アドビ、消費者のコンテンツに関するトレンドを発表

日本のデジタルデバイスユーザーの76%が、5年前と比べコンテンツのシェアに慎重になっていることが明らかに

 

アドビは、消費者のコンテンツに関する意識調査「2018 Consumer Content Survey」の結果を発表しました。この調査は、米国、英国、フランス、ドイツ、日本5カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)を1台以上所有する18歳以上のユーザーを対象として実施したものです。日本の回答者1,000人に、オンライン上での情報のシェアに関する意識を聞いたところ、76%が5年前に比べ気を付けるようになったと答えています。昨今のオンライン上にある情報の信ぴょう性や不確定な情報源に対する不信感により、多くの人が以前より、情報のシェアにより慎重になってきていることが分かりました。特に、Z世代(18-19歳)では86%、ミレニアル世代(20-36歳)では80%が、より気をつけるようになったと答えており、若い世代ほど慎重になっています。 続きを読む…

仕事のエクスペリエンスをさらなる成果につなげるコツ

アドビのコンサルタントが語る“My Experience”

アドビのコンサルタントが、仕事や暮らしのなかで大切にしているエクスペリエンスについて語ります。今回はグローバル サービス統括本部 プロダクトエバンジェリスト兼シニアコンサルタントの安西敬介が、「仕事のエクスペリエンスをさらなる成果につなげるコツ」について話しました。

聞き手:フリーライター 岩崎 史絵

 

続きを読む…

forrester wave web analytics adobe japan

Web分析:Forrester Waveによる最新の評価レポートで、アドビがWeb分析市場のリーダーを堅持

Adobe Analyticsは、最新レポート:The Forrester Wave™: Web 分析(2017年第4四半期)で、前回に引き続き最高評価を獲得しました。アドビは「現在提供している製品」、「市場におけるプレゼンス」の両カテゴリーと、「分析およびレポート」、「人工知能(AI)」、「データ収集」、「ダッシュボードおよびアラート」、「データリポジトリ、モデルおよびアクセス」、「パフォーマンス」、「パートナーエコシステム」、「Web分析からの収益」、「エンタープライズ規模の企業顧客数」の9つの評価基準において、あらゆるベンダーの中で最高得点を獲得しました。 続きを読む…

Adobe Campaign - クロスチャネルキャンペーン

オフラインとオンラインを効果的に統合するための5つのポイント

これまで2回にわたり、オフラインマーケティングがいかに過小評価されているか、そして、独自の顧客体験を提供するために最も効果的なオフラインチャネルとは何かについて述べてきました。今回はシリーズのまとめとして、オフラインとオンラインのチャネル(O2O)を効果的に統合するためのポイントを紹介します。 続きを読む…

オフラインマーケティング

オフラインマーケティングが予想以上に効果的な理由

道端に立ってスマートフォンの画面を見ているとき、パソコンでネットサーフィンをしているとき、人は何をしているか観察してみましょう。実は多くの場合、何もしていません。もちろん何らかの作業はしているのですが、明確な目的があるわけではなく、無感覚なのです。オンラインマーケティングは、様々な意味で効果的ではありますが、近年、オンライン上のノイズが増え、成果を出すのが困難になっています。 続きを読む…