【#MotionPlusDesign 東京開催決定】世界各国から最前線で活躍中の奇才モーションデザイナーたちが渋谷に集結!

BY 公開

みなさん、こんにちは!
春を満喫していますか? Creative Cloud コミュニティーマネージャーの武井史織です。
昨年東京で初開催したパリ発祥の
モーションデザイナーの祭典、Motion Plus Design’s Meet Up Tokyo からあっという間に一年が経ち、またこの季節になりました。ADOBEは今年もグローバルパートナーとして主催のMotion Plus Designと連携し東京開催を実現です。(昨年のイベントレポートはこちら!)今年はさらにパワーアップし、世界各国から最前線で活躍中の奇才モーションデザイナーたちが渋谷に集結!

Motion Plus Design’s Meet-Up Tokyo 2017  ↑昨年の東京開催の様子

Motion Plus Designとは?

Motion Plus Designはフランスのパリに本社を置くモーションデザイン会社。2011年、タイトルデザイナーのKook Ewoによって設立された。一般の方々はもちろん、プロフェッショナル、そして学生まで幅広い層に様々なアーティストを紹介し、お互いを引き合わせるお手伝いをすることでモーションデザインアートの素晴らしさを世界中に伝えることが彼らの目標である。「モーションデザインとは何か」を紹介する映像がMotion Plus Designの初ヒットとなった。 (Motion Plus Design オフィシャルサイトより引用)

昨年のMotion Plus Design’s Meet Up パリ開催の様子
昨年のMotion Plus Design’s Meet Up パリ開催の様子

お申し込みはこちら→ www.motiontokyo.com

来たる東京開催の豪華なゲストスピーカーラインアップ!

昨年の東京開催では、アメリカからBeepleを迎えての開催でしたが、今回はゲストスピーカー8名を世界中から招聘しての開催となります!

Motion Plus Design’s Meet-up Tokyo 2018 – Trailer ↑今年の東京開催トレイラー映像

(Motion Plus Designのサイトより)
———————– ゲストスピーカー ————————

ゲストスピーカー#1 : MICHELLE DOUGHERTY ( LOS ANGELES )
ゲストスピーカー#2 : SOMEI ( SHANGHAI )
ゲストスピーカー#3 : CHRIS BJERRE ( SAN FRANCISCO )
ゲストスピーカー#4 : MANIJA EMRAN ( LOS ANGELES )
ゲストスピーカー#5 : ZAOEYO ( SHANGHAI )
ゲストスピーカー#6 : PETER CLARK ( SAN FRANCISCO )
ゲストスピーカー#7 : RAMA ALLEN ( NEW YORK )
ゲストスピーカー#8 : KYLE COOPER (LOS ANGELES)
ゲストスピーカー#9 : COLLIN WHITEHEAD & MICHAEL JETER

—————————– 詳細 ——————————-

当日、日本語同時通訳用のヘッドホンをご用意しております。

開催日: 201862日(土)
開場:9:30 ~
会場:
渋谷ヒカリエ 9階 ヒカリエホール
150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1
一般チケット : ¥7500
学生チケット : ¥3500
主催:Motion Plus Design
Global Sponsor : ADOBE 他
協力:東急電鉄 他
お申し込みはこちら→ 
www.motiontokyo.com

 

世界中からクリエイターが集結するWorldwideなクリエイティブ系イベントが日本で開催されるのは中々貴重なこと!
一昨年からサポートしているMotion Plus Design Meet Up が、こうしてパワーアップし、Communityの拡大にも繋がり、私もAdobe Community Mgr.として嬉しい限りです◎ ここからさらなる化学反応が生まれることも期待しています。
では、Worldwideなモーションの世界を会場で一緒に堪能しましょう!

  AUTHOR

Shiori Takei

◎ 武井 史織|Shiori Takei アドビのクリエイティブ製品Creative Cloudのコミュニティマネジャー。世界100都市以上で開催する延べ30,000人のクリエイターが参加するコミュニティーイベント『Adobe Creative Jams』のアジア開催を主宰。また、「デザインの力」と「地域活性」や「教育」を掛け合わせた課題解決型プログラム『Adobe Design Jimoto』を立ち上げ、各地域のクリエイティブコミュニティーや地方自治体と連携し、産業を横断したさまざまな場づくりを手がける。