連載  /  

Adobe Stock、世界中のクリエイターに新たな検索機能とエディトリアルコンテンツを提供開始 #アドビストック

BY 公開

2015年にAdobe Stockを開始して以来、アドビはいち早くコレクションを成長させることと、革新的なサービスを提供することに注力し続けてきました。Adobe Stockの素材が9,000万点を超えただけでなく、クリエイターのみなさまがどのようにAdobe Stockを利用されているかを深く理解した、信憑性が高いというだけでなく、説得力のある情報発信を支援するビジュアルコンテンツを提供することを心がけてきました。このたび、ストック画像の検索方法を刷新したこと、およびアドビの製品上から検索できるようにすることで、働き方の限界を押し広げることが可能になりました。

本日、アドビは、Adobe Senseiに基づく新しい検索技術である「絞り込みフィルター」と、ロイター、USA TODAY Sports、Stocksyとの新たなパートナーシップを発表しました。

Adobe Senseiが最適な画像の検索をサポート
アドビは、クリエイターのみなさまが日々直面している課題を認識しています。最適な画像の検索に何時間も費やすことが多々あります。この問題を解決するため、アドビは2016年11月にビジュアルサーチを発表しました。画像を検索ボックスにドラッグするだけで、探し求めているものに近い画像が検索できる機能です。さらに優れた機能として、アドビは本日「絞り込みフィルター」を発表しました。画像検索のためのまったく新しいアプローチで、「被写界深度」「色の鮮やかさ」などの写真の要素を検索結果の絞り込み機能に盛り込むことで、イメージにあった画像を素早く見つけることができます。それにより、創作活動により多くの時間を費やすことが可能になります。

新しいエディトリアルおよびプレミアムコンテンツの提供開始
2017年はすでにAdobe Stockやパートナーにとって重要な年になっています。今年の初めに500pxとPond5をAdobe Stockに迎え、さらに本日の発表により、クリエイティブなストーリーテリングを促進する厳選素材でライブラリを強化しました。私は、ロイター、USA TODAY SportsStocksyがアドビファミリーに加わったこと、そしてこれが当社のすべてのユーザーにもたらすメリットを思うと喜ばしく思います。エディトリアルコンテンツは、現代のストーリーテリングにおける重要な要素ですが、注目が集まるような瞬間を捉えた写真やビデオの権利を取得することは簡単なことではありません。しかし、これからは印象的なニュース、スポーツ、エンタテインメント、ライフスタイルの画像を使用することで、ストーリーを伝えやすくなります。

Adobe Stockがクリエイティブワークフローの中心に
Adobe Stockはサービス開始当初から、常にCreative Cloud内にネイティブに統合された独自のサービスです。これによりクリエイティブの制作時間を短縮し、業務フローを中断することなく作業に集中いただける環境を実現してきました。そして本日から、この統合がついにアドビの製品を越えて拡大しました。Microsoft Office PowerPoint内から直接Adobe Stockにアクセスできるようになりました。アドビのユニークなビジュアルサーチ技術を使うことで、キーワードではなくイメージに近い画像を利用し、最適な素材を簡単に探すことができます。無償のPowerPoint用アドインをダウンロードして、プレゼンテーションに美しい画像をご利用ください。

クリエイティブの障壁を取り除くために
アドビのコレクションやコントリビューターのコミュニティを大きく成長させても、テンプレート、ビデオ、3Dなどの多数のアセットを追加しても、当社が最重要視するのは常にクリエイターのみなさまです。
ぜひAdobe Stockをご体験いただき、最新の検索機能やエディトリアルコンテンツ、プレミアムコンテンツに対するご意見をお聞かせください。

ヘッダー画像: Hamad-I-Mohammed/REUTERS
この記事は、2017/6/13(米国時間)に投稿されたStock Like Only Adobe Can: Adobe Stock Brings New Search Features and Editorial Partnerships to Creatives Worldwideを翻訳したものです。