連載  /  

知ってるようで、知らずに損してるAcrobatとPDFのアレコレ(1)AcrobatとPDFの基本(バージョンと閲覧方法)

BY 公開

多くの方が、AcrobatやPDFをほぼ毎日お使いのことと思いますが、その反面、「なんとなく開いて、ただ見るだけ」の方が多いようです。

Acrobatでできること自体が広範囲にわたり、その全容をつかむのも一仕事ですし、バージョンアップによってインターフェイスが変わり「何がどこにあるのかわからなくなって困っている」という方もいるでしょう。

この連載では、AcrobatやPDFを仕事で使う上でのヒントやコツをご紹介していきます。

そもそもAcrobat、PDFって?

まずは、AcrobatとPDFの関係、歴史、バージョンについて把握しておきましょう。

必ず覚えておきたいポイント

必ず覚えておきたいのは次の3つです。

  • Acrobat、Acrobat Readerはアプリケーション名。PDFはファイル形式
  • PDFにもバージョンがあり、最新版は「PDF 1.7」。
  • 無償のAcrobat Readerは基本的に閲覧専用。PDFを編集するアプリケーションがAcrobat

たとえば、PSDファイルはPhotoshop、AIファイルはIllustratorのように、ネイティブ形式のファイルはそのアプリケーションがないと開くことができないのが大原則です。一方、ワープロソフトのように、ある程度の互換性はあっても、メーカーやバージョンが異なると文字化けしたり、レイアウトが崩れてしまうことがあります。

どんなアプリケーションで作成されても、PDF(Portable Document Format)形式に変換し、Acrobat(Acrobat Reader)を使えば、レイアウトが保持され閲覧できるというのがAcrobat/PDFの基本思想です。

Acrobatが生まれて24年。日本語対応してからも21年と「あって当たり前」の存在ですが、リリース当時は、まさに「アクロバティックな」ファイル形式として注目されました。その後、閲覧するだけでなく、パスワード設定したり、ページを増減したり、文字や図形を修正したり、また、校正指示を書き込むなどの機能が追加されてきました。

少し余裕覚えておきたいポイント

少し余裕があれば、次の点も覚えておきましょう。

  • Acrobat Readerは2003年から2015年まで「Adobe Reader」と呼ばれていた
  • Mac OS Xは、OSレベルでPDFをサポートしている
  • PDFのバージョンは、現在、PDF 1.3から1.7までが使われている

年表

ご参考までに、年表を添えておきます。

リリース PDF Acrobat Reader 備考
1993年 PDF 1.0 Acrobat 1.0
1994年 Adobe
Acrobat
Reader
Readerの
無償配布開始
1996年 PDF 1.2 Acrobat 3.0 日本語対応
1999年 PDF 1.3 Acrobat 4.0 Mac OS X、
OSレベルで
PDFに対応
2001年 PDF 1.4 Acrobat 5.0  PDF/X-1a策定
2003年 PDF 1.5 Acrobat 6.0 Adobe
Reader
2004年 PDF 1.6 Acrobat 7.0
2006年 PDF 1.7 Acrobat 8.0
2008年 Acrobat 9.0 ISOの管理規格に
PDF/X-4策定
2010年 Acrobat X
2012年 Adobe XI
2015年 Acrobat DC Adobe
Acrobat Reader

 

PDFの素性を知る

PDFのバージョン、作成元のアプリケーションを調べる

まずは、手元のPDFの素性を調べてみましょう。

  • 利用されているフォントを調べる
  • どんなアプリケーションで作成されたかを知る
  • PDFのバージョンを知る

[ファイル]メニューの[プロパティ]をクリックして、[文章のプロパティ]ダイアログボックスを開きます。キーボードショートカットはcommand+Dキー/Ctrl+Dキーです(DocumentのD)。

[概要]タブ内にて、次の情報を確認できます。

  • 【1】アプリケーション:作成元のアプリケーション
  • 【2】PDF変換:変換方法
  • 【3】PDFのバージョン
  • 【4】ページサイズ:判型(ページごとに異なる場合には、選択しているページの判型が表示される)

 

使用されているフォントを調べる

埋め込まれているフォントは、[フォント]タブで確認できます。

 

いろいろな閲覧方法

複数ページのPDFを閲覧するとき、使いこなすと便利なのが「ページ表示」のオプションです。

 

単一ページ表示

「単一ページ表示」では、1ページずつ表示されます。「スクロール表示」を有効にすると、ズーム比率によって前後のページが表示されます。

また、「他のページとの間にスペースを表示」オプションをオフにすると、ページ間のアキが消え、破線が表示されます。

見開きページ表示

「見開きページ表示」では、2ページずつ表示されます。

「スクロール表示」、「他のページとの間にスペースを表示」オプションは、単一ページ表示のときと同様です。

表紙を表示

「見開きページ表示で表紙を表示」オプションをオンにすると、1ページ目のみ、片ページで表示されます。

 

書籍などのページものでは、「見開きページ表示で表紙を表示」オプションをオンにすると、見開きが正しく表示されます(左)。

一方、裏表で構成されている制作物(チラシ、アンケートをスキャンしたもの、名刺など)は、「見開きページ表示で表紙を表示」オプションをオフにします。

開き方を設定する

[文書のプロパティ]ダイアログボックスで[開き方]を設定すれば、PDFファイルごとに開き方を保存することができます。

プレゼンで利用する

プレゼンで利用する際には、フルスクリーンモードを利用します。

[表示]メニューの[フルスクリーンモード]をクリックすると、すべてのインターフェイスが消え、黒背景に、1ページごと表示されます。キーボードショートカットはcommand+Lキー/Ctrl+Lキー(LargeのL)です。

トランジション(ページの切り替わりのアニメーション)の初期設定は「なし」になっています。環境設定の[フルスクリーンモード]で変更できますが、残念ながら、どれも昭和テイストのものばかりですし、また、タイミングなどのコントロールができません。使うのは避けた方がよいでしょう。

まとめ

今回は、AcrobatやPDFの基本、PDFの閲覧方法についてご紹介してきました。この連載を機に、使いこなしましょう。

  TAGS

  AUTHOR

鷹野 雅弘

1996年にDTP制作プロダクション「株式会社スイッチ」をスタート。 その後、Web制作、 コンサルティング業務にシフト。トレーニングやテクニカルライティング、書籍の企画や編集なども行っている。CSS Niteなどのセミナーイベントを企画運営のほか、DTP情報サイトDTP Transitを2005年から継続している。 テクニカルライターとして20冊以上の著書を持つ。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術(増強改訂版)』(共著、技術評論社)ほか。