おかげさまで国内導入シェア2年連続No.1!利用頻度もNo.1!

BY 公開

2014年8月、第三者機関で実施された市場調査(業務で映像編集を行うユーザー約300名を対象)にて、Adobe Premiere Pro国内導入シェアが2年連続でNo.1であることが明らかになりました。導入シェアは88.9%に達し、昨年比で10ポイント増加、幅広いユーザーにご支持いただいています。また、昨年リリースしたAdobe Premiere Pro CCに限定しても48%の方にご導入いただいていることから、最新の技術にいち早く対応するAdobe Creative Cloudが映像制作の領域でもご評価いただいているようです。

2014_NLE_share
Adobe Premiere Pro 国内導入シェア88.9%で、2年連続No.1!
※製品A~Cについては、それぞれの年にリリースされたバージョンで集計

各製品ごとの利用頻度についても調査を行いました。結果はこちら。

2014_NLE_usage

  • ほぼ毎日利用: 最多
  • 週に一回以上利用: 最多
  • 月に一回以上利用: 最多
  • 使用したことがない: 最少
  • 毎日利用と週に一回以上の合計: 唯一50%オーバー

9月のIBC 2014でも数多くの機能強化を先行公開させていただきました。最新の技術に対応すべく精力的に開発を進めて最新機能をご提供できるのも、すべてご利用いただいているユーザーの皆様のおかげです。

本当にありがとうございました!

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。