2017年12月Lightroomアップデートを提供開始 #Lightroom

BY 公開

本日、Lightroom CCのMac版、Windows版、iOS版、Android版、Web版に加え、Lightroom Classic CCとAdobe Camera Rawも含む、Lightroom CCエコシステム全体のアップデートをリリースします。今回のアップデートでは、新しいカメラおよびレンズのサポートと、いくつかの素晴らしい新機能を追加しました。

Adobe Senseiに基づく新しい自動設定

Auto(自動)が、どの写真にもより良い結果を出すように一から再開発されました。Adobe Senseiに基づく高度なニューラルネットワークを使用する新しい自動設定は、あなたの写真を分析し、美しく、心地良い画像を作成するためにプロが編集した数万点の写真と比較することで、その写真をより良いものにします。新しい自動機能はエコシステム全体、つまりLightroom CC、iOS版Lightroom CC、Android版Lightroom CC、Web版Lightroom CC、Lightroom Classic CC、Adobe Camera Raw(ACR)で使用できます。

© Eric Chan

12月アップデートでは、他にもエコシステム全体に対する素晴らしい機能が追加されます。

デスクトップ版Lightroom CC

トーンカーブ

トーンカーブは、写真家が画像の諧調、コントラスト、カラーバランスの微調整に使用する最も人気のあるツールの1つです。パラメトリックカーブまたはポイントカーブのいずれかのモードを使って、画像の諧調とコントラストを調整できます。また、レッド、グリーン、ブルーのチャネルでカラーバランスを調整して、画像にスタイルを付けることができます。トーンカーブは、ライトパネルの自動ボタンの横にあります。ぜひお使いになった感想をお聞かせください。

© Sharad Mangalick

スプリットトーニング

スプリットトーニングは、画像のハイライトとシャドウにある色合いを調整し、写真に好みのスタイルを付けることができます。スプリットトーニングツールを使用すると、白黒写真に対する伝統的な色調調整であるセピア調やセレン調のシミュレート、色紙への印刷のシミュレートができるほか、カラー画像に対する近代的なスタイルを作成できます。スプリットトーニングはエフェクトパネルにあります。

© Sharad Mangalick

キャプチャ時刻の変更

Lightroom CCで、1枚の写真または複数の写真のキャプチャ時刻を調整できるようになりました。カメラの時計設定やタイムゾーン設定の変更を忘れていても大丈夫です。写真(1枚または複数)を選択し、情報パネルの鉛筆アイコンを使ってキャプチャ時間を変更します。Lightroom CCがキャプチャされた日付をアップデートし、一覧表示時に正しい日時で表示するため、必要な写真を簡単に見つけることができます。

フルスクリーン表示

Fキーを押すか、表示メニューの「フルスクリーン表示」を選べば、写真がフルスクリーン表示されます。

Android版

前述の新しい自動機能に加え、Android版Lightroom CCに以下の機能を追加しました。

  • アプリショートカット:Android Nougat以降のデバイスで、アプリアイコンをタップしたまま押さえると、通常のモードでアプリを素早く起動できます。
  • ストレージ管理を改善しました。
  • 一部のHuaweiユーザーが画像をインポートできない問題を解決しました。
  • 一部のPixel 2ユーザーで書き出し時にクラッシュする問題を解決しました。
  • 一部のSamsungユーザーが以前のバージョンをインストールできない問題を解決しました。
  • いくつかのバグを修正し、スピードを改善しました。

iOS版

前述の新しい自動機能に加え、iOS版Lightroom CCに以下の機能を追加しました。

    • 書き出し時の透かし作成:iOS版Lightroom CCから画像を書き出す際に使用するテキストベースの透かしを作成、カスタマイズできます。

  • HDRキャプチャの画質を改善しました。
  • レイアウトをiPhone X用に最適化しました。
  • いくつかのバグを修正し、スピードを改善しました。

Lightroom ClassicとAdobe Camera Raw

前述の新しい自動機能のほか、部分選択ツールによるカラーのマスキングを改善しました。また、皆様からのご要望に応え、個々のサンプルポイントを簡単に削除できるようにしました。削除の際は、マウスを使ってサンプルポイントを選択するときに、Windowsの場合はAlt、MacではOptionキーを押しながら選択します。

Lightroom Classic CCにNikon D850カメラでのテザー撮影のサポートが追加されます。
Lightroom 6の永続ライセンスユーザーに対する新たなカメラサポートのアップデートは12月19日以降よりご利用いただくことができます。

12月アップデートをぜひお使いください。皆様からのご意見ご感想をお待ちしております。

この記事は、2017/12/12にポストされたAnnouncing the December Update to Lightroomを翻訳したものです。

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。