連載  /  

Inspiration on Behance | 日本のクリエイター名鑑 Vol.11 グラフィックアーティスト:SALOTEZUMO

BY 公開

世界最大級のオンライン ポートフォリオ サービス、「Behance」。グラフィック、イラスト、3DCGなど、さまざまなジャンルのクリエイターが登録し、自身の作品をプレゼンテーション中。クリエイターもクライアントもワールドワイドなだけに、海外からのオファーがあることも。この連載では、日本で「Behance」を活用しているクリエイターをご紹介していきます!

本日ご紹介するのは、アーティストでありデザイナーの SALOTEZUMO(サロテズモ)さん(https://www.behance.net/okanokazukcbed)。トレードマークの眼のキャラクターなど、独特な世界観のアートワークをアパレルブランドやCDジャケット、広告などで展開されています。


ULTRA-BLUE-ZINE

ーまず、SALOTEZUMOとは何ですか?
SALOTEZUMO: SALOTEZUMOは、アーティストでありデザイナーとしての私個人の名前になります。元々、制作活動をしていた中で、なにか作家としての名前がほしいなと思っていたところ、夢の中で、SALOTEZUMOという単語を聞き、それがとても印象的で調べてみたところ、特にこれといった意味をもたない言葉だったのですが、感覚的に魅力を感じました。そしてその出来事は、自分の理想とする表現と重なる部分があると思い、自らの名前とすることにしました。


ULTRA-BLUE-ZINE

ーご自分でも思い入れのあるプロジェクトは?
SALOTEZUMO: 今年から、渋谷にあるsAagara SHOWROOMにてスタートした”UNTITLED”というグループアートショーの企画です。企画の立ち上がりのタイミングから関わることができ、内容としてもおもしろいものになったかと思います。

GROUP ART SHOW “UNTITLED” / PAINT ON DENIM

ーBehanceを使い出したきっかけは?
SALOTEZUMO: 以前から他のSNSを通して自分の作品にリアクションをもらうことが有り、おもしろいなと思っていたところ、Behanceの存在を知り、クリエイティブに特化しているということで、その中での新たな広がりがあればよいなと思い、使いはじめました。

ーBehanceに登録する際のTipsなどがあれば教えてください。
SALOTEZUMO: タイトルの表記の仕方や掲載するイメージのサイズ感など、自分の中でルールを定めて全体の雰囲気を合わせるようにしています。

ーBehanceで良くチェックしているクリエイターがいたら教えてください。
SALOTEZUMO: 特定の誰かのページをよく見るというよりは、その時の気分でタグを追って面白い作品を発見する様な使い方が多いです。

ーアドビ製品を活用したBehance作品がありましたらお教えください。
SALOTEZUMO: YOKAというファニチャーブランドとコラボレーションした際のアートワークは、Illustratorを使用し制作しました。現在は主にIllustratorとPhotoshop CCを使用しています。


EYE & BLOCK PANEL CHAIR / COLLABORATION WITH YOKA

ー音楽やアパレル関連のお仕事を多くされていますが、どのような理由からでしょうか?
SALOTEZUMO: 私の作品は、抽象的な表現の作品が多いので、アパレルや音楽などニュアンス的なイメージを必要とするものとの親和性が高い部分があるということと、自分自身、それらの事柄に関心が強いということがあると思います。音楽に限らずですが、クライアントワークの際には、その相手や対象物のイメージを汲んだ上で、オリジナルの表現を追うようにしています。

ーストリートアートと現代美術など、SALOTEZUMOの作品世界のバックグラウンドについてお教えください
SALOTEZUMO: 元々、洋服や本の中のグラフィックなど、当時の自分にとって身近なものに落とし込まれた表現に魅力を感じ、それらを掘っていく中で自身も発信する側となり、ストリートアートや現代美術につながっていったという感じでしょうか。


”HILLS ZINE MARKET”

ー何か告知されたいことがありましたら!
SALOTEZUMO: 現在、六本木ヒルズ3F アート&デザインストア内 A/Dギャラリーにて開催される“HILLS ZINE MARKET”に新作のZINEと、プリント作品を出品しておりますので、ご興味ありましたらお越しいただければ幸いです。

SALOTEZUMOさんが参加されている”HILLS ZINE MARKET”は、ほか伊藤桂司(UFG)、ENLIGHTENMENT / 、河村康輔、白根ゆたんぽ(yuroom)、田島一成、ヒロ杉山らが参加。六本木ヒルズA/Dギャラリーにて2017年1月15日(日)まで!詳細はこちらから。


SALOTEZUMO:
https://www.behance.net/okanokazukcbed
http://www.salotezumo.net/

  TAGS

  AUTHOR

齋藤 あきこ

宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。