新しいLightroom CC登場!1TBのクラウドストレージを提供。どこからでも写真を整理・編集・共有 #AdobeMAX #AdobeMAXJP

BY 公開

写真表現は絶え間なく変化を続けています。そして同様にアドビが提供する製品も変化していきます。

写真のためのアプリケーションとしてまず最初にPhotoshopがありました。写真家は、ベーシックなレタッチから凝りに凝った画像加工まで、Photoshopですべての写真関連の作業を行いました。今やPhotoshopは様々な表現を担うツールへと進化し、業種を問わず、多くの目的で使われるアプリケーションとなっています。テクノロジーとワークフローが進化するにつれ、我々は「写真家のために合理化されたワーフクロー」を作る必要に気が付きました。そして生まれたのがLightroomです。

現代、世界はますますモバイル中心になっています。これは写真家も同様です。写真家はワークフローの中で、次の要素を優先します。

  • 写真作品をさまざまなデバイス間で連携でき、いつでもどこでも写真にアクセスできること
  • 直感的で、使いやすいツールを求めている(が、決して「単純化した」アプリではない)こと
  • 写真家としての腕を上げ、美しい写真を生み出し続けること

私たちは、写真を扱うすべての方のために、これらのニーズに対応する完全な写真サービスを提供します。

全く新しいLightroom CC

写真のためのツール、Lightroom CCが今回のアップデートで生まれ変わりました。完全クラウドベースの写真ソリューションとして提供されます。デスクトップ、モバイル、Web。環境を問わず、一貫した作業が可能で、直感的なインターフェイス。さらにRAW画像を含む、フル解像度の写真を安全かつ確実にバックアップし、どこからでもアクセス可能な1TBのクラウドストレージを提供します。どこにいても使用できる完全な写真エコシステムです。
バージョン1.0としてリスタート。皆様のご意見をいただきながら、求められる写真表現を叶える機能を次々とリリースしていく予定です。


これまでのLightroomではなくなった?
いいえ、従来のLightroomもちゃんと残っています。長きに渡りプロやハイアマチュアの方に愛用されたLightroomは、これ以降「Lightroom Classic CC」と呼ばれます。アドビは引き続き、こちらに対しても重点的に投資を継続することを明言します。新しいLightroom CCと、Lightroom Classic CC。インターフェイスの違いを見てみましょう。

新しいLightroom CCのユーザーインターフェイス
Lightroom Classic CC(従来のLightroom)のユーザーインターフェイス

ユーザーの中にはローカルに写真を持っておきたい方もいます。(プロの多くが数テラバイト規模の写真を扱いますが、現時点でこれらすべてをクラウドにアップロードすることは、帯域幅の制約やクラウドストレージのコストのためにあまり現実的ではありません)また、これまでのLightroomのユーザーインターフェイスに慣れている方ももちろん多くいらっしゃいます。Lightroom Classic CCは、これまでの作業手順のまま、デスクトップでの作業を中心に行いたい方、また、モバイルやWebをあまり使わないという方々にとってよりよい選択となります。

Lightroom Classic CCの今回のリリースのポイントは以下です。

  • 大幅なパフォーマンス改善が施されました。例えばプレビュー生成が高速化され、写真をインポートが素早く行われるようになりました。大量の写真のスクロールもスムーズに、ライブラリと現像モジュール間の移動もストレス無く行き来することができます。
  • 色域指定マスキングと輝度指定マスキング機能といった新しい編集機能も提供します。これによりユーザーはより精細な編集が可能になります。

今回のリリースに伴い、アプリケーション、ストレージの有無から最適なプランを選択いただけるようになっています。

 

多くの写真家と何十年にもわたって協力を続けてきたアドビは、今求められるワークフロー、写真家の進化し続けるニーズにこれからも応えていきます。

 

 

 

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。