Photoshop CC 発表後の、よくある質問と回答の話

BY 公開

Photoshop CCが発表されて、24時間がたちました。多数の「いいね」をありがとうございます!
多くの「期待」を込めてのクリックです。期待に応える、いえ、期待以上の記事を書いていきたいと思います。

 

Creative Cloud、Photoshop CCの発表後、様々なメディア、TwitterやFacebookでご意見を頂きました。
今日のブログでは、その中であった「疑問」「誤解」「意見」などに、回答したいと思います。

 

Q. Creative Cloudだとインターネットに常につながないと、Photoshop CCは使えないの?
A. いいえ。Creative Cloudのデスクトップアプリケーション(PhotoshopやIllustratorなど)は、PCに直接
インストールされます。日常業務で使用する上では、インターネットへの常時接続は必要ありません。ただし、
アプリケーションのインストール時およびライセンス認証時にはインターネットに接続する必要があります。

 

「クラウド」という名前から連想される「Webアプリ」「SaaS」からの誤解です。従来通りPhotoshop CCは
PCにインストールして使います。

 

Q. Photoshopしか使っていないのに、Creative Cloudの全部入りに加入しないといけないの?
A. いいえ。単体製品のみ必要の場合は、単体サブスクリプションをご利用いただけます。ただし、Creative
Cloudに加入していただいた方が、より多くの製品サービスがご利用いただけて割安です。

 

プロフォトグラファーの方には、Creative Cloud メンバーシップ(全部入り)であれば、Lightroomも使えます。
オンライン上のCloud ストレージも有効活用できますね。

 

Q. Creative Cloudだと、最新版がでたら「強制的」にアップデートされちゃうの?
A. いいえ。メンバーに提供されるデスクトップ製品アプリケーションの新しいバージョンについては、
必ずしもインストールする必要はありません。有償メンバーシップが有効な限り、お使いのバージョンを継続
して使用いただけます。新しいアップデートのインストールはいつでもお好きな時に実施していただけます。

 

ポイントとしては、Creative Cloudでは「CS6以降のアプリケーションが、いつでも全て使えるサービス」。
Creative Cloudに加入すれば、CS6を最も古いバージョンとして、どのバージョンにも、いつでもさかのぼって
ご利用いただけます。

 

ここまでは、Creative CloudのFAQにも掲載されています。他の質問・疑問に対する回答もあります。必読ですね。
http://www.adobe.com/jp/products/creativecloud/faq.html

 

そしてこれからは、私がお問い合わせを頂いた件についての回答です。

 

Q. いつPhotoshop CS7がでるの?
A. でません。最新版のPhotoshopは、「Photoshop CC」として、Creative Cloud限定での提供方法となります。

Q. いつPhotoshop CS7 Extendedがでるの?
A. でません。Photoshop CCに統合されました。

Q. では、いつCreative Suite 7がでるのでしょうか?

A. だからでません!でもいきなりサブスクリプションへの移行は難しい、というご意見も理解しています。
その様なお客様にはCreative Suite 6が引き続きESDやライセンスプログラム(TLP/CLP)で入手可能です。
でも、最新版がやはり便利なのは周知の事実ですよね。早めにサブスクリプション、そしてCreative Cloud
導入をご検討ください。

 

バージョン番号で販売していたPhotoshopから、統合パッケージのCreative Suiteで販売開始時に、
「Photoshop CS」という名称で販売開始しました。結果、エンドユーザー様が混乱をしていた事を
明確に記憶しています。そして最近Photoshopを使い始めた方にも、同様の違和感があるかもしれません。
が、最新版はCreative Cloud限定提供なので、今後はPhotoshop CCという名称になる、
ということになります。はやく新しい名前に慣れてくださいね。

 

Q. Photoshop CCが将来アップデートされた時、名称はPhotoshop CC2になるの? 今後どうやって
バージョン管理をすればよいの?
A. 将来の話は約束できないので、控えさせて頂きます。が、クラウドでのアップデートなので、「CC2」
といったバージョン表記の可能性は少ないです。
そこで、私としては別のバージョン番号の管理をお勧めします。
アプリケーションメニューにある「Adobe Photoshopについて」を選択し、スクリーンショットを表示します。
Photoshop CS6であれば「バージョン13.x.x」、Photoshop CCでは「バージョン14.x」の記載があります。
このバージョン番号を気にしておくと、今後Photoshop CCの管理も楽になるかもしれませんね。

SplashScreen

 

最後まで熟読いただいた方に、ボーナス(?)知識です。Photoshopの場合、このバージョン表記には理由があります。
Photoshop CS6を例にとって紹介したいと思います。

例:バージョン 13.1.2 x64
13 (整数部分):いわゆる「メジャーアップデート」。ここがバージョン番号となります
1 (小数点一桁):「アップデート」。Creative Cloudで追加機能がある場合、この数字が変わります。
2 (小数点二桁):バグフィックス系「アップデート」。出荷後の不具合が発見された時にこの数字が変わります。
x64:64bitモードでアプリケーションが動いています。

 

さて、如何でしたでしょうか?
長文の熟読、ありがとうございます。Photoshop CC発表後の、よくある質問と回答の話でした。

>>> Photoshop CCの製品情報はこちら
>>> Photoshop CCの購入ガイドはこちら

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。