Adobe Creative Station

ベテランほど知らずに損してるPhotoshopの新常識(5)支給画像あるある(逆光、手ブレ、モヤ)

今回は、支給画像でよくある逆光、ブレ/モヤの除去などの補正についてご紹介します。

加えて、「非破壊編集」を行う上で不可欠なスマートオブジェクト(スマートフィルター)についても整理しておきましょう。

[シャドウ・ハイライト]を使って、逆光の写真を補正する

たとえば、こちらの写真、トーンカーブを使って補正を行うと“白飛び”しがちです。

そこで、トーンカーブを設定したい領域にマスクを設定するのがセオリーですが、ここではマスク処理を行わず、[イメージ]メニューの[色調補正]の[シャドウ・ハイライト]を実行してみます。

すると、シャドウ部のみが明るくなります。

スマートオブジェクトと非破壊編集

[シャドウ・ハイライト]を画像に対してそのまま設定するのは「禁じ手」のひとつ。[シャドウ・ハイライト]を適用する前に、該当レイヤーを「スマートオブジェクト」に設定しておきましょう。

スマートオブジェクトに変換するには、次の方法があります(「背景」のままでもOK)。

スマートフィルター

スマートオブジェクトに変換後に[シャドウ・ハイライト]を実行すると、[レイヤー]パネルには「スマートフィルター」と「シャドウ・ハイライト」のレイヤーが出現します。

目のアイコンをクリックしてフィルターを非適用にしたり、[シャドウ・ハイライト]の文字をダブルクリックすれば、ダイアログボックスを閉じたときの値が表示され、何度でもやり直しができます。これを「非破壊編集」といいます。「非破壊」とは、オリジナルのピクセル情報に手を加えず、何度でも修正を行うことができることを指します(英語ではNon-destructiveといいます)。

たとえば、スマートオブジェクトに変換したレイヤーに対して、[ぼかし(ガウス)]などのフィルターを適用すると、同様に[レイヤー]パネルに「スマートフィルター」と「ぼかし(ガウス)」のレイヤーが出現し、再編集が可能になります。これを「スマートフィルター」といいます。

[シャドウ・ハイライト]は、[フィルター]メニューにはないので、スマートフィルターと表示されるのは不自然な気もしますが、内部的にはフィルターとして扱われているようです。

なお、[フィルター]メニューの[スマートフィルター用に変換]を実行しても、スマートオブジェクトに変換することができます(デフォルトではアラートが表示されます)。

その他の非破壊編集

スマートフィルターのほか、Photoshopには次のような非破壊編集がありますが、こちらは別の機会にご紹介します。

暗い部分を明るく、明るい部分を暗く

[シャドウ・ハイライト]に戻りましょう。

[シャドウ・ハイライト]のデフォルトでは、シャドウのみの値が変わっていますが、「暗い部分を明るく」だけでなく、「明るい部分を暗く」の編集が可能です。

異なるサンプルを開いてみます。

こちらの画像に対して[シャドウ・ハイライト]を実行します。

さらに、ハイライトの値を調整してみます。

明るい部分が暗くなり、机の天板など、光が当たっている部分のディテールがハッキリしてきます。

[シャドウ・ハイライト]は、必要に応じて[詳細オプションを表示]オプションにチェックを付けて、さらに細かい設定を行うことができますが、万能ではありません。完全な白飛びや黒つぶれには無効ですのでご注意ください。なお、[シャドウ・ハイライト]はPhotoshop CS(CCでなくCS1)以降の機能です。


手ブレ写真

最近は「手ぶれ防止」機能を備えているカメラが増えてきていますが、それでも、手ブレ写真は、悩ましい支給原稿のトップ3に入るでしょう。

手ブレ写真を補正するには、アンシャープマスクやスマートフィルターなどの「シャープ」系のフィルターを使って“がんばる”のが常套手段でした。Photoshop CCから追加された「ぶれの軽減」がなかなかいい仕事をしてくれます。

まずは、スマートオブジェクトに変換し、[フィルター]メニューの[シャープ]→[ぶれの軽減]をクリックします。

[ぶれの軽減]ダイアログボックスが開き、画像の中央の領域が点線が囲まれます。この領域を中心に「ぶれの軽減」が行われます。

このサンプルでは、画像の中心が手ブレを補正したい領域でしたが、必要に応じて、点線の領域を移動したり、ドラッグして増やします。

なお、あくまで「ぶれの軽減」であり、ぶれの「削除」でないこと、また、手ブレでなくボケや、複数の被写体ブレは苦手なようです。


モヤっとした画像を[かすみの除去]で補正する

モヤっとした画像を補正してみましょう(モデル:後藤 修@Eater)。

スマートオブジェクトに変換し、[フィルター]メニューの[シャープ]→[Camera Rawフィルター]をクリックします。

[Camera Raw]ダイアログボックスが開いたら、[効果]タブに切り替え[かすみの除去]の適用量の値を増やします。

モヤっとした感じが消え、画像全体がシャキっとしました。

窓ガラス越しに撮影した写真

次のサンプル画像では、窓ガラス越しに撮影したため、少しボンヤリしてしまっています。また、窓ガラスの汚れや蛍光灯の映り込みが生じています。

こんなときにもボンヤリ感の削除に[かすみの除去]が役立ちます。

スマートオブジェクトに変換する前に[スポット修復ブラシ]を選択し、ブラシサイズを変更しながら画像をドラッグして、蛍光灯の映り込みを削除しておきます([スポット修復ブラシ]はスマートオブジェクトには適用できません)。

[かすみの除去]を実行後、必要に応じて、[Camera Raw]ダイアログボックスで[基本補正]タブに切り替え、[露光量]を調整します。

鮮やかな青空に戻りました。

写真にパンチを出し、ビネット効果を付ける

[かすみの除去]は写真にパンチを出すときにも有効です。

[かすみの除去]を設定するとき、[切り抜き後の周辺光量補正]を併用することでビネット効果(トンネルエフェクト)を演出することができます。

[Camera Rawフィルター]とは?

「Camera Raw」は、PhotoshopでRAWデータを現像するためのプラグイン。トーンカーブをはじめとする基本的な補正に加え、シャープ調整やノイズ軽減などの全体のトーン調整、グラデーションをかけたマスク作成など、ある意味、別のアプリのように動作します。Photoshopにはない優れた機能もありますが、RAWデータのみが対象でした。

Photoshop CCで追加された[Camera Rawフィルター]を使うことで、RAWデータ以外にも「Camera Raw」テクノロジーをフィルターとして利用することができます。

逆光のサンプルでは、[シャドウ・ハイライト]を使って補正しましたが、[Camera Rawフィルター]の[基本補正]内のパラメーター(シャドウ、ハイライト、露光量)を調整する方法もあります。

まとめ

今回は、支給画像でよくある逆光、ブレ/モヤの除去などの補正について紹介してきました。適切な機能を使うことで、早くキレイに仕上がりますので、引き出しを増やしておきたいですね。

あるある 機能名 ポイント
逆光 シャドウ・ハイライト 暗い部分を明るく(シャドウ)、明るい部分を暗く(ハイライト)
手ブレ ぶれの軽減 ぼかし予測領域を調整する
モヤ かすみの除去 [切り抜き後の周辺光量補正]でビネット効果

「スマートフィルター」としてフィルターのON/OFFや値の変更を後から行えるように、フィルターを設定前にスマートオブジェクトに変換しておくことを忘れないようにしましょう。

また、[Camera Rawフィルター]は非常に奥深いので、改めてご紹介します。