CCアプリケーション、2015年9月のアップデート内容まとめ

BY 公開

9月中に提供開始した2015年リリースCCデスクトップアプリケーションのアップデート情報をまとめます。

Adobe_Creative_Cloud_logo_SCREEN_RGB_32px_no_shadowCreative Cloud デスクトップバージョン2.3.0.151アップデート

  • このアップデートでは、インストールエクスペリエンスが大幅に改善されています。
    • ダウンロードを開始する前に、製品のインストールと競合するプロセスが表示されるようになりました。さらに、競合するプロセスに関する通知がより一層便利になりました。
    • Acrobat DC のダウンロードとインストールが拡張され、インストール済みバージョンの Acrobat がサポートされるようになりました。
  • サブスクリプションを変更した場合に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションで各アプリケーションの現在の使用権限ステータスが表示されるようになりました。
  • Windows での HiDPI サポートが追加されました。
  • Adobe Software Integrity Service がこのアップデートで統合されました。
  • その他のバグ修正。

Adobe_InDesign_CC_mnemonic_RGB_32px_no_shadowInDesign CC 2015

InDesign CC 2015用DPS Desktop Toolsを更新するアップデートを提供。

Adobe_Premiere_Pro_CC_mnemonic_RGB_32px_no_shadowPremiere Pro CC 2015.0.2 (バージョン 9.0.2) アップデート

Adobe_Media_Encoder_CC_mnemonic_RGB_32px_no_shadowMedia Encoder CC 2015.0.2 (バージョン 9.0.2) アップデート

 

2015年リリースの Premiere Pro CC 二度目のアップデートは、安定性・信頼性の向上にフォーカスしたアップデートです。更新することを強くお勧めします。アップデートは Creative Cloud デスクトップから行ってください。

Premiere Pro CC 2015 Update (9.0.2)

  • Crash occurring when using 4 x JKL playback in Source Monitor and occasionally Timeline
  • Multicam playback failing under certain circumstances
  • Slow playback starting with multichannel multicam projects
  • Crash occurring when closing sequences open in Source Monitor
  • Panasonic spanned clips not importing correctly
  • Certain third-party effects causing a memory leak
  • Several issues with Subclips created from Merged Clips
  • Extraneous menu items showing in Libraries panel

関連情報

  TAGS

  AUTHOR

Tsuyoshi Nakao

仲尾 毅 Creative Cloudエバンジェリスト | | 2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ入社。Creative Cloudの伝道師として、Adobeの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいちはやく伝える。Twitter @tsuyon