印刷サービス店向け「Adobe Creative Cloud出力対応店」ステッカー配布開始 #CC出力対応

BY 公開

アドビは、Adobe Creative Cloudをご利用のお客様が、印刷サービス店で安心してデータが入稿できるよう環境を整える取り組みを行っています。これまでも、全国47都道府県にあるCreative Cloud出力対応店一覧(2017年6月現在、703社・780店舗)をアドビのウェブサイトで掲載してきました。

このたびさらに店舗でのCC出力の利用を促進するために、「Adobe Creative Cloud出力対応店」ステッカーを制作し、全国の印刷サービス店への配布を開始します。これにより、店舗側はステッカーを店頭に貼ることで、お客様に積極的にCC出力対応の発信が可能になり、印刷をされるお客様は一層安心してデータ出力を依頼できるようになると考えています。ステッカーは、4月中に全国の対応店への送付を実施します。また、ホームページへの掲載用に各種バナーもご用意する予定です。

Creative Cloudのユーザー数は堅調に増加を続けており、株式会社吉田印刷所が定期的に行っている「Adobeアプリ利用バージョンアンケート結果(2016年12月〜2017年1月調査)」によると、すでに64.4%の方にご利用いただいています。

また、アドビはクリエイターのみなさまが意図した通りの精確な出力を実現するために、最新版のCreative Cloudや印刷に特化したPDF/X-4でのデータ入稿と出力を推奨しています。どこからでもアプリのバージョンを気にすることなく出力を行える環境を整えるよう、普及に努めてまいります。

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Takashi Iwamoto

アドビ システムズ株式会社 / フィールドプロダクトマネージャー /

2004年にアドビ システムズ社に入社。Illustrator、InDesignなどの、DTPデザインツールを担当。一貫して広くデザイン、印刷市場へ最新製品を訴求。担当製品も多く、デザインに深く関わるフォントや、コードを書かずにWebサイト作成が可能なAdobe Museも担当。本人曰くわかりやすい説明を信条としている。