ショートフィルムから学ぶ、効果的なストーリ―テリング #AdobeStock

BY 公開

短時間で心に残るストーリーテリングを行う必要がある場合、あなたならどうしますか? ショートフィルムの制作者なら、その瞬間の“感情”を大切にし、心に残る印象を与えるストーリーを作ろうとするでしょう。このブログでは、そのプロセスについて、フィルムディレクターのGünther GheeraertとシネマトグラファーでRubberBallnnプロダクションズの設立者でもあるMark Andersenにお話を伺いました。

感情を撮る

Güntherのショートフィルムはどれも感情や情感、感性といったものにフォーカスを当てています。「私は被写体となる人の美しさや個性を表すことを大切にしているんです」とGünther。そしてこのこだわりこそが見る方々を魅了するのではないでしょうか。「ショートフィルムでは最初から最後まで見る人たちの心を掴んでおくことがとても大切。そのために僕が重要視していることは “感情を伝える” ということ。それがうまくいった作品は、見る人たちも感情移入してみてくれているようです」。

Güntherは身近な人たちからインスピレーションを受けることが多いと言います。「人間こそが尽きることのないインスピレーションの源、私は作品に取り掛かる時、登場人物同士の小さな関わりから始め、そこから大きな視点に話を広げていくことが多いです」。

魅力的なショートフィルムを作るのは長編映画を作るのとは少し違ったチャレンジにはなりますが、戦略的には実はよく似ているとGüntherは言います。「ストーリーを伝えるメカニズム自体は全く同じことです。ただショートフィルムでは始めから話の本質に入らなければならない。キャラクターを育てたりストーリーをゆっくり展開する時間はないからね」。

ストックを使用して、初めて物語をつくるとき

これまでGüntherはストックフォトを用いた作品づくりをしたことはありませんでしたが、今回、Take 10 ChallengeではストックビデオとButterscotchによる楽曲を使用し、作品作りに取り組んで頂きました。

ストックを使うにあたり、Güntherはまず作品を選ぶ基準を設定、「色んなアイディアに使えるようシンプル且つゴージャスであること、そしてそれぞれ違った特色で最大限の可能性を引き出せるよう4Kであることを条件としました」。

そこからGüntherは、制作に取り掛かり始めます。「このビデオは少しずつ実験を繰り返し作成していきましたが、いつも作るものと全く違っていてとても楽しかったです」。

私のものはあなたのもの

シネマトグラファーのMarkはGüntherがTake 10 challengeで作成したような短尺のストック動画を作成しています。ストックを撮影するということは、自分の物語を作っていくと同時に他にもどのように使われる可能性があるのかを考えなければいけないと、Markは言います。「フィルムメーカーとしてストーリーを伝えるのはもちろんだけど、ストックを作るということは他の人のストーリーを伝えるサポートをするということでもあるからね」。

撮影のほとんどでMarkとチームメンバーは、コンセプトを基にクリップ毎の物語を作り上げていきます。最近撮影したもので言えば、10代の女の子たちが街でショッピングをしたり食事をしたりしているものがあります。「ここでは単にショッピングバッグを片手に店から出てくる女の子たちを撮影するのではなく、例えば、女の子がバッグを開けるワンシーンで、もう一人がバッグの中をのぞき込み大きく喜ぶという感情重視のシーンを作りました。このようにすごくシンプルなシーンも物語であり、そこには感情があるのです」とマークは言います。

ストックビデオでは感情を特に素早く表現しなければならない、とMarkは言います。「編集者は貴重なスクリーンタイムを無駄にしたくないので1~2秒ほどで表現しなければなりません。モンタージュに使われることもあります。僕たちの作品で12〜15秒ほどのものもあるけれど、例えその中の2秒だけ使ったとしても自然な一部であるようできています」。

「僕がこだわっていることは現実で起こることや、リアルに感じる瞬間を本物より少しだけ綺麗に撮るということ。理想と現実を同時に捉えること。これが少しトリッキーなんだけどね」。

ストーリーテリングについて

デジタルストーリー作成にご興味がある方はAdobe エキスパートからのヒントをご覧ください。ストーリーテリングについての画像やビデオ素材はAdobe Stockのギャラリーでご覧いただけます。ぜひ日々の制作に活用いただき、お客様に伝わるビジュアル制作にお役立てください。

この記事は2017年9月20日に Adobe Stock Team により作成&公開された Moving Stories: How Artists Grab Our Attention with Short Films の抄訳です。