Posts tagged "Creative Cloud"

Adobe モバイルアプリの歩き方 2. キャプチャーアプリ編

「キャプチャー <Capture>」とは「取り込む、読み取る」

mobile-apps-showcase

2015年1月現在 Adobe が提供を行っているモバイルアプリには「キャプチャーアプリ」という新しいジャンルのアプリがあります。外出していても肌身離さず持ち歩くモバイルデバイスで、アイディアの源泉となる形や色を逃すことなく作品制作に活かす、それがキャプチャーアプリの目的です。上のアイコンパレードの右から3つがそれに該当し、iPhone および iPad アプリとして Apple App Store より無償で入手することができます <入手のためのリンクを各製品名に付けました>。

  • Shape CC <シェイプ シーシー>
    カメラの画像から、ベクターデータを生成。いわば Illustrator の画像トレース機能だけをスマホやタブレットで実現したアプリ
  • Brush CC <ブラシ シーシー>
    Photoshop や Illustrator 用のカスタムブラシを、カメラで取り込んだ画像を元に様々な編集を加え作成するアプリ。iPad 用お絵描きアプリ Photoshop Sketch のカラーブラシも作成可能。
  • Color CC <カラー シーシー>
    カメラの画像から自動的に、あるいは任意に選んで5色のカラーパレットを作成し、Photoshop や Illustrator を始めとするデスクトップアプリ、そして各種モバイルアプリで利用可能。旧 Adobe Kuler (クーラー)。

続きを読む

Android ユーザーの皆さん、お待たせしました Lightroom mobile 登場

大変要望の多かった Android 版 Lightroom mobile の提供を開始しました!

LmAndroid

Lightroom mobile for Android の詳しい情報は Photoshop 日本公式ブログをご覧ください。

Lightroom mobile は、デスクトップ版 Photoshop Lightroom 5 のコンパニオン、つまり良き相棒アプリです。Lightroom 5 で管理するデジタルカメラの RAW データをコレクション単位でモバイル、タブレットに同期して持ち出すことが可能になります。客先、カフェ、あるいは移動中に、写真にフラグやレーティングを行ってセレクションしたり、トリミングや基本的な現像を行うといった、夢のようなクリエイティブワークフローを提供します〜もちろん編集はすべて非破壊編集、デスクトップと Creative Cloud を介して同期しますので、現像の仕上げはじっくり、きっちりデスクトップで行って頂けます。また、これまでいいソリューションが無かった「スマホで撮影した写真の管理」ですが、Lightroom mobile を介してコレクション単位でモバイルのカメラロールをデスクトップの Lightroom に同期させることができます。

Lightroom mobile はこれまで iPad 版、そして iPhone 版とリリースしてきましたが、この度待望の Android 版をリリース。よりたくさんのフォトグラファー/写真愛好家の方々にご利用頂けるようになりました!

Lightroom 5 と Lightroom mobile によるフォトワークフローについては、以下のリンクで理解することができます。

Lightroom mobile をおさらい

Adobe Voice バージョン 1.6 アップデート

誰でもカンタンにアニメーションビデオを創れる iPad アプリ Adobe Voice がアップデートしてバージョン 1.6 になりました。

voice_icon_noshadow_256px

バージョン 1.6 の新機能

  • フォントのカスタマイズ
  • カメラロールに保存
  • その他
    • ネイティブ64ビットサポート、バグ修正

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9 アップデート

デスクトップから Creative Cloud への最短アクセスを提供する Creative Cloud デスクトップがアップデートし、バージョン 1.9 (1.9.0.465) となりました。パフォーマンスが向上など、様々なアップデートが施されています。

adobe_creative_cloud_icon_rgb_256px

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9.0.465 (2015 年 1 月 13 日公開)

  • Creative Cloud デスクトップマネージャーアプリケーションは、自動的に更新プログラムを検出してダウンロードします。この機能をオフにするには、このボックスのチェックを解除します。(デスクトップマネージャーアプリケーションにのみ該当します)。
  • ファイルとフォントを迅速かつシームレスに同期します。インターネット接続の切り替え時でもスムーズです。
  • Typekit フォントサービスの初期設定値が「オン」になり、フォントの同期は簡単に自動で行われます。環境設定で設定する必要はありません。
  • アプリケーションパネルの平均読み込み時間が短縮され、すぐに作業が開始できるようになりました。
  • 従業員は、安全かつ簡単に自社の ID 管理システムとエンタープライズ ID を使用してログオンできます。(Creative Cloud エンタープライズ版のお客様が該当します)。

これってなぁに「GoPro CineForm」

最新の Premiere Pro CC 2014 の売りの機能「GoPro CineForm コーデック対応」を見て「GoPro? あ、あの話題のウェアラブルカメラのフォーマットかな?」とか思ってらっしゃる方 (わたし含む) – お勉強しましょう。

GoPro CineForm <ごーぷろ しねふぉーむ> とは?

GoPro CineForm コーデックとは、映像編集時の中間コーデックの一つで、元々 CineForm という会社が開発したものだったのですが、2011年3月に GoPro が会社毎買収したんですね。ですので GoPro CineForm という名称になったわけです。ちなみにコーデックについては wiki あたりで調べてみましょうね – 映像用の有名なもので例を挙げると Apple の ProRes があります。

ではでは、GoPro CineForm コーデック対応とは?

Premiere Pro CC 2014年10月アップデートでは、この GoPro CineForm コーデックを搭載したことが一番大きなアップデートポイントの一つになっています。Premiere Pro は現在 4K 以上の解像度への対応をがんがんに進めていますが、GoPro CineForm コーデックは、この新 4K ワークフローの中で最も注目を集めているフォーマットなのです。Premire Pro 4K 対応、死角なし、といったところですね。詳しくは、こちらのとても分かりやすい記事を参照してください!

cineform_02_687x387

Adobe モバイルアプリの歩き方 1. お絵描きアプリ編

「Adobe はモバイルに力を入れています!」… それでは一体どのアプリをダウンロードすれば良いのでしょう?

mobile-apps-showcase

 

上の図は 2015年1月現在、Adobe が提供を行っているモバイルアプリ、の一部です (!)。さまざまなクリエイターの方がスマホやタブレットの活用を始めています。そんな方に上のアプリをお勧めして直ぐに返ってくるのが「一体どれを? どこ見たら取説あるの?」- はい、私もそう思います! 少し目的別に整理し単純化したいと思います。

お絵描きアプリ

スケッチブックを iPad に持ち替えよう」これが Adobe の iPad 用ドローイングアプリです。紙と鉛筆、ペンでおこしていたデザインのドラフト作成を iPad と指、あるいはデジタルペンで行い Creative Cloud と繋げることにより、分断していたデスクトップでの本制作ワークフローに連携させていこう、というのがどのアプリも共通のコンセプトです。

お絵描きアプリは全部で3つあります – 気に入ったものを一つ選んでご利用頂ければいいですし、あるいはそれぞれの特性を掴んで使い分ける、というのもありです。自分にとって最適なお絵描きアプリを見つけて頂くために、先ずはこの二つのアプリを紹介します。

Draw and Sketch

 

Draw (ドロー)Sketch (スケッチ) の違いは、描けるのがベクタービットマップか、です。すでにデスクトップアプリとペンタブレットの組み合わせでデジタルドローイングに取り組まれている方であれば、理解しやすいかもしれません。Illustrator 派であれば DrawPhotoshop 派であれば Sketch となります。それぞれのアプリの使い方を以下のブログにまとめました。事始めを念頭に置きながら、可能な限りすべての特長、機能解説を網羅しようと試みたものです (足りない部分は追加していきます)。

3つめのアプリは Adobe Illustrator Line です。これはお絵描きアプリの範疇を超え、幾何学的な図、パース図といったちょっとした製図を行う機能を備えています。Line の解説は改めて行いたいと思います。

Photoshop Sketch の使い方

Photoshop_Sketch_IconAdobe Photoshop Sketch は、iPad 上でスケッチブックのような感覚で自然な描画を行うことができるビットマップドローイングアプリです。多くのクリエイターが Photoshop の描画機能とペンタブレットの組み合わせで、絵画のような作品やイラスト制作、マンガのキャラクター作りを行っていますが、Photoshop Sketch と iPad の組み合わせは、その作業をスタジオから外へ解放してくれます。また、キャプチャーアプリ Adobe Brush CC で創ったカスタムブラシを使って、アーティスティックな作品制作を行うこともできます。
Photoshop Sketch は Apple App Store より無償でダウンロードして直ぐに使い始めることができます。

Photoshop Sketch の起動とサインイン

はじめて Sketch を起動した際に、Adobe ID でサインインを行います。Creative Cloud メンバーの方はそのアカウントでそのままサインインできます。またメンバーでない方も、お持ちの任意のメールアドレスで無償の Creative Cloud アカウントを登録し、ご利用頂けます。
Sketch_SignIn

続きを読む

Illustrator Draw の使い方

スクリーンショット 2014-12-05 10.59.03Adobe Illustrator Draw は、どこにいても、美しい手描きのベクトルイラストを作成できる iPad アプリです。Adobe Ideas から受け継いだベクトル描画のためのツールと機能を備え、正確な直線やシェイプを描く機能も搭載してます。指を使った描画に加え、Adobe Ink にも対応、また Adobe Slide、Touch Slide、Adobe Shape CC をサポートしており、あらゆるアイディアのひらめきを簡単にすばらしいデザインに変え、モバイルやデスクトップでさらに磨きをかけることができます。

Illustrator Draw は Apple App Store より無償でダウンロードして直ぐに使い始めることができます。

Illustrator Draw の起動とサインイン

SignInはじめて Draw を起動した際に、Adobe ID でサインインを行います。Creative Cloud メンバーの方はそのアカウントでそのままサインインできます。

またメンバーでない方も、お持ちの任意のメールアドレスで無償の Creative Cloud アカウントを登録し、ご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サインインすると、一連のプロジェクトパネルが表示されます。左にスワイプしていくと、最後のセクションには、Draw で制作し Behance に公開されているたくさんの作品を鑑賞できます。

続きを読む …

iOS 動画編集アプリ Premiere Clip がアップデート

iPhone や iPad 上で誰でもかんたんにビデオ編集できちゃうアプリ Adobe Premiere Clip のバージョン 1.1 アップデートを提供開始しました。

Premiere Clip 1_1

Premiere Clip バージョン 1.1 主なアップデート内容:

  • iPhone 6 および 6 Plus の高解像度インターフェイスに対応
    • エクスポートおよびパブリッシュの向上
    • 一旦パブリッシュすることなく直接カメラロールにエクスポート可能に
    • パブリッシュ/アップロードそれぞれ Facebook と Twitter 共有の選択
    • Creative Cloud へ直接エクスポート
    • ユーザーインターフェイス全体を通して抜本的に改訂
  • Photoshop Lightroom からインポート!
    • Creative Cloud インポートオプションとして Lightroom アルバムから写真インポートが利用可能に
  • 新しく3つのガイドが追加!
    • 追加された「Cook a Family Recipe」「Send a Video Letter」「Share a Talent」の3つの新しいガイドを選択して創り始めることが可能に

関連情報

Photoshop Sketch バージョン 2.1 提供開始

カスタムブラシを使って、リアルな画材のテーストで描画できる iPad アプリ Photoshop Sketch のバージョン 1.2 の提供を開始しました。

Sketch2_1

ワコム製ペンにも対応し、また描画ツールのサイズが調整可能になりました。

バージョン 2.1 の新機能 <2014年12月19日>

  • 拡張されたスタイラスのサポート
    Pencil by FiftyThree および Wacom Intuos Creative Stylus を使用して正確に描画
  • 自動保存
    作品をなくさないように、スケッチはプロジェクトに自動的に保存
  • 描画ツールのサイズのコントロール
    鉛筆、ペン、マーカーのサイズのコントロールを使用して、さらに詳細に描画可能
  • バグ修正
    安定性とパーフォーマンスが向上