11/28(火)開催!クリエイターの祭典、Adobe MAX Japan 2017参加登録を開始 #maxjapan

BY 公開

昨年、2,000人以上の来場を記録し大好評だったクリエイターの祭典、Adobe MAX Japanが11/28(火)パシフィコ横浜に帰ってきます!開催まであと2カ月となり、本日より参加登録受付が開始されましたのでぜひご登録ください。

3つのテーマ「Inspire」「Learn」「Connect」による3部構成イベント

今年も「Inspire – クリエイティブな刺激」をもたらすKeynote、「Learn – 刺激をカタチにする」各種セッション、「Connect – クリエイティブな出会い」をつくるBeer Bashによる3部構成となっています。また、巨大な会場内で最後まで楽しく過ごせる展示ブースや工房なども盛りだくさんです。

Keynoteで「Inspire – クリエイティブな刺激を」

Keynoteでは、米国アドビ システムズのデジタルメディア事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるBryan Lamkin(ブライアン ラムキン)がアドビの未来を語り、製品担当者たちが刺激あふれる最新機能についてデモを交えて紹介していきます。ぜひお見逃しなく!

MAX Japan 2016 Keynote

セッションで「Learn – 刺激をカタチに」

セッションは、前日のプレカンファレンスを含め、42のセッションの中から選択できます。最先端クリエイターの活用術や、アドビの製品担当者による最新情報などご希望の分野のセッションをお選びください。実際に操作を学べる有料ワークショップは、初心者向けから最新ワークフローの体験までバラエティ豊かなラインナップとなっています。ワークショップは先着順のため、ご興味ある方はお早めにご登録をお願いします。

MAX Japan 2016 Session

Beer Bashで「Connect – クリエイティブな出会いを」

イベントの締めくくりとなるBeer Bashでは、さまざまなバックグラウンドを持つクリエイターとの新たな出会いが得られる時間です。また、昨年好評だったSneak Previewでは、今後の製品に搭載されるかもしれない機能など、アドビが開発中の最先端技術をいち早くご覧いただけるまたとない機会ですので、こちらもお楽しみに。

MAX Japan 2016 Beer Bash

このほか、スポンサー各社によるランチセッションやIllustrator30周年記念展示「Illustrator30_30」Creative Cloudのエキスパートによる相談コーナーやアドビ工房、オリジナルグッズを販売するMAX Storeなど、盛りだくさんの内容となっています。また、会場であなたの作品が投影される事前応募キャンペーン 「MAX CHALLENGE」も開始しています(10/22締切)。

今後もMAX JapanサイトCreative Station blogで最新情報をお届けしていきますので、ぜひ開催当日までチェックしてください!

公式ハッシュタグ #maxjapan

  TAGS

  AUTHOR

Keisuke Todoroki

アドビ システムズ 株式会社 / デベロッパーマーケティングスペシャリスト。 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野で J2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビシステムズ入社。 アドビのWebツール全般のマーケティングを担当。