初のハワイ開催!Creative Jam in Honolulu レポート

BY 公開

3月、日本でも開催されたCreative Jam。世界の各都市で行われているこのイベントが、初のハワイ開催!ということで4月7日、ハワイ在住のクリエイターさんたちと大いに盛り上がってきました!

maequee_v2

Creative Jamの概要について今一度…
2人1組のチーム(Jammer)が、当日出題されるお題に沿ったクリエイティブを3時間の制限時間内に作成し、プレゼンし、審査員とお客さんにジャッジしてもらいます。作品は”Visual”と”Motion”の2種類。世界共通のルールです。

ハワイといえば、たくさんの旅行客を迎える観光地ですよね。たくさんの人が「もう一度訪れたい!」と思う美しい場所。そこで生活をしているクリエイターからどんな作品が生まれてくるのか、とても楽しみです。

2016.04.07_adobe-14 2016.04.07_adobe-6 2016.04.07_adobe-20 2016.04.07_adobe-25

2016.04.07_adobe-189_720
Megan Kirkwood (Sr. Program Mgr. Creative Cloud) & Jasper Wong (Founder of POW WOW Worldwide)
2016.04.07_adobe-29
Photo by Jonas Maon

イベントが行われたのは、POW! WOW! の所有するコーワーキングスペース、Lana Lane Studioです。ハワイの空気が自由に流れるような、雑多で生き生きとしたアーティスティックな空間!『POW! WOW!』 はハワイを拠点とするストリートアートの集団で、ミューラル(建物などに描かれる壁画)によってアートシーンと地域経済の活性化を目指すことをコンセプトに活動しています。日本にもコミュニティがあります。チェックしてみてください! POW! WOW! JAPAN

logo

2016.04.07_adobe-67

2016.04.07_adobe-62

2016.04.07_adobe-48

2016.04.07_adobe-117
Photo by Jonas Maon

創作意欲の湧き上がる空間に300名以上の地元のクリエーターさんが遊びに来てくれました。 Jammerは全部で13チーム、全27名。日本開催と同様、VisualとMotionチームに分かれます。今回のお題は…

Wish You Were Here(ここにあなたが居てくれたらいいのに)

『あなたと、今この時間を共有したい!』というニュアンスで使われるこの言葉をテーマにそれぞれの解釈で作品を3時間で制作します。いざスタート!!

2016.04.07_adobe-42

2016.04.07_adobe-1 2016.04.07_adobe-43 2016.04.07_adobe-45 2016.04.07_adobe-53

2016.04.07_adobe-55
Photo by Jonas Maon

3時間のJammingが終了し、作品が完成しました。完成した作品は、Behanceページに公開されています。ぜひご覧ください!

 

アートワークの精度の高さもさることながら、ハワイ在住のクリエイターならではの視点が現れている作品もあり、とても興味深い仕上がりです。いくつか取り上げてご紹介します。

Team Middle Management
必要な時に限って手元に無いもの。例えば充電ケーブル…こんな時、まさに『Wish You Ware Here』あなた(ケーブル)がここに居て欲しい! そんな満たされない気持ちになったら、このサイトに訪れて!というコンセプトで制作されたWebデザイン。(レスポンシブ対応もバッチリです)
スクリーンショット 2016-04-18 19.26.00
こちらはモーションチームの作品。Behanceページから動画をご覧いただけます。先日リリースされたばかりのAdobe XDAdobe Experience Design)を使い、新しいコミュニケーションの方法を提案してくれました。
Team Phantom Artist
ハワイは日本とのつながりが深いこともあり、日本人や日系人も多く生活しています。日本を懐かしく思うことも多いようです。記憶を辿る時、特に「嗅覚の記憶」は鮮明と言われています。例えばできたてのお味噌汁の匂い。仏壇の前のお線香の匂い。日本に咲くの花の香り…日本への思いを強く感じる作品です。
Team Lifted
“Wish You Ware Here”は、よく旅先から便りを出す際のポストカードに使われている言葉でもあります。ハワイといえば、時間が穏やかに流れていて…(いやいや、朝のラッシュ時は大渋滞です!)海が綺麗で…(普通にサメもいますけどね!)。旅行者が美化したハワイのイメージを、うまく皮肉ったポストカードです。
Wish You Ware Here !!!(背中がかゆいとき)
Wish You Ware Here !!!(不揃いなとき)

分かる分かる!!と声が出てしまいそうに、共感できる作品です 笑
繰り返しですが、これらの作品はストーリー立てから制作まで3時間で作成されたものです。全ての作品はBehanceページから。

 

2016.04.07_adobe-121 2016.04.07_adobe-122 2016.04.07_adobe-137 2016.04.07_adobe-120

2016.04.07_adobe-125
Photo by Jonas Maon

今回ホノルルで行われたCreative Jamは、月5~6回のペースで、世界中のどこかで開催されています。現地のクリエイターの作品に触れることも貴重な機会ながら、こうして国は違えど ” 同じルールの中での興奮 ” を共有できることの面白さや、その国(地域)ならではの視点を垣間見ることができるのも醍醐味です。

 

受賞者の皆さん。おめでとうございます!Behanceページでは、彼ら個々の活動のポートフォリオを見ることもできます。ぜひ覗いてみてください。

今回私はひとりで司会をしていたのですが、お客さんのレスポンスの良さに、いち参加者として楽しんでいる自分がいました。今回、会場を貸してくれた POW! WOW! の皆さんも「自分たちが主催ではないイベントで、こんなに盛り上がったのは初めて」と太鼓判を押してくれたのが何より嬉しかったですね。今後も世界を股にかけて開催していきますよ!各地のクリエイターを巻き込み、繋げていきます。

2016.04.07_adobe-23
Photo by Jonas Maon