アドビ、今年もpage2018へ出展します

BY 公開

みなさんこんにちは。アドビの岩本です。今年もこのイベントへの出展を案内する時期になりました。page2018のご案内です。

page 2018

会期: 2018年2月7日(水)・8日(木)・9日(金)
開催時間: 10:00~17:00
会場: 池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート

恒例のアドビブースでは、ユーザーの皆様の日頃の疑問…「知りたい!」にライブで応えます。また、クリエイティブゾーンセミナーでも充実のコンテンツで皆様をお迎えします。

ポイント1:アドビブースに「CSユーザー向け、アナタの疑問に応えます!」コーナーを設置

アドビ製品に関する疑問は個々違うものですよね?製品の活用や、導入&運用に関しての、日頃の疑問や困っていること等、個別相談のコーナーにて解決してください。長きに渡りCS製品をお使いの皆様に、数年先を見据えた安心安全な制作環境をご提案します。スムーズな対応をすべく、事前予約のサイトを設けました。相談をご希望の方は、以下のボタンから事前にご予約ください。

 

ポイント2:page2018限定!充実のセミナーコンテンツ

クリエイティブゾーンセミナーでは、今年も著名な講師陣による、18ものセミナーセッションを展開。PhotoshopIllustratorInDesignのユーザー目線で有益なTipsを披露いただける予定です。さらに今回は、新しく追加されたDimension CCの活用に関するセミナーも…おそらくユーザーさんによるDimensionのセミナーは初!となります。こちらもご注目ください。(樋口さん、期待しています!)

アドビもいくつか枠をいただき、Creative Cloudの情報はもちろん、CSユーザー向けた移行に関する情報もお伝えしますので、是非ご参加ください。

page2018:クリエイティブゾーンセミナーの詳細はこちら
http://study-room.info/id/page2018/

ポイント3:Creative Cloudの導入相談なら販売パートナーコーナーへ

アドビ製品を熟知した経験豊富な販売パートナーさんが出展。みなさんの個々の制作環境を聞いた上で、最適な提案を受けることができます。Creative Cloudだけでなく、ハードやその関連製品に関する悩みも柔軟に対応頂けるので、環境の見直しを検討している方はアドビ製品の情報と合わせ、色々とご質問をしては如何でしょうか?


DTP・出力関連の皆様に対して、アドビから毎年「出力の手引き」を公開しています。これはCreative Cloud環境での安全なデータ運用に関する情報、必要システム構成などをまとめたもので、毎年メジャーアップデート後にリニューアルしてお届けしているものです。まだご覧になっていない方は、ぜひ以下よりダウンロードの上、業務にお役立てください。

 

今年もpageのクリエイティブゾーンへ、是非足を運んでください。アドビ一同お待ちしています。

  AUTHOR

Takashi Iwamoto

アドビ システムズ株式会社 / Creative Cloud セグメントマーケティング部 マーケティングマネージャー/ 2004年にアドビ システムズ社に入社。Illustrator、InDesignなどの、DTPデザインツールを担当。一貫して広くデザイン、印刷市場へ最新製品を訴求。担当製品も多く、デザインに深く関わるフォントや、話題の3DツールDimensionも担当している。本人曰くわかりやすい説明を信条としている。