ベクターパターンが作成可能に!そのほか機能強化満載のCapture CC 4.0 for iOS

BY 公開

スマホでクリエイティブアセットを創り出せるCapture CC〜大幅に機能強化したバージョン4.0の提供を開始しました。iOS版、Android版共にパターン作成機能に「ベクターパターン」のオプションを追加、サイズや色を自由に変更できます。

iOS版Capture CC 4.0の新機能

  • アセットの再利用 | 書き出したアセットを再度読み込んで他のアセットで利用する代わりに、アプリ内で直接これを行えるようになりました。例えば、シェイプをパターンに、またはマテリアルをカラーテーマに変えることができます。
  • ベクターパターン | ビットマップ形式に加え、サイズや色を自由に変更できるベクター形式のパターンを作成できるようになりました。
  • マテリアルモデルの向上 | カメラモードでリアルタイムにマテリアルを表示できるようになりました。新たに追加された 3D モデルに切り替えることによって、マテリアルが様々なサーフェスでどのように表示されるかを確認できます。
  • Lightroom の写真にアクセス | ご自身の Lightroom アカウントに保存されている写真を読み込んで、アセットに変換できるようになりました。
  • シェイプの部分消去とエリア消去 | 新たにサイズ変更可能になった消しゴムで不要部分をなぞって消したり、広いエリアを長押しして消去したりして、必要なシェイプを作成することができます。
  • タッチポイントをビジュアル化 | 「タッチを表示」を有効にすると、画面上でのタッチポイントがビジュアルで表示されるので、チュートリアルの記録やプレゼンテーションを簡単に行えるようになりました。
  • アセットの書き出し | すべてのアセットを、利用可能なすべてのファイル形式に書き出せるようになりました。
  • カメラのズームとフォーカス | カメラモードでズームとフォーカスを使用して、アセット作成でより質の高い画像を作成できるようになりました。
  • バグ修正 | パフォーマンスが向上し、いくつかのバグが解消されました。

Android版Capture CC 4.0の新機能

  • ベクターパターン | ビットマップ形式に加え、サイズや色を自由に変更できるベクトル形式のパターンを作成できるようになりました。
  • マテリアルモデルの向上 | 撮影しながらリアルタイムで 3D モデルを表示できるようになりました。新たに追加されたモデルに切り替えることによって、マテリアルが様々なサーフェスでどのように表示されるかを確認できます。
  • アセットの再利用 | アプリ内で直接アセットを他の種類のアセットに変換します。
  • シェイプの部分消去とエリア消去 | 新たにサイズ変更可能になった消しゴムで不要部分をなぞって消したり、広いエリアを長押しして消去したりして、必要なシェイプを作成します。

  AUTHOR

Tsuyoshi Nakao

仲尾 毅 Creative Cloudエバンジェリスト | | 2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ入社。Creative Cloudの伝道師として、Adobeの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいちはやく伝える。Twitter @tsuyon