2017年7月Lightroom mobileアップデート:iOS版にブラシ選択ツールとディティール機能を追加、Android版はインターフェイスを一新

BY 公開

 

本日、Lightroom mobileのiOS版、Android版のアップデートを提供いたしました。

iOS版

本日App Storeから提供開始するiOS版の最新リリースでは、新たに「ブラシ選択」ディティール(シャープネスとノイズ除去)」機能が追加されました。また、iPad版についてはインターフェイスの改良を図りました。Lightroom for iOSは無償アプリで、こちらからダウンロードできます。

ブラシ選択

ブラシ選択ツールは iOS版のLightroomで最も要望が多かった機能の一つです。画像の特定の部分に対して補正を行うことができます。また、iPhone 6s以降の3D Touch対応デバイスで筆圧感知をサポート。ペイントするときのタップの強弱で効果の強さが調整されます。iPad ProとApple Pencilのユーザーも同様の機能を利用でき、筆圧の強弱で効果が増減されます。

また、線形または円形でおおまかに選択した範囲から、なぞった部分を消去する機能強化を施しました。

ディティールの調整

新たに追加された「ディティール」タブではシャープネスやノイズをコントロールすることができます。こちらも要望が多かった機能です。ノイズ除去や細部の強調を行うこれらの最新ツールは、写真への最後の仕上げに使用されます。

新しいiPadインターフェイス

iPad ProそしてiPad Pro 2が販売され、iPadは写真家にとってラップトップに代わる本格的な選択肢となりました。そこで我々は、iPadの大きなサイズのタッチ対応インターフェイス向けにデザインされた、真にポータブルでパワフルなLightroomを作り上げました。

Android版

最高のAndroid体験を提供するべく、Andoroid版のLightroomを一から再設計し、より速く、より効率的で、よりAndroidらしいアプリに仕上げました。自然にAndroidネイティブな体験を提供するとともに、最高品質でプロレベルのモバイル写真の編集が行えるアプリとするため、すべての画面デザインを一新しています。

新たなインターフェイスをいくつかご紹介します。こちらからダウンロードして、ぜひお手元でご確認ください。

Android版のLightroomでアップデートされた「画像表示」画面
Andoroid版のLightroomの新たな「編集」画面
Android版のLightroomで改善された「選択範囲を編集」画面

この記事は、2017/7/18(米国時間)に投稿されたLightroom Mobile July, 2017 updates: Brush and Details for iOS, New Interface for Androidを翻訳したものです。

 

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。