Adobe Digital Insights: コンテンツ消費に変革をもたらしている4つのトレンド

 

本ブログのポイント

  • 大多数の消費者がアプリケーション内ではなくメディア&エンターテインメント業界の企業サイトでメディアコンテンツを消費している
  • 全体的に、メディア&エンターテインメント業界の企業サイトへのトラフィックは、タブレットで前年比20%減、デスクトップPCで同14%減
  • 将来的には、35歳未満の35%が、今後2年間にニュースコンテンツを視聴するためにソーシャルメディアの使用が増えると思うと回答

この記事は、米国で9月に公開されたCMO.comのメディア&エンターテインメント業界の現状に関する特集の一部です。

 

新しいテクノロジーがもたらしたコンテンツ消費行動における変化を、メディア&エンターテインメント(M&E)業界はいち早く経験しています。

仮想現実(VR)や音声認識など、デジタル、モバイル、ソーシャル、その他の新たなテクノロジーは、とりわけ35歳未満の消費者の行動に顕著な変化をもたらしました。Adobe Digital Insights(ADI)の最新レポートでは、メディア&エンターテインメント企業が知っておくべきコンテンツ消費に変革をもたらしている4つの重要なトレンドをまとめました。

続きを読む…

オーディエンスにリーチ

オーディエンスにリーチするためのテクノロジーへの投資

金融分野は複雑になりがちですが、必ずしもそうである必要はありません。過去30年以上、モーニングスターは複雑な財政投資も単純化し、プロの金融アナリストにも、一般の投資家にもアクセスしやすい金融サービスを目指してきました。 続きを読む…

データドリブン型パーソナライゼーションにより自動車内でのエクスペリエンスを一新

 

アナリティクス、コンテンツ配信、広告の新機能によりコネクテッドカーの音声操作や自動運転を促進

 

米国の消費者は、1日当たり平均55分(英語)を自動車の運転に費やしており、企業の消費者とのエンゲージメントの場として、大きな可能性を秘めています。音声インターフェイス、自動運転技術、インフォテインメントシステムアプリの進化とそれに伴う車載コネクテッドサービスのエコシステムの拡大により、消費者の関心と期待は高まる一方です。自動車メーカーとアプリの開発者は、安全性を損なうことなく、シームレスでパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスをドライバーと乗客に提供するという課題を抱えています。 続きを読む…

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~

 

最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施できている企業ほど、ブランドに対する信頼度が高まる傾向が判明しました。 続きを読む…

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?」

~銀行選択は金利よりオンラインサービス重視の時代へ~

 

最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「銀行のサービスに利用者は何を期待するのか?」によると、消費者は銀行に対してより良いデジタル顧客体験を求めていることが分かりました。また、デジタル世代が求める銀行像が判明しました。

続きを読む…