイステップでその場で制作します。

USTREAM | YouTube

photoshop

#63 今すぐ始める動画編集 Premiere Pro CC 2014 事始め

様々なクリエイターの方々から一番良く聞くのが「動画を始めたい」です。Creative Cloud メンバーは、テレビや映画の最前線で使われている Premiere Pro CC をいつでもダウンロードして利用することができるのですが、「難しいのでは」「起動してみたが直ぐに挫折」など、敷居の高さを感じられているようです。本番組では、iPhone で撮った動画素材を番組時間内で一本の作品に仕上げるところまでを解説します。After Effects CC を使った動くタイトル作成やオーディオまで、足りない要素は一切ありません。これを見ながら今すぐ動画編集を始めて頂けます。

USTREAM | YouTube

pre

関連情報

Creative Cloud Market のあるき方

今月、Creative Cloud 有償メンバー向けに新しい素材提供サービスが始まりました。その名も Creative Cloud Market、Adobe が選択したクリエイターによるクリエイターのための上質な素材の ‘市場’ です。

先ずは市場で物色

Creative Cloud Market は Creative Cloud デスクトップで利用できます。[アセット] タブの [マーケット] を選択しましょう。Creative Cloud Market には膨大な数の良質な素材があり、日々更新されています。おCCMarketTabもに以下に分類されます。

  • 画像: レイヤーが用意されマスクが設定された写真およびデジタルベースのテンプレート (PSD)
  • UI: レイヤーが用意されたユーザーインターフェース用素材。モバイルおよびWeb用のフルキット、フォーム、チャート、ナビゲーション、ウィジェットなど (PSD)
  • ベクトルシェイプ: Photoshop、InDesign、Illustrator と統合利用できる拡大縮小可能なオブジェクトやシェイプ (SVG)
  • アイコン: 印刷、Web、標識用途の字形、輪郭、平面、3Dシンボル (PNG / SVG)
  • パターン: 無限に繰り返せる幾何学、イラスト、テクスチャのパターンと背景 (PNG / SVG)
  • ブラシ: Photoshop用の高品位なナチュラルメディアブラシと抽象ブラシ (ABR / TPL)

CCmarket_Category

 

任意のワードで検索

検索ボックスに任意のワードを入力して、膨大な素材の中から検索することができます。タブがある行の右端のsearch アイコンをクリックして任意のワードを入力します〜ただし、現在のところ日本語には対応していないので、英語で入力してください。

CCMarket_Cloud

いい感じの素材が見つかったら、素材のサムネイルをクリックして [ダウンロード] をクリックします。ダウンロードされた素材は [Creative Cloud Files] フォルダに保存されます。

関連情報

Premiere Pro CC 7.2.2 アップデート

Premiere Pro CC 7.2.2 アップデートを提供開始しました。今回は不具合修正を主な目的としたアップデートになります。また同時に Adobe Media Encoder CC 7.2.2 アップデートも提供開始となりました。Premiere Pro CC 7.2.2 アップデートの詳細はこちら (英語) をご参照ください。

  • Audio could drop out during playback.
  • Red frames were sometimes seen on export, particularly with XDCAM HD 422 smart rendered exports.
  • Older AMD GPUs were showing performance degradation, sometimes significant.
  • Erratic playhead behavior was observed when scrubbing in the Timeline in Mac OS X 10.9.x.
  • Rendering a sequence could cause red frames to be generated with XDCAM HD 50 clips with Preview Rendering Setting of XDCAM HD 50 NTSC 1920×1080.
  • XDCAM HD 422 QT files were sometimes not decoding properly.
  • Performance issues were seen when working with growing files.
  • The Locate Media dialog could not open with the correct location even though the “Path:” field started with a valid initial guess for location.
  • Transitions on speed-changed multicam clips were removed when flattening.
  • Multi-camera previewing could go black in Program Monitor when the selected camera did not extend to the current playhead position.
  • Timeline clips’ FX badge popup menu (Motion, Opacity, Time Remapping) could be difficult to open.
  • Multicam Sequences could move in the timeline when flattened if they had speed changes applied.
  • Source settings were not accessible from a Merged clip created from a R3D / RED video clip.
  • Smart rendering Canon XF files could result in stalls during the export
  • Transitions were erased from multi-camera sequences after flattening.
  • Some growing XDCAM files could play back with unwanted artifacts.
  • The order of effects applied to a multi-camera source sequence could reverse after flattening.
  • The display could go to energy saving mode during long periods of playback.
  • Spanned CanonXF media on an XSAN could import incorrectly.
  • Duplicate bins were created for each sequence imported from a single project.
  • Project import could take a long time if the project being imported contained offline media.
  • Occasional hangs occurred when adjusting volume in the Clip Mixer.
  • Marque selection in the Project Panel sometimes selected items in the incorrect order.
  • Double-clicking in the Project Panel when in list view could invoke the Import dialog unexpectedly.
  • Audio from P2 media could import incorrectly.
  • Export To Tape could exhibit issues if a file was growing at the same time.
  • Red Rocket failures could sometimes occur with 16:9 media.

SpeedGrade CC 7.2.1 アップデート

SpeedGrade CC がバージョン 7.2.1 にアップデートしました。以下の修正と追加が行われています:

修正点

  • 複数の GPU を使用する環境で、起動時に強制終了する問題が修正されました。
  • Direct Link において画像が破損する問題が修正されました。

追加機能

  • Mercury Playback GPU ベースのレンダリング、またはソフトウェアベースのレンダリングのいずれかをユーザーが選択できるようになりました。このことにより、サポートされていないグラフィックカードや正しく動作していないグラフィックカードの問題に対処しやすくなります。
  • Mac OS 上の AMD グラフィックカードサポートが有効になりました。

注意: 一部の古い AMD グラフィックカード (HD 5870 など) は、Mac OS 上の Direct Link で正しく動作しない可能性があります。これらのカードを使用する場合は、ソフトウェアベースのレンダリングオプションを選択してください。

SpeedGrade CC 7.2.1 アップデートの詳細については、こちらの SpeedGrade Help をご参照ください。

新発見! 4K モニターが実現するまったく新しいクリエイティブ体験

昨日、DELL の新しい 4K モニター発表記者会見に参加させて頂きました。提供中の 32/24 インチのハイエンドラインアップ 4K モニターを既に利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、今回発表されたのは普及価格帯の 28 インチ、なんと7万円を切ってきました!

4K というと、現在主に映像の世界でバズワードとなってきているかと思います。撮るための 4K カメラや視聴するための 4K モニターがテレビ CM で紹介されだしたという状況にあり、いち早く買った人もいらっしゃるのでは? あるいは、家電量販店の店頭で体験された方もいらっしゃるでしょう。また、その映像編集システムとして Premiere Pro CC 入口から出口まで「対応」しているといった事は、Creative Cloud 道場でも何度となくご紹介させて頂きました。

ただ、もう少し広い意味で、クリエイティブ環境としての 4K パソコンモニターを体験した方はまだまだ少ないのではないでしょうか? 例えば Mac で考えた場合、MacBook Pro 15 Retina で「スペースを拡大」と設定した際に表示されるエリアは 1920 x 1200 dpi 相当という広さです。いわゆる HDTV1920 x 1080 dpi です。DELL の提供する 4K モニターの解像度は、Ultra HD と呼ばれる 3840 x 2160 dpi… ちょっとピントこないかもしれませんね。絵にしてみましょう。

Display-Res

4Kモニター/MBP15 Retina/HDTV の画面解像度比較

 

この広さで DTP ワークを行うとどうなるのか?! InDesign CC で試してみました。先ずは MacBook Pro 15 Retina のディスプレイ:

IdCC_MBP

 

これを 4K モニターで表示すると!

IdCC_4K

「InDesign CC について」ダイアログの大きさの違いを目安にしてくださいね! なんと、A4 見開きを 100% 以上の倍率で表示しながら、同時にページパネル上では 58 ページあるすべてのページをサムネイル表示できます。目的のページへの移動、ページの構成変更をスクロールなしでダイレクトに行えます〜各ページのサムネイルはこれでも超特大表示ですから (!)、きちんとデザインされた内容を把握しながら作業して頂けます。併せてリンクパネルも表示してみました。

DTP であれ、Web 制作であれ、パソコンモニターを介したクリエイティブツールでの作業では、大変多くのスクロール作業が発生します。編集したい目的の箇所を見つける、拡大といった時間も積み重なると膨大な時間となってきます。これを限りになくゼロに近づけていくことができる、それが 4K の世界なんです。これはまったく新しい発見でした!

また 4K 対応が最も大きなポイントとなっている Premiere Pro CC ですが、実は現在主流となっている HD 映像の編集でも大きなメリットがあることが分かりました。HD の約4倍の 4K モニターでは、常に 100% で HD を表示しながら編集作業を進めることができてしまいます!

PrCC_4K

 

HD を 100% でモニタリングしながら、編集作業が可能

高解像度化による映像の高画質化というポイント以外にも、あらゆるジャンルのクリエイティブワークに未知の体験をもたらし圧倒的な生産性向上をもたらす 4K モニター。加えて普及価格帯に入ったことで、ワープロや表計算ソフトといったツールの利用方法も大きく変えていくかもしれません。

Excel_4K

 

Microsoft Excel for Mac 2011 では、デフォルトのセルサイズで AW 列 x 106 行まで表示〜4年分の月毎予算計画をスクロールなしで作成可能!