連載  /  

ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(4)すべてカラーリングは、ライブカラーにおまかせ

BY 公開

今回、取り上げるのは「ライブカラー」です。

「カラーバリエーションを作るときに便利」な機能としてIllustrator CS3から実装されていますが、カラーシミュレーションだけでなく、使いどころが多い奥深い機能です。

一度知ったら手放せないライブカラーの魅力をとことんご紹介します。

ライブカラーって何?

ライブカラーは通称です。

正式名称は[オブジェクトを再配色]。[編集]メニューの[カラーを編集]のサブメニューにあります。

デフォルトではキーボードショートカットが用意されていませんので、設定しておくとよいでしょう。私は「command + F3キー」を設定しています。

ちなみに、最近のIllustratorの[キーボードショートカット]ダイアログボックスには検索ボックスがあります。「メニューコマンド」に切り替えて(❶)「再配色」と入力して(❷)表示させるとスピーディです。

お好みのキーボードショートカットを設定します(❸)。

今回のコラムでは、[オブジェクトの再配色]を実行することを、「ライブカラーを開く」、「ライブカラーを呼び出す」のように記します。

カラーシミュレーション

それでは、ライブカラーを使ったカラーリングの変更の流れをご紹介します。

  1. アートワークを選択し、コントロールパネルのアイコンをクリックする
  2. [オブジェクトを再配色]ダイアログボックスが開き、選択しているアートワーク内で使われているカラーがリストアップされる。右側中央の[◀]アイコンをクリックして、右サイドを非表示にしておくとよいでしょう
  3. 「指定」タブが選択されているので、「編集」をクリックする
  4. 中央部分が切り替わり、アートワーク内で使われているカラーが「色相環」の中にマッピングされる。
  5. [ハーモニーカラーをリンク]ボタンをクリックする
  6. 「色相環」の中の◉をドラッグすると、連動してほかの◉も移動する
  7. 個別に変更したい場合には、[ハーモニーカラーをリンク]をオフにして個別に編集する

カラーシミュレーションを行う際の注意点

ライブカラーを実行する前に、オリジナルを複製してから作業を開始しましょう。

  • 厳密には「ライブ」ではありません。ドキュメントを閉じてしまうと、[取り消し]できませんのでオリジナルに戻すことはできません。「ライブカラー」が正式名でないのは、そういうな意味合いからなのかもしれません。
  • 「カラーシミュレーションしたバージョンをオリジナルの横にペーストする」といった機能はありません。

グラデーションにも対応

キーカラーが目立っているデザインの場合に、グラデーションが含まれていても、ライブカラーを使ってカラー変更を行うことができます。

グラデーションは、グラデーションストップと呼ばれる「開始色」、「終了色」、または、中間の分岐点のカラーで構成されています。ライブカラーはこれらのカラーを制御します。

Illustratorのカラーリング、どれで行う?

次に、冒頭で書いた「ライブカラーはカラーシミュレーションだけではない」について掘り下げていきましょう。

Illustratorには、カラー関係だけに絞っても4つのパネルが存在しています。

  • カラー
  • Colorテーマ
  • スウォッチ
  • カラーガイド

Illustrator CC(17.1)以降、[スウォッチ]パネル内に[塗りボックス]、[線ボックス]が追加されているので、塗り/線の切り替えを[スウォッチ]パネルで完結することができます。

しかし、現在のIllustratorには40近くのパネルがあり、[スウォッチ]パネルや[カラー]パネルなど、なるべくパネルを開かずに作業できると、アートボードをより広く使うことができます。

パネルからコントロールパネルへ

コントロールパネル内で、[スウォッチ]パネルや[カラー]パネルを代替する方法です。

  1. 長方形などを作成し、オブジェクトを選択すると、コントロールパネルに[塗りボックス]、[線ボックス]が表示される
  2. このボックスをクリックすると、[スウォッチ]パネルが開く
  3. shiftキーを押しながらクリックすると、[カラー]パネルが開く
  4. カラーを設定後、パネルを閉じるには、コントロールパネルの[塗りボックス](または[線ボックス])をクリックする

このように、コントロールパネルから、[スウォッチ]パネル、[カラー]パネルにアクセスできますので、それらのパネルを開いておく必要はありません。

コントロールパネルだけでは完結しない…

「じゃ、これからはコントロールパネルのみで行こう!」と思いたいところですが、そう簡単ではありません。

まず、[ダイレクト選択ツール]を選択しているときには、コントロールパネルには[塗りボックス]、[線ボックス]が表示されません。

また、異なる設定の複数のオブジェクトを選択しているときには、同時に変更することはできません(「?」と表示される)。

そこでライブカラーです。

ライブカラーを呼び出せば、選択しているオブジェクトで使われているカラーがすべてリストアップされます。

ダイアログボックス下部の領域でカラー設定を行ったり、[編集]に切り換えて色相環でカラーを変更します。

リストアップされるカラーがどこで使われているのかがわかりにくい場合には、次の手順で探すことができます。

  1. 右下の虫眼鏡がついたアイコンをクリック
  2. [現在のカラー]にリストアップされているカラーをクリック

クリックしてカラーに対応するオブジェクト以外が薄く表示されます。

さらに、具体的な使いどころについてご紹介します。

  • 塗りと線に同じカラーが使われている場合
  • アピアランス内のカラーの統一
  • クリッピングマスクやグループ内など

塗りと線に同じカラーが使われている場合

ライブカラーを使えば、塗りと線に同じカラーが設定されている複数のオブジェクトのカラーの変更をスピーディに行うことができます。

  1. 塗りだけにカラーが設定されているオブジェクトを選択すれば、コントロールパネルの[塗りボックス]のカラーに反映する
  2. 線だけにカラーが設定されているオブジェクトを選択すれば、コントロールパネルの[線ボックス]のカラーに反映する
  3. ところが、塗り/線が混じっている場合には、[?]と表示される
  4. しかし、ライブカラーでは1色とみなすので、同時にカラー変更を行うことができる

アピアランス内のカラーの統一

アピアランス内でのカラーの統一にも有効です。

まず、(自分自身の)アピアランス内では[スポイトツール]は使えません。

  1. ライブカラーを開く
  2. この例では、1色目の薄めのブルーを、2色目にドラッグする
  3. [▼]アイコンをクリックして表示されるメニューから[変更しない]を選択すると、まったく同じカラーになる(デフォルトの「色調をスケール」のままだと、まったく同じカラーにはならない)

グループ内など

グループ内、グループアピアランス内などのカラー変更にも有効です。

「このカラーにしたい!」

画面上のカラーを拾うときによく使う[スポイトツール]ですが、ライブカラー内ではトリッキーです。

[オブジェクトを再配色]ダイアログボックス内に[スポイトツール]があるのですが、これは「嘘スポイトツール」。こちらは、[オブジェクトを再配色]ダイアログボックスを開いた直後に戻す、いわば、「リセット」ボタンです。

「このカラーにしたい!」を実現するには、そのカラーを含むオブジェクトを同時に選択してライブカラーを開きます。

この場合は、オレンジのバーを青いバーにドラッグすることで、どちらもブルーになります。

なお、その際、[▼]アイコンをクリックして表示されるメニューから[変更しない]を選択するのがポイントです(デフォルトの「色調をスケール」のままだと、まったく同じカラーにはならず、色が薄まってしまうことがある)。

嘘スポイトツール

ご参考までに、Illustrator CS5までは「嘘スポイトツール」のアイコンは異なる形状でした。

また、マウスオーバーすると、色相環としてカラーリングされていました。こっちの方がよかったですよね!

スウォッチは使えないの?

ライブカラーで「スウォッチを使えれば!」と思いますよね。ライブカラーでスウォッチを使うのは、ちょっと面倒です。

  1. 左下のカラーパネル部分のカラーアイコン(❶)をクリック
  2. [カラーピッカー]ダイアログボックスが表示されるので、[スウォッチ]ボタン(❷)をクリック

この操作でスウォッチの一覧が表示されます。サムネール表示にすることはできません。

なお、ダイアログボックス下部の検索ボックス(❸)を使って、絞り込むことができます。

グローバルカラーとの併用に注意

グローバルカラーを使用しているオブジェクトに対して、ライブカラーを実行するのは要注意です。

グローバルスウォッチのカラーは変更されず、グローバルカラーとのリンクが切れてしまいます!

ライブカラーとグローバルカラーを併用する

ライブカラーとグローバルカラーは「まぜるな!危険」と覚えておくのが無難ですが、次の方法で回避することができます。

  1. 変更したいカラーを用意し、そのオブジェクトを選択したまま、[カラー]パネルの[新規カラーグループ]アイコンをクリック
  2. [新規カラーグループ]ダイアログボックスが開くので、[プロセスをグローバルに変換]オプションをオンにしたまま、[OK]をクリック
  3. カラーグループとして登録される
  4. ライブカラーを開き、閉じていた右サイドを開いて「カラーグループ1」を選択する

もちろん、元々のグローバルとのリンクは切れてしまいますが、こちらの方法なら、新しく追加したグローバルスウォッチとリンクされます。

なお、[スウォッチ]パネルのカラーグループのフォルダーアイコンをダブルクリックすれば、ライブカラーが呼び出されます。

パターン

ライブカラーのもうひとつの使いどころがパターンへの適用です。

パターン作成(編集)機能は、Illustrator CS6にて劇的に改善されていますが、今回は、デフォルトで用意されている水玉やラインのパターンを活用してみます。

[スウォッチ]パネル下部の[スウォッチライブラリメニュー]から[パターン]→[ベーシック]とたどると、「ベーシック_点」、「ベーシック_ライン」というライブラリを選択できます。

次のように濃度の異なるパターンが用意されています(それぞれ、新しいパネルとして開く)。

パターンにカラーリングしてみましょう。

  1. ライブカラーを開くと、黒に対応するカラーが空白になっている(❶)。❷([配色オプション]ボタン)をクリックする
  2. [配色オプション]ダイアログボックスが開いたら、[保持]の[ブラック]をオフにする(ここでは[ホワイト]もオフ)
  3. 黒が変更可能になるので、カラーを調節する

なお、パターンスウォッチは上書きされず、新しいパターンスウォッチが作成され、そのスウォッチにリンクされます。

パターンの密度を変更する

ライブカラーから話はそれますが、パターンの濃度は、拡大・縮小のオプションで可能です。

[拡大・縮小]ダイアログボックスで[オブジェクトの変形]オプションをオフにすると、[パターンの変形]オプションのみがオンになります。

アピアランスの場合には[変形効果]内で同様の設定を行います。

回転(角度)についても同様です。

パターンを白抜きにする

さらに、ライブカラーから話はそれますが、パターンを白抜きにしたい場合は、描画モードを使うとスピーディです。

[描画モード]を「スクリーン」に設定すると「白」になります。ここでは、なじませるために、さらに不透明度を下げています。

なお、この手法が使えるのは、CMYKモードのときだけです。

パターンについては、鈴木メモさんのパターンスウォッチの色を変える方法を参照してみてください。

ExcelなどのOffice文書からのパーツの流用

最後に、ExcelなどのOffice文書からパーツを流用するケースへの応用についてです。

Excelの表やグラフなどは、Excel内でコピーし、Illustratorでペーストすれば、クリッピングマスクが複雑にかかるなどの問題はあるものの、Illustratorのオブジェクトとして扱えます。

テキストもそのまま使えますので、Illustrator内でカーニングなどの調整が可能です。

ところが、ExcelなどのOffice文書では、CYMKを扱えないため、黒い文字などが「K100」ではなく、「C100+M100+Y100+K100」に近い状態のブラックになっています。

そこで、ライブカラーを使って調整してみましょう。[配色オプション]で[ブラック]の[保持]をオフにして、カラーを「K100」(C0+M0+Y0+K100)に設定します(M1を加えるなどの調整を同時に設定することも可能です)。

 

まとめ

今回はライブカラーについてご紹介してきました。

  • 複数のオブジェクトをまとめて行える
  • グループ化やクリッピングマスクがかかっていてもOK
  • 塗りと線を同時に設定できる
  • パターンの着色にも使える
  • オフィス文書からペーストしたパーツの色調整にも使える

などなど、Illustratorでのカラーリングは、すべてライブカラーでよいのでは?と思うほど。キーボードショートカットを設定して使うのがオススメです。

ライブカラーからはライブではない

Illustratorでの「直しに強いデータ」は、「シンク」と「ライブ」に大別できる、と第二回でご紹介しました。

ドキュメントを閉じなければ取り消しで戻ることはできますが、ドキュメントを閉じてしまえば、元に戻すことはできません。そういう意味では、ライブカラーからは「ライブ」ではありません。そのため、[オブジェクトの再配色]というコマンド名を変更しないのは、そのような理由からかもしれません。

改めて「まぜるな!危険」

ライブカラー搭載から10年。
グローバルスウォッチにライブカラーを適用すると、グローバルカラーが上書きされずに、リンクがはずれてしまうファンキー仕様のみ、変更されることを願っています。

  TAGS

  AUTHOR

鷹野 雅弘

1996年にDTP制作プロダクション「株式会社スイッチ」をスタート。 その後、Web制作、 コンサルティング業務にシフト。トレーニングやテクニカルライティング、書籍の企画や編集なども行っている。CSS Niteなどのセミナーイベントを企画運営のほか、DTP情報サイトDTP Transitを2005年から継続している。 テクニカルライターとして20冊以上の著書を持つ。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術(増強改訂版)』(共著、技術評論社)ほか。