連載  /  

日本のユーザーを配慮したテンプレートで、デザイン制作を素早く簡単に! #AdobeStock

BY 公開

どんな企業にとっても「情報をすばやくまとめる」ということはとても重要。プレゼン資料、事業報告書、成果物情報、会社の備品に至るまで、様々な場面で情報が溢れており、情報をまとめる側も増え続ける情報を効率的に処理する必要があります。

そこで活用したいのがAdobe Stockのデザイン テンプレート。Creative Cloudをご利用いただくお客様が効率よく業務に取り組んでいただけるよう、世界中のアーティストにより作成された様々な用途に応じたテンプレートを用意しました。Adobe Stockのテンプレートなら、使いたい画像、テキスト、および会社のロゴなどのブランディング要素をはめ込むだけで簡単にカスタマイズでき、思い通りに仕上げることが可能です。また、初めて使うアプリを使い始めるにあたっても活用いただけます。今回はクリエイティブディレクター兼アートディレクターとしてご活躍されている菊池美範(きくち よしのり)さんが手がけられた日本向けのデザインテンプレート42点のうち、ビジネスに役立ちそうなコンテンツをピックアップしてみました。では、早速見てみましょう。

1_名刺

ビジネスに不可欠なもの。それはあなたの分身となり顔となる名刺。名刺もテンプレートを使用し自分自身でカスタマイズすることで、キー情報や目立たせたい文字などの自由なレイアウトが可能になります。テンプレートで名刺を作成した後は、そのデータをメールに添付、印刷してくれるお店に送るだけ。とっても簡単ですね。

2_シンプルなステーショナリーセット

近年多くのビジネスツールが電子化されていますが、それでもまだやっぱり必要なのがステーショナリーセット。契約書や請求書など書類の発送時に必要な便箋や封筒、ちょっとしたことを書き留めておくためのメモ帳、そして季節のご挨拶を送るためのはがきなど。Adobe Stockのテンプレートを使用することでこれらすべてのステーショナリーが簡単に作れます。

3_プレゼンテーション

​● イラストレーション作品 ポートフォリオ (A4サイズ)

ご自身のこれまでの成果事例や今までの功績などをいかに美しく効果的に魅せるかは非常に神経をつかうところ。ポートフォリオの出来不出来で、ビジネスが左右されるといっても過言ではありません。予め設定されたガイドラインに沿って画像、イラスト、ブランドロゴをテキストと組み合わせることで、効果的且つオリジナリティあふれる素敵な作品集ができあがります。

● 事業報告プレゼンテーションスライド

アニュアルレポートや新しい事業計画書、まとめる量が膨大な上にスライドのレイアウトも自分でデザインしなければいけないとなるとかなりの作業。その負担を軽減してくれるのがプレゼンテーションスライドのテンプレート。こちらに頼ることで作業時間も大幅に短縮され、そして文字やイラストのプレースメント位置がすでに設定されていることで素早いカスタマイズが可能になります。

*様々な成果物に対応できるよう以下のようなテンプレートも豊富:

4_製品カタログなど

商品の宣伝方法として役立つのが製品情報をリスト化したカタログ。画像、ブランドロゴ、イラストや文字を自由に組み合わせることで効果的な商品プレゼンが可能になります。その商品の強みや特長など買い手に伝えたい情報を売り手が自分で選びわかりやすくビジュアル化、当事者ならではの視点を活かせます。

5_サイネージ

サイネージまで自分で作れてしまうの? という印象を受けるかもしれませんが、ベースはその他デザインテンプレートと同様、画像やテキストなどを組み込むだけ。「デザイン経験のない現場の方でもスムーズに制作できるように工夫しています」と菊池さん。是非、ご活用ください。

6_ランディングページ

1つの商品やサービスを売るための1枚の長いWEBページ、それがランディングページ。テキストよりも画像やイラストが多く、カラフルでわかりやすいデザインが特徴的です。商品やサービスの詳細を細かく伝えるよりも、企業への問い合わせに繋げることが目的のページなので、各ボタンのサイズが大きかったりと割と少ない情報量で自由なカスタマイズが利くテンプレートに仕上げています。

Adobe Stockはこの他にも多くのデザインプレートを取りそろえています。こちらから是非チェックしてみてくださいね!また、今回菊池さんにこだわりのポイントを伺ったインタビューページを公開しています。日本市場のニーズを考慮した彼の作品もご確認いただけます。こちらも併せてご覧ください。