CREATIVE CLOUD 道場       LIVE NOW

連載  /  

Inspiration on Behance -日本クリエイター名鑑 Exhibition Galleryレポート

BY 公開

photo: Taio Konishi Photography

2017年1月27日(金) と28日(土)の二日間にわたり、東京・渋谷のHOLSTER Galleryにて開催されたイベント「Inspiration on Behance -日本クリエイター名鑑 Exhibition Gallery」。

Adobe Creative Cloud のFacebookページにて、2015年より “Inspiration on Behance” としてBehanceクリエイターをご紹介してきましたが、このイベントではオンライン上だけで紹介してきたアーティストの作品がリアルに登場!というコンセプトのもと、渋谷の HOLSTER Galleryにて合同展示を行いました。

それでは当日の様子をレポートします!


ギャラリーのドアから入ると、、


会場の中心には、巨大なBeマーク!


こんな感じの記念撮影スポットに


壁面には、これまでにご紹介してきたBehanceアーティストの作品が飾られています。


立体的なカンバスに、Behanceアーティストの作品をあしらいました。


作品制作のために使用したツールや、アーティストのプロフィールをわかりやすくご紹介。


Kahori Makiさん


Baku Hashimotoさん


スクリーンの中から渋谷に飛び出した!ということで立体的な展示に。

Behanceアーティストの皆さんにもご来場いただきました。素敵な作品を作られているアーティストさんと実際にお会いできるのはうれしいですね。


Takao Nakagawa
さん


Ryo Asakura
さん


Ryogo Toyoda
さん


Koyuki Inagaki
さん


Asuka Watanabe
さん

 

■Behanceを触って試せるブース

また、実際にBehanceクリエイターを検索したり、登録できるブースも。

■トークイベント

会場では、展示だけではなく、ゲストをお迎えしてクリエイティビティについて考えるトークイベントも開催されました。

初日の27日(土)には、「絵を描いて生きていくこと」をテーマに、ゲストに白根ゆたんぽさん、師岡とおるさん長嶋五郎さん水野健一郎さんをお迎えしたトークを開催。


左からモデレーターの齋藤あきこ、ゲストの白根ゆたんぽ、師岡とおる、長嶋五郎、水野健一郎

絵を描いて生きていきたい。そう思っている方は多くても、実際にどんなきっかけがあればイラストレーターやアーティストとして活動できるのか?など、第一線で活躍されているアーティストの皆さんに直接聞いてみる、貴重なトークが繰り広げられました。


4者4様の、ユーモアたっぷりのコメントに会場は感心したり爆笑したり、大盛り上がり。お客様からのQ&Aも活発に行われました。見逃した方は期間限定のアーカイブをどうぞ!

28日には、塩谷舞さんがモデレーターをつとめるトークセッションシリーズを開催。


塩谷舞さん

まずはCreative Cloud エバンジェリストの仲尾毅さんが登場。Behanceの活用法を手取り足取り教えてくれるレクチャーが行われました。アーカイブはこちら


続いては、Behanceクリエイターの出会いの場であるリアルイベント「PORTFOLIO REVIEWS」を開催されてきた、Behance Japan Tokyo Community 代表のHideji Teradaさん(写真左)、Maykol Medinaさん(写真右)が登場。

参加したクリエイターがポートフォリオを持参し、一般参加者や専門家に意見をもらうというBehanceアーティストのいわばオフ会のような「PORTFOLIO REVIEWS」の歴史を語って頂きました。過去の開催については公式サイトにて公開されています。トークのアーカイブはこちら

続いては、CDや、レコードジャケットなどのパッケージにイラストレーション作品を提供している作家を招聘するコンペティション「MUSIC ILLUSTRATION AWARDS」のキュレーター落合恭介(Ambassa)さんとのトーク。仕事を頼もうとするクライアントは、ポートフォリオのどんなところを見るの?クリエイターにとってマネージメントは何をしてくれるの?など、クリエイターが活動するときの実際の疑問にお答えするトークでした。アーカイブはこちら

 

そして最後は、Behance上で絶大なビュー数といいね!数を誇るアーティスト、イラストレーターの井筒啓之さんをゲストに迎えたトーク。塩谷さんとAdobe Creative Cloud エバンジェリスト仲尾毅さんが、井筒さんのBehance活用法をインタビューします。新聞の連載やANAの「翼の王国」、また浅田次郎著「鉄道員(ぽっぽや)」、酒井順子著「負け犬の遠吠え」などのベストセラーの装丁などを手がける巨匠、井筒さんがBehanceを使う理由とは…?!


そしてトーク中に、井筒さんが最近購入したiPadとApple pencil、Adobe Photoshop Sketchを使ったライブ・ドローイングを披露してくださいました!


こちらが、井筒さんがAdobe Photoshop Sketchで以前描いたドローイング。ライブドローイングも視聴できるアーカイブはこちら

などなど、充実した二日間となった「Inspiration on Behance」 ギャラリー展示。ただいま、ご来場者様に向けてアンケートを実施中です。アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で「Inspiration On Behance」Tシャツまたはオリジナルキャンディのいずれかをプレゼントさせていただきます。(所要時間:5分程度) 回答はこちらから!↓

▼Inspiration On Behance ご来場者様アンケート
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSf6rsqst_q1VTwy-m…/viewform

引き続き、Inspiration on Behance Behanceプロジェクトは下記Behanceページに更新していきます!お楽しみに。

■Inspiration on Behance
https://www.behance.net/collection/134642283/Inspiration-on-Behance

 

  TAGS

  AUTHOR

齋藤 あきこ

宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。