O2O時代のデータ分析とデジタルマーケティング

O2O(オンライン オフライン)のデータ活用

何年か前までは比較的見慣れないマーケティング用語であったO2Oは、今では様々な分野のサービスに利用され、非常に一般的になってきました。

地域別に分類できるO2Oは、分野を問わずに顧客データを活用でき、非常に有益です。 以前は、多くの注文とそれに見合った在庫管理が可能な大企業だけが一定量以上のデータを取得し、活用することができました。規模が小さい企業は、データの蓄積自体をほとんど行っていないか、そのような必要性自体を感じていませんでした。

データパーソナライゼーションの時代

デジタル技術の発展とO2Oの拡張により、注文の多い地域や特定の商品がよく売れている地域をリアルタイムに把握できるようになりました。

O2Oの特性上、オフラインにおける最終的な消費パターンを集計できます。そのため、O2Oアプリで行われた検索、選択、フィードバックに関するデータを収集して分析するだけで、より詳細なパーソナライゼーションを行うことができます。 オンラインとオフラインのデータを組み合わせることで、顧客が実際に決済するのか、あるいはその顧客がいつどこで注文しているのかが、よりわかりやすくなりました。

また、O2O企業が利用する決済サービスにより、顧客の一般的な傾向と潜在的な消費傾向を把握して、限られたサービスリソースをより効率的に分配し、配置することができるようになりました。

小規模のO2O企業にとっても重要になったデータ

以前は、オンラインとオフラインの顧客データは、オンラインはオンラインのまま、オフラインはオフラインのままでした。企業の規模が大きいほど、顧客の傾向の把握に関して有意義な分析を行うことができました。

しかし、現在ではO2Oを介して流れるデータは、企業の規模が小さくても、意味のあるデータにもとづく意思決定を行い、商品やサービスの在庫と流れを即座に調節する上で重要な鍵となっています。

日常生活に密接に関連しているO2O企業として最も一般的な食料品配送サービスでは、特定の食品の注文が多い地域と時間帯を把握できます。規模が小さい店でも、需要に見合った供給量を予測して、食材を効率的に手配することや、注文量を見積もり、それに応じて生産と配送の体制を整えることができます。

情報型サービスのO2O企業として代表的な宿泊業者や不動産業者の場合も同じです。対象地域の顧客がどのようなスタイルの住居を好んで選択するかはもちろん、消費の規模と時期に応じて商品の選択を集計することができます。

宿泊業者は、以前よりもさらに正確にオンシーズンとオフシーズンを分けて把握することで、サービスを再分類できます。不動産業者は、実需要と物件をより効率的に結び付けることができます。

ビッグデータの効率を高めるO2O

このように、O2Oによって集計されたデータは、企業の規模に関係なく有用な顧客データとして活用でき、予算の編成と市場規模の予測に関連する費用を大幅に削減できます。

そうしたデータを分析し、活用することができるデジタルマーケティングソリューションもまた、O2Oが登場する以前よりも、さらに価値のあるコアエンジンとして重要な位置を占めるようになりました。

規模に関係なく、ビジネスソリューションを提示するデータ駆動型のデジタルマーケティングに再注目する時が来ています。

Adobe Experience Cloud on FacebookAdobe Experience Cloud on Twitter
顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション

企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するために、あらゆるデータとコンテンツを活用し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。


Comments are closed.