PDF & 出力の手引き 2018

BY 公開

Creative Cloud 2018年度版リリースに合わせ、
安全なデータ運用と出力のための情報をアップいたしました!

Creative Cloud環境で安全、安心な印刷データ運用を実現するために踏まえておきたい、
必要な情報となっておりますので、今一度ご確認ください。
(旧バージョンの製品をお使いの方も参考になる部分が多いと思います)


PDF&出力の手引き

現在のワークフローにおいて推奨されている印刷物のデータ運用についてもまとめています。
データ制作者、印刷会社の方も参照ください。

協力:株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ
村上良日(鰯屋)

  • アートボードの基本
  • フォント(Typekit、バリアブルフォントなど)、画像、カラーマネジメントの管理
  • 安全に出力するためのポイント(プリフライト処理など)
  • 書き出しとプリント

 

以下の情報も安全に入稿データを作成するには重要なポイントです。
ぜひ参考にしてください。


Illustrator CC 2018 互換性ガイドブック

Illustratorのテキスト、アートワークの互換性について、注意点を含めて記載しています。複数バージョンでデータのやり取りを行われる方はご参照ください。

  • Illustrator 2018 リリースの互換性挙動
  • Illustrator 10 以前のバージョンとのテキスト互換性
  • Illustratorのタイポグラフィ機能
  • 近年の機能強化ポイント
  • 出力の際の注意点
  • アートワークの互換性

Photoshop CC 2018 互換性ガイドブック

Photoshopの互換性についてまとめています。比較的互換がとれやすかったPSDファイルも、昨今の新機能を使って作成されたアートワークの中には、下位保存の際ラスタライズが必須になる機能も出てきています。特に新しいバージョン(機能)をお使いの方は、目を通してください。

  • Photoshop 2018 リリースの互換性挙動
  • Photoshopの互換性ポリシー
  • 以前のバージョンとの機能互換性一覧

新機能一覧 & OS対応状況(Photoshop/Illustrator/InDesign

各製品のCS5以降に追加された機能と、各バージョンの動作環境をご確認いただけます。

すで当ブログでもご案内しておりますが、CS6は最新のMac Os Sierraには対応しておりません。ご注意ください。
Creative CloudならびにCS6のmacOS Sierra(10.12)サポートについて

ダイレクト出力で、高速で安定した運用をCreative Cloud提供のアプリケーションがお手伝いします。
各ドキュメントを是非制作のお供に1冊、常備ください。

※上記のドキュメントの情報は、2017年11月現在のものです。情報のアップデートがありましたらまたこちらのブログでご案内いたします。

 

  AUTHOR

Takashi Iwamoto

アドビ システムズ株式会社 / フィールドプロダクトマネージャー /

2004年にアドビ システムズ社に入社。Illustrator、InDesignなどの、DTPデザインツールを担当。一貫して広くデザイン、印刷市場へ最新製品を訴求。担当製品も多く、デザインに深く関わるフォントや、コードを書かずにWebサイト作成が可能なAdobe Museも担当。本人曰くわかりやすい説明を信条としている。