Adobe Experience Manager ユーザー体験デザイン

Adobe Experience Managerの仕事を共同作業で担うドリームチームを構築

私たちの多くは、実際の開発を始める前にあらゆるページのレイアウトを作成する開発プロセスに慣れている。つまり、サイト全体の最終的なルック&フィールを、デバイスごとのあらゆるブレークポイントに至るまで、事前に見ることができる。 続きを読む…

adobe audience manager使い方

Adobe AnalyticsでAdobe Audience Managerのデータを活用

多くの大企業では、データの分析とオーディエンスの獲得を別の部門が担当している。そして残念なことに、多くの場合、この2つの部門は期待されるほど効果的に連携しておらず、オーディエンスの有用なインサイトの獲得を難しくしている。
続きを読む…

Adobe Analytics Attribution IQのリリース

広告の間接効果をより詳細に評価し、その貢献度に応じて評価を行っていくアトリビューション評価については、日本では2013年ごろに一度大きく盛り上がりました。しかし、その頃はまだデータを抽出し、アトリビューションの計算をするといったことになっていたため、効率性の面もあり1つの企業で継続的に実施をしていくケースはあまり多くなかったと記憶しています。 続きを読む…

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングの自動化、その意味と効果とは?

私たちの多くは、顧客に提供するあらゆる体験を連携させ、妥当性を持たせ、有意義なものにすることの重要性を理解している。それと同時に、それが非常に難しい課題であることも知っている。 続きを読む…

データを活用して顧客体験を創出

データを活用して優れた顧客体験を創出

飛行機の遅延、荷物の紛失、不安なタクシー乗車、騒がしいホテルの宿泊客。旅行にまつわるストレスを切実な問題と考えてきたMarriottは、つい最近になって、こうした問題をデータによって和らげる方法を発見した。

それは、ホテルの宿泊だけにとどまらず、旅行全体にわたって顧客情報を収集し、活用し、応用することだ。Marriottは、旅行検索サイトの利用から航空券やクルーズの予約、レンタカー、ホテルのチェックイン、ルームサービス、スパでのトリートメントなどに至るまで、情報を幅広く集め、初めての宿泊客もリピート客も含めて、「予測可能なデータポイント」を顧客ごとに作成した。 続きを読む…