Adobe MAX

#AdobeMAX いよいよ来週開催 @nobi @fladdict @kazuch0924 も参加!2017年のMAX Insidersを紹介 #AdobeMAXJP

BY 公開

毎年恒例となったクリエイティブの祭典「Adobe MAX」。世界62か国から12000人のクリエイターたちが、アドビの最新情報を求めて10月16日から20日までラスベガスに集結!

アドビのエグゼクティブや製品エバンジェリストらによるキーノートから、「アイアンマン」「アベンジャーズ」シリーズの監督兼俳優であるジョンファブローや、大ヒット曲「Uptown Funk」で知られるミュージックプロデューサーのマークロンソンなど、一流のクリエイターによるインスピレーショナルなトーク、また、アドビの最先端技術のチラ見せ「Sneaks(スニーク)」、クリエイティブツールのエキスパートによる300を超えるハンズオンセッションなど盛りだくさんの内容が予定されています。

そのAdobe MAXに日本から参加する「MAX Insiders 」として、ソーシャルメディアインフルエンサーや若手アーティストの8名をアドビは招待しています。彼らがブログやYouTube、Twitterなど、さまざまなメディアからAdobe MAXの情報を速報でお届けします。それでは、参加されるMAX Insiders(順不同)をご紹介します。

https://twitter.com/nobi

林信行
@nobi さんことソーシャルインフルエンサーの林信行さん。アドビ製品のお気に入りは「Adobe Stock」(一番恩恵を受けているサービスだそう)。アプリは、オーディオ編集ソフトのAudition。Adobe MAXで楽しみにしているのはクリエイターによる基調講演だそう。「2年ほど前からプロクリエイターの制作プラットフォームがどんどんモバイルに移行している。今年 #MakeItOnMobile がさらにどこまで進むかが楽しみにしています!」とコメント。ラスベガスの会場から速報で届けられる @nobi さんのツイートに注目しよう。

https://twitter.com/fladdict

深津貴之
UI/UXデザイン界にこの人あり!リツイートされるとサーバーが落ちるという絶大な影響力がある @fladdict こと深津貴之さんが初めてAdobe MAXに参戦。お気に入りの製品はPhotoshopIllustrator、XD。楽しみにしているセッションはAI(人工知能)関連。「AI企業としてのアドビにとても期待してます。ほかのプレイヤーとはまったく異なった角度から、提案される新しい画像認識のAIが発表されるか注目しています!」と語る、深津さんが見るアドビの現在と未来は!?

https://www.youtube.com/user/kazuch0924

カズチャンネル
100万フォロワーを誇る福井弁なまりの人気YouTuber。カズチャンネルさんが初Adobe MAXに参加します。普段からAdobe Premiere Proで動画を編集して番組作りをしている、カズチャンネルさんが見るアドビの最先端の技術とは!?お気に入りの製品はPhotoshop。初めての参加なので全部のイベントを楽しみにしているそうです。「会場の楽しい雰囲気を視聴者さんに届けるぞ!」と意気込んでいます。

https://www.youtube.com/user/drikin

drikin
サンフランシスコ在住のソフトウェアエンジニア。三年連続Adobe MAXに参戦!ガジェットを自腹で散財しつつ日々の生活を動画で発信するYouTubeチャンネル「DRIKIN VLOG」や、ネット業界で人気のポッドキャスト「backspace.fm」を運営。お気に入りの製品はPremiere ProとAudition。注目のセッションは「Premiere Proをはじめとする動画編集ツールの進化」とのこと。意気込みは、「YouTuberの大先輩であるカズチャンネルさんと一緒に参加できるということで、今回かなり気合が入ってます。リスナーのみなさんが、次はAdobe MAXに参加してみたい!と思えるようなレポートができるようがんばります!」

https://twitter.com/kobaka7

こばかな
UI/UXデザイナーのこばかなさんは、Adobe MAXはもちろん海外のイベントは初参加。UI/UXを図解するイラストのTwitter投稿 #kobaka7_sketch が人気のクリエイター。お気入りの製品は、高校生の時から使っているPhotoshop。「日本のデザイナー陣が興味持っていただけるように頑張ります。」Adobe MAXも、こばかなさんの図解でわかりやすく解説してくれるはず!

https://twitter.com/rin_shimohama

下浜臨太郎
「のらもじ発見プロジェクト」や、「INDUSTRIAL JP」などを手がけるクリエイターの下浜臨太郎さんが初参加。お気に入りの製品はIllustrator。Ai30周年記念のブログ連載「#Illustrator30_30」にも登場。「アドビがどんな会社なのか実は実態をぜんぜんつかめてないので、それも体感したい」と語ります。「アドビのクリエイティブツールがあるおかげで、今を生かされているといっても過言ではないので、常に感謝の気持ちを忘れずに参加しようと思います」。

http://akinorigoto.tumblr.com/

後藤映則
“toki-“シリーズで知られるメディアアーティストの後藤映則さんがAdobe MAX初参加。アメリカに住んでいたときに言葉が通じない思いをしたことが、言葉がなくても伝わるアートを作るきっかけになったという後藤さんが、Adobe MAXでどんな体験をされるのでしょうか?お気に入りの製品は、「別にそんなに使えるわけではないのですが、なぜかAfter Effects好き」という。「世界最大のクリエイターの祭典ということで、どんなヤバい人と出会えるのか楽しみ」と語ります。#Illustrator30_30 にも登場。

https://twitter.com/takumatn

中田拓馬
#Illustrator30_30 にも登場したインタラクションデザイナーの中田拓馬さん。「過去バージョンも使えるCreative Cloudに今いちばん恩恵を受けている」という中田さん。世界中から集まるクリエイターとの交流会でいろいろな人と知り合って今後一緒にプロジェクトを進められるような仲間を見つけたいのだそう。「(海外生活で培った)語学力を活かして、多くの人とつながれるように楽しみたい!」とのこと。

ぜひ、みなさんのソーシャルアカウントをフォローして、MAX Insider独自の視点によるAdobe MAX速報をお楽しみください。アドビ公式Twitterアカウント@creativecloudjp @adobemax のフォローもお忘れなく!公式ハッシュタグは #AdobeMAX #AdobeMAXJP(日本語)です。また、世界中から招待されているMAX Insidersはコチラで紹介しています。

  TAGS

  AUTHOR

齋藤 あきこ

宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。