連載  /  

#Illustrator30_30 #Ai30th 記念連載 | Vol.3 イラストレーター majoccoさん

BY 公開

photo: Taio Konishi Photography

いまやデザインに欠かせないツールとなったAdobe Illustrator CC。1987年3月19日に初めてPostScript専用ベクターツール「Adobe Illustrator 1.0」がリリースされて30年。いまでは世界中で、毎月1億8000万点以上のグラフィックがIllustratorを使って作成されています。

本企画「Illustrator30_30 (イラストレーター サーティー サーティー)」は、Illustrator30周年(#Ai30th)を記念して、さまざまなジャンルでIllustratorをクリエイティブの味方として活用する、30代までの若手クリエイター30人を連載でご紹介します。本企画では、クリエイターのみなさんのポートレートを撮影し、その上に自由にイメージを描いていただくビジュアル・コラボレーション「#Illustratorと私」も毎回お届けします。インタビューと合わせてお楽しみください。

「実際よりちょっと親切な自分を描きました。」by majoccom

第3回にご登場いただくのは、イラストレーターの majocco(まじょっこ)さん。広告からグッズ制作、テレビのセット、キャラクターデザインまで、幅広い分野で活躍されています。日本の若い女性たちの声を代弁するかのようなイラストとメッセージが多くの共感を集め、TwitterなどのSNSでも人気に。そんな majocco さんとIllustratorの関係とは?

ーークリエイターになったきっかけは?
majocco:とにかく絵を描くことが上手くなりたかったんです。やっぱり売れている作家さんは上手いと思うし、絵で人を喜ばせたり役に立ったりできるってすごくことですから。わたしの中には、死ぬまでに、もっと上達したいという強迫観念にも近いものがありました。そのためには仕事にしてしまうのが一番だと思ったんです。生活がかかった状態で真剣に考えて描くのが一番上手くなれるので。

ーー影響を受けたアーティストは?
majocco:もちろん絵やアニメ、漫画は子どもの頃から大好きで、2、3歳ぐらいからディズニーの白雪姫やシンデレラを見てきれいだなぁとは思っていたんですが、「ミスタードーナツ」の箱に描いてある絵(原田治さん作)みたいに、誰でも知っている絵を描きたいと思い続けていました。それで東京に行けば絵を仕事にしたいと思っている人たちに会えるし、仕事もあると思ったので、仙台から東京の多摩美術大学に進学しました。

ーーお仕事を始めたのはいつからですか?
majocco:大学在学中からお仕事を受けるようになって、卒業後はフリーランスになり、フリーのイラストレーターとして活動しています。地方から上京してきた何のコネクションもない私が「描きたい!」という思いだけでフリーのイラストレーターになってるって、常識ではありえない、ありがたいことですよね。

majocco さんのアトリエにて

ーーデジタルで絵を描き始めたのはいつ頃でしたか?
majocco:中学生の頃です。「キッドピクス」というお絵かきソフトやオンラインの「お絵かき掲示板」で描いたのが初めてでした。最初に使ったアドビ製品は「Adobe Photoshop Elements2」お年玉貯金を崩して、Macとペンタブレットを買ったらついてきたんですよ。「なんて面白くてスゴイものがあるんだ!」と感動しました。

ーー現在の制作環境は?
majocco:Photoshop CCとIllustrator CCを併用しています。まずアナログで線を引き、スキャンしてPhotoshopかIllustratorで加工することが多いですね。

拡張性のある仕事はIllustratorで



テレビ朝日「余計なお世話かもしれませんが…」キャラクター

ーーどんなところにIllustratorのメリットを感じますか?

majocco:大きく印刷する時やアニメーションにする時など、拡張性があるものは、Illustratorを使っています。この間テレビ朝日の「余計なお世話かもしれませんが…」という番組(2017年3月10日放送)のメインビジュアルやセット、ロゴ、キャラクターデザインを作らせて頂いたのですが、その時はセットに使ったり、アニメーションにしたり、様々なフォーマットで使われるものだったので、素材のほとんどをIllustratorで作っています。美術スタッフの方が私の描いたメインビジュアルをもとにセットを作って下さいました。

テレビ朝日「余計なお世話かもしれませんが…」番組セット

 

ーーご自身の描いた絵がテレビのセットになるというのは面白いですね。
majocco:
美術さんてすごい!と思いました。その時は2月の中旬にお話を頂いて3月10日に放送だったので、ラフを提出する時間もありませんでした。メインビジュアルは渋谷の風景なんですけれど、制作スタッフの方がロケハンに行って写真を撮ってきてくださって、その写真からメインビジュアルの背景を起こしています。この絵は後からアニメーションにするかもしれないと言われたので、オブジェクトをひとつひとつレイヤー分けして描きました。

テレビ朝日「余計なお世話かもしれませんが…」メインビジュアル

ーー岡崎体育さんなど、登場するタレントさんのキャラクターもデザインされていますね。

majocco:いくつかのデザインから、CG担当の方がアニメーションにして下さいました。番組中に使われている動画のエフェクトも、私の絵から作られています。



テレビ朝日「余計なお世話かもしれませんが…」岡崎体育さんをイメージしたメインキャラクター

ーー短い制作期間で多様な展開があるんですね。

majocco:制作期間が短いのはいつもです。特急案件対応します(笑)。そうやって対応できるのは、IllustratorとPhotoshopがCCになって進化したことが大きいですね。特にフォントをいじっても落ちなくなったのはすごく助かっています。ライブトレース機能も改善されてよりなめらかに、手癖が残る感じでトレースしてくれるようになったので、いつも「すげー!」と思いながら描いています。

 

ーーIllustrator Drawは使われていますか?

majocco:最近使い始めたばかりです。iPad Proだから持ち運びできるし、描きやすいし、すごく便利ですよね。ベクターデータで納品する時には、手書きで描いた絵をライブトレース機能を使ってトレースしているんですが、最初からベクターでパっと描けてしまうので、すごく楽になると思います。データも軽いし。iPad Proは充電が長持ちするのもいいです。

グッズはセルフプロデュース


大森靖子

ーーmajoccoさんはグッズも多く手がけられていますね。

majocco:自分でグッズを作っていたのは中学生の頃から。お小遣い稼ぎがしたくって、地元の同人誌即売会でオリジナルのポストカードやグッズを作って売っては画材を買う、ということを繰り返していました(笑)。大森靖子さんのグッズは、Tシャツやタオルなど、色々作らせていただいています。Illustratorは瞬時にサイズや色を変えたりできるので、グッズを作る時にも便利です。



大森靖子☓majocco

ーーsuzuriなどのオンラインで販売されているご自身のグッズは?

majocco:以前、一週間ぐらいぽっかりスケジュールが空いた時に、自分のものを作ってみようと思ったのがきっかけです。いわゆる「F1層(10代後半から20代の女性)」に受ける仕事がしたかった。それで彼女たちに響くものは何だろう?と考え、それぐらいの女の子たちが悩んでいることとか、ちょっと元気が出たりしそうなポエムっぽいものも添えたイラストをSNSで発表して、グッズを作りました。



majoccoさんのイラストを使ったオリジナルグッズ

ーーかなり練りこまれたセルフブランディングですね。

majocco:販売方法も自分で考えて、iPhoneケースやノートを作ってSUZURIというサイトで売ってみました。そうしたら、それが結構ヒットしてくれて。最近は人生相談もよく受けます(笑)。他には“東京を好きな色に塗り替えてほしい”というコンセプトの塗り絵ブック「HANDMADE・TOKYO」も出版しました。

ぬりえブック「HANDMADE・TOKYO」

ーーさまざまなジャンルの仕事を手がけられていますが、majoccoさんがイラストを描く上でテーマにされていることは何でしょうか?

majocco:ポップやおしゃれってどういうことか、をいつも考えています。私はもともとガチオタなので漫画しか読んでこなかったんですけれど、クリエイティブ系の仕事をしてる人ってカルチャーに対する欲がすごいですよね。私もがんばらなきゃと思って大学の時から映画を見始めて、当時は1年に200~300本ぐらい見ていました。かっこいい言葉やファッションは、映画や漫画から学んだところがありますね。やっぱりいいものを見て感動しないと描けないことってあると思うので。

ーー創作のために、普段の生活で気をつけていることはありますか?

majocco:人が考える「親切」というポイントがわかるようになりたいと思っています。例えばデパートの店員さんがお客様に安心感や清潔感を与えるために肩にかかる髪を結んだり、ウェイトレスさんがマニキュアをしないことも、受け取る人のことを考えた「親切」です。売れているクリエイターも同じで、受け取る人の事を考えて、自分がどういうところにはまるをちゃんとわかっていて、わかりやすく、親切に提示している。私の作品もそうでありたいんです。描いているモチーフが奇妙だったり、滑稽であったとしても、美しくないものすら美しく見えるようにアウトプットして、見る人に「ああ、いいね」と納得してもらいたい。そういうものを作れるようになりたいと思っています。

ーーこれからのクリエイターに必要な事は何だと思いますか?
majocco:私たちの世代は今ある情報に満足してしまって、カルチャーのルーツを掘らない人が多いんですけれど、私はルーツを知りたいと思っているし、10代や20代の女の子たちにももっとルーツを知ってもらいたいと思います。それで昔の文学作品をモチーフにした絵をTwitterに投稿してたくさんリツイートして貰ったりしているんですけれど、その本を買ってくれたのかな、というのが心配なんですよね。読んで!見るだけで満足しないで!みたいな。

ーーそこまで考えているんですね。
majocco:イラストレーターの至上命題って、たとえば本のビジュアルだったら「この本はこのように良いですよ」ということをわかりやすく提案して、もともと興味がなかった人にも興味をもって貰えたりすることだと思うんです。実際に読んで貰えてなかったとしたら、ちょっと負けなんですよね。Twitterでバズって本が売れるというところまで、セットでできるようになりたい。そのためにも、「ポップ」や「おしゃれ」を知っていることは重要ですね。

ーー座右の銘を教えてください
majocco:「わたしはあなたにふさわしい」。私の誕生花の白薔薇の花言葉なんです。「私はお前にふさわしい」というとおこがましい感じですけど、あなたにふさわしいと言えるように頑張ろう、というスタンスで。絵を描く時も、そう言えるようにちゃんと頑張ろうと思ったりしています。

majocco
http://majocco.info
https://www.instagram.com/majoccomm/
1991年7月17日ばらの日生まれ。仙台出身、東京都在住。多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒業後、広告やグッズ、CDジャケット、雑誌、テレビ制作などなんでもイラストレーターとして活動。

「実際よりちょっと親切な自分を描きました。」by majoccom

本企画「Illustrator 30_30」では、イラストレーター愛あふれる30代までのクリエイターの情報を募集しています。自薦/他薦/ジャンルは問いません。Illustrator CCを使って、さまざまなクリエイティブ活動をされている方はぜひ @creativecloudjp に【お名前、作品、Illustrator歴、ポートフォリオのURLなど】をご連絡ください!

  AUTHOR

齋藤 あきこ

宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。