連載  /  

コントリビュータ―用ポートフォリオに機能が拡充 #AdobeStock

BY 公開

ご存知の通り、長きにわたり弊社はクリエイティブ ツールを開発するということに力を注いできました。クリエイターが作品に込める情熱とプライド、そして作品を効果的に発表することの重要性を、アドビは理解しています。

Adobe Stockに対しても同様の想いで取り組んでおり、コントリビューター用ポートフォリオに対して有益な機能を新たに2つ追加しました。これら新機能が追加されたことで、ご自身のポートフォリオをより魅力的に紹介できるようになります。

1. プロフィールページの表紙には最高の作品を

まず、プロフィールページのトップに表示されるイメージをご自身で選択することができるようになりました。ポートフォリオにある素材から画像をクリックして、[ポートフォリオのカバー画像にする] を選択します (以下画像参照)。

※ 設定された画像は自動的に中心からクロップされるため、中央にスペースがある画像を選択することをお勧めします。

2. おすすめの画像を「コレクション」として紹介

自分の作品のキュレーターはあなた自身。作品をより魅力的に紹介するためあなたのベストな作品をコレクション化しましょう。 ポートフォリオ タブからコレクションに含めたい作品を選択、[コレクションに追加] ボタンをクリックします。新しいコレクションを作成したり、既存のコレクションに追加したりすることができます。

1つのコレクションつき、最大1,000のアセットを入れることができます。コレクションはいくつでも作成することができますが、2つしか表示できません。表示したいコレクションを選択するには、[コレクション] の右上をクリックして、[ポートフォリオに公開する] を選択してください。

 

最新の作品を紹介したり、テーマごとにセレクトしたコレクションを共有したり、コンテンツタイプ別に作品を分類したりなど、色々なケースでコレクションを利用することで、あなたのポートフォリオを最新の状態に保つことができます。カスタマーはあなたのポートフォリオを覗くたびに、新しいコレクションを楽しむことができるのです。

 

 

こちらのビデオで詳しい操作方法が確認できます(英語版のみ):

 

今回ご紹介した機能以外にもこれからまだまだ新しい機能が追加される予定です。さらにAdobe Stockの Lightroom CC、Bridge CCPremiere Pro CC、およびAdobe Signとの統合、そして自動タグ付け、およびカテゴリ付け機能をうまく活用いただくことで、コントリビューターの作業効率化と販売アップにつながることが期待されます。

また、Facebook でAdobe Stockをフォローしていただき最新のビジュアルトレンドや今必要な素材を確認いただき、制作のための参考にご活用ください。


この記事は、2017年10月18日(米国時間)に Adobe Stock Team により作成&公開された New Features for Adobe Stock Contributors: Customized Portfolios の抄訳です。