Posts tagged "analytics"

Adobe Analytics のアップデートについて


先日(2017年10月27日)にAdobe Analyticsでは大きなリリースがありました。今回のリリースでは、Adobe Analytics Cloudに含まれるふたつの製品、Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerの連携がより強化されました。また、バーチャルレポートスイートについても機能強化され、より広く様々なシーンでご利用頂けるようになっています。今回はそんなエキサイティングなリリースの内容をご紹介させて頂きます。
続きを読む…

多様なツールの統合を容易にする、Adobe Cloud Platform Launchの提供を開始

 

webベースのマーケティングテクノロジーの数は過去6年間に5,300%近く増加(英語)しています。これは間違いではありません、約5,300%です。マーケティング担当者向けのツールが増え、説得力のある顧客体験の構築と提供における選択肢が増えている 反面、ツールが増えたことで、うまく連動できない複数の製品を併用したり、多数ある異種のデータソースの追跡や統合が必要だったりと、問題が多く生じています。 続きを読む…

アナリティクスは次の章へ:人工知能Adobe Senseiを組み込んだVirtual Analyst

世界のあらゆる企業のアナリティクス担当者は、ますます競争が激化している環境で自社を成功させるために役立つ新しい方法を求めています。顧客と関わるさまざまなチャネルにおいて複雑化が進み、混乱するようになるにつれ、企業がアクセスできるデータ量は一見、無限に膨れ上がったように思えます。もはや「どうやってデータを収集するか?」ではなく、「収集したデータをどのように活用するか?」が問題です。今や、人と機械の関係が確立されつつあり、マーケティングの観点からは、企業はいよいよこうした新たな機会を活用して、「エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)」を実現できるようになります。
続きを読む…

Adobe Analytics新機能で、さらなるインサイトを扱いやすく

データ活用は、データの民主化から

データはデジタル時代のマーケティング活動において欠かすことのできない資源です。webをはじめモバイルアプリ、電子メール、店舗内スクリーンなど、企業の提供する様々なデジタル顧客接点で、顧客の動向はデータとして収集することができます。しかし当然ながら、データは収集するだけでは役に立ちません。データを分析し、そこから何らかの意味を読み取って、次のアクションに生かしてこそ、データは役に立ちます。

続きを読む…

Facebook インスタント記事とAdobe Analytics

※以下はUS Digital Marketing Blog「Facebook Instant Articles and Adobe Analytics」の翻訳です。

かつてFacebookとGoogleがよりスピーディなモバイルエクスペリエンスを提供すると共同声明を発表したとき、アドビは静かに称賛し、市場の動向を見守りました。Facebookの計画を知った多くの媒体社は早急の導入を検討しました。媒体社の業績を左右するのは、人を引き付けるコンテンツの制作です。記事をいち早く掲載すれば、ユーザーのエンゲージメントを即時に高めることができます。媒体社にとって、エンゲージメントを高めることは収益の向上につながり、オーディエンスの関心を得るチャンスでもあり、一考の価値があるのです。

続きを読む…