連載  /  

1ランク上の写真を目指すための撮影機材 4種をピックアップ #アドビストック

BY 公開

“風景写真をもっと楽しく”をモットーとする風景写真専門のオンラインフォトコミュニティPASHADELIC (パシャデリック)。全国の絶景スポットや、撮影に役立つ知識やコツをシリーズで紹介していただいています。今回は、さまざまなジャンルの写真の撮影において、1ランク上の写りを目指せる機材4つについてです。もう一歩の詰めで、グッと写真の仕上がりを改善することが出来るシーンもかなりの数あると思います。その「もう一歩」の参考にしていただければと思います。

三脚

夜間の撮影など、手持ちでの撮影が完全に不可能なシーンでの三脚の活用は常識だと思います。ですが実際には、昼間の一見手持ち撮影が可能だと思える状況でも、三脚を使うことで写りを改善できる可能性があります。

昼間から三脚を使う目的は「微ブレ」の追放です。

今の高画素のデジタルカメラは極めて手振れには厳しく、フィルム時代の数倍ぐらいの基準でブレを防がないと微妙なところの写りに甘さを生みます。さらにストックフォトとして販売目的の撮影をされる場合は、写真にブレがあると、作品審査でNGとされる可能性もあります。昔から言われている手振れしないシャッタースピードの基準、『1/[レンズの焦点距離]秒』は今やほぼあてになりません。これよりも数段速いシャッタースピードが必要と考えた方が良いでしょう。ですので、絞り込んだりPLフィルターを使用したりしてシャッタースピードが遅めになったら、積極的に三脚を活用しましょう。

三脚をフル活用されたい方には、少々マニアックですがPASHADERICのこちらの記事『効率的な写真撮影の為のカメラアイテム紹介【応用編】』のような方法もあります。

リモコン

三脚と合わせて活用したいのがリモコン系のアイテムです。ケーブルレリーズもこの中に含まれますが、最近のカメラはケーブルレリーズが使える機種がほぼなくなっていて、代わりにリモートケーブルが用意されていることが増えました。三脚にカメラを据えても指で直接シャッターボタンを押すと、ごく当たり前にぶれが発生しますので、三脚使用時にはぜひリモコン系のアイテムを活用しましょう。

フィルター

デジタルカメラになってオートホワイトバランスの性能が上がり、手動でも色温度調整がかなり自由に行えるようになったおかげで、フィルターワークのメインは反射を抑えるPLフィルターと光量を抑えるNDフィルターだけでほぼ事足りるようになりました。特にPLフィルターの重要度は高く、青空の色の深みを出す、木々の葉の反射を抑えて緑の本来の色を出す、水面やガラス面の反射のコントロールなどなど、活躍するシーンは多数あります。

風景写真のグレードアップを目指す場合には、ぜひカメラバッグに入れておきたいアイテムです。

ただしPLフィルターは効かせすぎると、青空が日本の空の雰囲気ではなくなったり、木々の葉から日差しの雰囲気が感じられなくなったりしますので、効かせ具合には撮り手のセンスが要求されます。木々の緑に対するPLフィルターの考え方は、こちらの記事『新緑から深緑へ。緑の美しい季節に木々の写真をキレイに残すための工夫』が参考になるかもしれません。

PLフィルターの効果全ての代替が出来る訳ではありませんが、ソフトウェアによる後処理でもある程度色の深みのコントロールは可能です。この場合にも使いこなしのカギは「適度な塩梅で」、ということになります。やり過ぎは写真の不自然さを招きます。

色温度や微妙な色合いの調整は、デジタル暗室と言うべきフォトレタッチソフトを活用するのが一番楽で確実です。写真をRAW形式で保存してあれば、画質へのダメージを最低限にしつつ修正が可能になります。より具体的な内容についてAdobe Creative Stationからレタッチのレシピを検索したものがこちらです。詳細な手順まで明記されていますので絵作りに役立つヒントがあるはずです。

電源の強化アイテム

低温下での撮影やタイムラプス動画の元データ作成、長時間の動画撮影などで、デジタルカメラの電源に厳しい撮影をする機会が増えていると思います。

こういったケースで役に立つのが外部電源やバッテリーグリップなどの電源系を強化するアイテムです。メーカー純正品では「バッテリーグリップ」「縦位置グリップ」などの名前で、縦位置での撮影を補助しつつバッテリーの増設が可能な周辺機器が販売されています。また、サードパーティー製アイテムでは外部に電源ケーブルを引き出し、スマートフォン用のモバイルバッテリーを活用できるようにした製品もあります。こういった機材を追加することで、カメラの長時間の運用を安心して行えるようになります。外部電源の一例をこちらで紹介しています。『【カメラグッズ紹介】星撮影や寒い撮影地で役立つカメラ用外部電源CASE RELAYの紹介

以上、是非ご参考にしていただき、Adobe Stockへのみなさまの作品投稿をお待ちしております。まだコントリビューター登録がお済みで無い方は、こちらから登録ください。

  AUTHOR

PASHADELIC

PASHADELIC (パシャデリック)は写真を共有するだけではなく、風景写真を撮るのに必要である3つのレシピ「いつ・どこで・なにが」を共有するコミュニティ。サンフランシスコで始めた同サービスは、2017年時点で登録者数が16万人を超えるほどに拡大中。作品制作や撮影に役立つ情報を発信し、Adobe Stockを一緒に盛り上げていきます。