連載  /  

Tiny Atlas Quarterlyが教える、ストック撮影のヒント #アドビストック

BY 公開

Adobe Stockはトラベル・ライフスタイル雑誌、オンラインフォトコミュニティのTiny Atlas Quarterly(TAQ)とパートナーシップを組み、先日タヒチ島へ撮影に行きました。長年広告業界で培った撮影技術や撮影に関するコツ、そして様々なクライアントとの経験などを、ファウンダー Emily Nathanに特別にシェアしてもらいました。夏休みの撮影計画にお役立てください。

撮影地の事前リサーチが不可欠

Tiny Atlasは撮影地としていつも最高の場所を選んでいます。撮影地や周りの環境は撮影する側のテイストやスタイルを写し出します。Tiny Atlasのコミュニティには華やかで、且つありのままの自然の景色を愛する人が多いので、そんなコミュニティの思いに応えられるようにしています。そのためには出発前の撮影地に関するリサーチを忘れずに。撮影の計画を立てる時は、現地での紛争や病弊などについてよく調べ、現地について「こんなはずじゃなかった」などということがないようにしましょう。

SALTY WINGS / ADOBE STOCK

鍵を握るのは宿泊場所

ライフスタイルの撮影においてとても重要な時間帯、それが日の出と日没です。美しい写真が撮れるこの時間帯に移動などして時間を無駄にしてしまわないよう気を付けましょう。つまり宿泊先をどこにするかはとても大切になってきます。可能であれば、一日の一番初めに撮影したい場所と一日の一番最後に撮影したい場所に宿泊先を構えること。安いからと言って不便な場所に泊まってしまうと、結局は移動で時間を失い、結果美しい陽の光も見逃してしまいます。特に団体行動をするときは、どこに行くにも時間がかかるので要注意。

TINY ATLAS QUARTERLY / ADOBE STOCK

太陽の動きと共にスケジュールを組みましょう

自然光はとても重要。ライフスタイルの撮影は撮影地に着いてすぐ始まるわけではありません。いつ撮影の瞬間が訪れるのかわからないので、その瞬間を見極めることが大切。休憩や食事は光の状態がベストでない時に済ませて。例えば、ディナーシーンの撮影でない限り、夕方の時間帯に食事をするのは避けましょう。日の光が強すぎる真昼や、日が沈んだ後などに食事や写真の編集などをして時間を有効利用しましょう。

TINY ATLAS QUARTERLY / ADOBE STOCK

ローカルモデルの採用

悩ましいのが人里離れた場所でのモデルのキャスティング。ファッションプロダクションは通常、モデルを撮影に連れて行きます。 しかしTiny Atlasでは、できるだけ現地エージェンシーと協力し、イメージに合うローカルモデルを見つけます。地元に愛着もあり、その土地の言語を話すローカルモデルは基本現地集合現地解散、アレンジがとてもシンプルで済みます。そして何より魅力的なのが彼らを通じてその土地のことをもっと理解でき、たくさんの人々に出会うことができることです。

そしてもう一つ重要なのがヘアメイク。手抜きヘアメイクは折角の作品をだめにします。腕の良い、信頼できるヘアメイクアーティストがいるのであれば大切にしましょう!ヘアメイクアーティストがどうしても確保できなければ、モデルの肌をきれいに写すことを忘れずに

TINY ATLAS QUARTERLY / ADOBE STOCK

衣装は多めに用意

モデルによって衣装の合う合わないはあります。しかし撮影に欠かすことにできない衣装、私たちは渾身の一枚を撮影するために自分たちのお気に入りブランドからキーピースとなる衣装を借り撮影に持って行くことにしています。素敵な衣装が多いため、毎回セレクトが大変なのですが、借りたものは最終的にショールームに返却しなければいけないので、あまり多く借り過ぎず、必要最小限を心掛けています。また、ライフスタイルイメージ撮影の場合は、着替えの回数が予定より少ないことが多いため(通常は1〜3回)できるだけ荷物を減らした方が効率的。預け荷物の超過料金も減り、撮影後の編集作業も最小限で済みます。

TASHA VAN ZANDT / ADOBE STOCK

撮影後のフォロー

撮影にデジタル技術を持ち込めるのであれば、撮影後の作業がぐっと楽になります。しかしTiny Atlasではそんな贅沢は毎回できないので、通常、朝から夜まで一日中撮影をし、撮影後ファイルをダウンロードし編集作業に進みます。長い一日の後のバックアップ作業中は疲れ切っていて、よくうたた寝をしてしまいます。 注:ファイルと携帯電話のバックアップを絶対忘れないこと。電話をなくしたり、盗まれたりしてしまうとお気に入りの思い出まで失ってしまうことになります。

撮影後なにより大切なのが、きちんとしたファイルの管理とネーミングのルールを統一しておくこと。みんなどのようにファイルを整理しているのか、やり方についてはうまく管理ができている人に教えてもらいましょう。私は最近Lightroom CCLightroom Mobileでの作業が増えてきましたが、これらのデバイス間での編集内容は自動的に反映されるので、ベストショットをいつでも利用できとても助かっています。

TINY ATLAS QUARTERLY / ADOBE STOCK

Tiny Atlasとタヒチ島の画像をもっとご覧になりたい方ははこちらからどうぞ。なお、個人の特定が可能な距離での人物や建物やランドマークを撮影する場合は、その写真やビデオをストックとして販売するにあたり各リリースペーパーを事前に取得する必要があります。ついては、撮影に関するチュートリアルを予めご確認ください。詳細についてはヘルプXのページをご覧ください。皆さまからの素敵な作品をお待ちしています。

このブログ記事2017年4月27日 (US時間) に Tiny Atlas Quarterlyによって執筆&公開された、Lifestyle Photography Tips from Tiny Atlas Quarterly を翻訳したものになります。