Creative Cloud 事始め

BY 公開

Creative Cloud (くりえいてぃぶ くらうど) とは、Adobe が提供するクリエイティブ制作ソフトウェアやサービスを利用するための新しい提供方法です。従来のパッケージ買い切り型の提供と異なり、月額払い方式のメンバーシップで、メンバーになると、すべての CS6 ツールの最新版をご利用頂くことができます。

CS6 ツールの導入を検討されている方から、

「CS6 パッケージと Creative Cloud、どっちで導入するのがいいの?」

といった質問をよくいただきます。Creative Cloud は、CS6 の全部入りスイート「Master Collection」相当とお考えいただくと理解しやすいかもしれません。でもそれだけではないのです。

 

Creative Cloud ツールのメリット

ここで、Creative Cloud のツールとしてのメリットを整理してみましょう。

  1. CS6 のすべてのツールが利用可能 - Master Collection 相当 – これは OK ですね。
  2. CS6 に含まれないツールが利用可能 - 例えば「Photoshop Lightroom 4」や「Acrobat XI Pro *」
  3. メンバー限定のツールが利用可能 - Adobe Muse、ADPS SE、Edge ツール & サービス、Creative Cloud Connection など
  4. メンバー限定のアップデート - 例) Illustrator CS6 や Photoshop CS6 向けの限定アップデート

* CS6 スイート パッケージ製品には「Acrobat X Pro」が含まれます。Creative Cloud も提供開始当初は「Acrobat X Pro」を提供していましたが、「Acrobat XI Pro」登場にあわせてアップデートが行われました。

このような特長は、以下のような要望に応えます。

  • 製品のメジャーアップデートの度に悩みたくない
  • Photoshop、Illustrator メインのユーザーだけど、ビデオ制作、あるいは Web 制作に取り組んでみたい
  • HTML5 など、最新の技術にいち早く対応したい
  • スマートフォンやタブレット向けの電子出版、アプリケーション開発に取り組みたい、対応したい

特に「Ongoing Value – 常に進化する価値」こそが Creative Cloud の最大のメリットであり、変化の激しい IT 環境・市場にアクティブに対応し、ビジネスを拡げたいと考えるユーザーにとって最適なツールとなってます。

 

そのほかにも…

Creative Cloud は他にも様々な特長を備えています。

  • 月額制のメンバーシップ (会員制サービス)
  • クラウド上のストレージを提供
  • トレーニング コンテンツの提供
  • Touch Apps との連携利用

このような特長は、別のトピックで詳しく取り上げていきたいと思います。

 

リソース

■ Creative Cloud に含まれるツール & サービス

■ Illustrator CS6 Creative Cloud メンバー限定サービス

■ Photoshop CS6 Creative Cloud メンバー限定サービス

■ Adobe Muse

■ Adobe Edge ツール & サービス

■ Adobe Digital Publishing Suite Single Edition

■ Adobe Creative Cloud Connection プレビュー版

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

仲尾 毅 Creative Cloudエバンジェリスト | | 2012年、Creative Cloud登場と共にアドビ入社。Creative Cloudの伝道師として、Adobeの最新技術・製品・サービスの訴求と移行促進に従事。クリエイターにとってメリットのある最新情報をいちはやく伝える。Twitter @tsuyon