ビジュアル・グラフィックス株式会社、Adobe Anywhere オフィシャル システム インテグレーター国内第一号に認定

BY 公開

オンプレミスのサーバークラスターによる協調映像制作ソリューションAdobe Anywhereの国内初となるオフィシャル システム インテグレーターとして、ビジュアル・グラフィックス株式会社が認定されました。

これまでの協調制作システムでは、編集クライアントが共有ストレージに保存されたメディアに直接アクセスする方式がとられていたため、素材のビットレートやストリーム数、編集クライアント同時アクセスによるネットワークトラフィック増大や、素材ファイルの外部流出などのリスクといった課題がありました。Adobe Anywhereでは、これらの問題を解決する革新的な製品となっていますが、Anywhereサーバー群と、サードパーティ製ストレージやアセットマネジメントシステムとの高度なインテグレーションが必要となります。このため、Adobe Anywhere システムの構築は、Adobe Anywhere オフィシャル システム インテグレーターが行うことができます。

また、ビジュアル・グラフィックス株式会社では、下記概要でAdobe Anywhere ローンチセミナーを開催いたします。詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

  • 日時:
    • 2014年10月3日 金曜日 13:30~16:30
  • 会場
  • 協賛:
    • デル株式会社
    • NTTPC コミュニケーションズ株式会社
    • ダイワボウ情報システム株式会社(順不同)
  • 申し込みサイト:

 

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。