iPad Proや3Dタッチに対応、Lightroom for iOSがますます快適に

BY 公開

iPhone/iPadバージョンのLightroom mobileバージョン2.1.0の提供を開始しました。iPad Proへ最適化され、iOS9マルチタスク機能/Split View/Slide Overを利用できます。またiPhone 6s/6s Plusの3Dタッチにも対応し、最新のAppleデバイスのテクノロジーに完全対応です。

バージョン2.1.0の新機能

  • iPad Proサポート カラー、トーン、明るさを調整して、iPad Proの美しいディスプレイをフル活用できます。iOS9で強化されたマルチタスク昨日、Split ViewとSlide Overにより、Lightroom mobileとiPad Proが旅先での写真撮影での最適な組み合わせになりました。
  • 撮影時のプリセット 新しい5つの撮影プリセットを適用して、Adobeアプリ内のカメラから写真をキャプチャすることができます。キャプチャする前に、プリセットが写真にどのように適用されるかをプレビューで確認することができます。また、キャプチャーした後は、オリジナル写真データを全く破壊せず、設定を自由に調整することができます。シュートスループリセットは、iPhone 5s以降およびiPad Air以降など、64ビットのデバイスでのみ使用できます。
  • 機能強化: トーンカーブ – ポイントカーブモード トーンカーブツールの機能をフル活用して、高度なカラーコントロールを行えます。写真のRGBを一度の変更することも、各カラーチャンネルを個別に調整することもできます。
  • 明暗別色補正のコントロール ハイライトやシャドーにカラートーンを適用することにより、写真に特別な仕上がりを加えたり、明暗別色補正を施した白黒写真の外観を再現。
  • 通知センターウィジェット 通知センターでLightroom mobileウィジェットを有効にすることによって、Adobeアプリ内カメラに簡単にアクセスできるようになります。たった1回スワイプダウンするだけでアプリ内カメラが自動的に起動します。
  • iPhone 6s/6s Plusでの3Dタッチをサポート ホーム画面からアプリ内カメラに直接アクセスして、グリッド表示中にPeakとPopを使用して写真のプレビューを素早く表示できます。
  • アプリが全体的に使いやすく 写真を複数のコレクションに簡単に追加できるようになりました。また、写真のインポートを高速化し、ジェスチャーのサポートを改善するなどの機能強化を行いました。これにより、いつでもどこでも素晴らしい画像を素早く整理、作成、共有できます。

  AUTHOR

Tsuyoshi Nakao

仲尾 毅 Creative Cloudエバンジェリスト | | 2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ入社。Creative Cloudの伝道師として、Adobeの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいちはやく伝える。Twitter @tsuyon