Lightroom mobileのアップデート:iOS版、Android版がRAW HDR(ハイダイナミックレンジ)の撮影モードを搭載

BY 公開

新しいRAW HDR 撮影モード

Lightroom mobileに新たにRAW HDR撮影モードが追加されます。このモードを使えば、これまではデジタル一眼レフやミラーレスカメラが必要だったハイダイナミックレンジ(HDR)撮影をモバイルデバイスで行うことができます。

 

AndroidおよびiOSの最新版ハードウェアの機能を利用するHDR撮影モードは、本日提供開始のLightroom mobile最新アップデート、iOS版バージョン2.7およびAndroid版バージョン2.3に搭載され、無料で利用できます。こちらからダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HDR撮影モードでは、シーンを自動的にスキャンして正確な露光範囲を決定し、3枚のDNGファイルを撮影して自動的に位置修正、合成、ゴースト除去、トーンマッピングを行います。これはHDRとRAW画像の両方のメリットをすべて取り入れた16bit浮動小数点DNGで、Adobe Camera RawとLightroomに組み込まれたHDR技術と同じアルゴリズムを使って、同等の品質で処理されます。

従来のHDR画像の撮影とは、デジタル一眼レフまたはミラーレスカメラを使って複数の露出設定で画像を撮影し、それをPCにコピーして、Photoshop、Adobe Camera Raw、Lightroomなどのアプリケーションで合成することを意味していました。携帯電話でHDR JPEGの撮影を行うこともできますが、これらの画像は一般的に2枚の画像しか使わないため、照明の状況などによって、すべての色調が再現できないことがありました。Lightroom mobileでは、3種類のRAW写真を取り込み、デバイス内で合成処理することで、より広いダイナミックレンジの画像をすぐに編集、共有できます。Creative Cloud メンバーはさらにデスクトップとの自動同期も利用できます。写真は、その写真に施したすべての編集とともにLightroomのデスクトップ版にバックアップされ、編集などの作業を行うことができます。

ラッセル ブラウン(Russell Brown)がHDR 撮影モードのチュートリアルビデオを作成しましたのでぜひご覧ください。

 

HDR処理と対応デバイス

Lightroom mobile向けのHDR機能開発を始めた時、モバイルデバイスにデスクトップキャリバーとプロ品質のアルゴリズム処理を追加するという課題に直面しました。しかし、私たちのチームは、複数の画期的なブレークスルーを重ねることで遂にこれを実現しました。

iOSの場合、HDRモードを使用するには、iPhone 6s、6s Plus、7、7 Plus、iPhone SEまたはiPad Pro 9.7など、DNG形式での撮影が可能なデバイスが必要です。

Androidの場合、現時点でサポートされるのは、Samsung S7、S7 Edge、Google PixelおよびPixel XLです。アドビの厳しい品質と信頼性の要件を満たすため、私たちの最初のゴールは、最高品質の画像を生成するアルゴリズムが動作するアプリの安定性を確保することでした。Samsung S7およびGoogle Pixelのデバイスの処理性能とメモリ容量のおかげで、これらの非常に強力なアルゴリズムが求める品質と機能を実現することができました。私たちのチームは、できるだけ早く対応デバイスを追加できるように取り組んでいます。

 

その他の新機能

RAW HDR撮影モードに加え、以下の新機能が追加されました。

iOS

元画像を書き出し:カメラで撮影したDNGや、Lightroom mobileまたはLightroom Webギャラリーから読み込んだRAW画像などの元画像を書き出しできます(Lightroom デスクトップ版では、オリジナルファイルはサーバーにアップロードされません)。

「評価とレビュー」機能では、ジェスチャーで評価やレビューができるようになり、レビューを短時間で行うことができます。

Force Touch対応と新開発の通知センターウィジェットによって、簡単かつ素早くLightroomのカメラを起動できます。

iPhoneやiPadを電源につないでいる間は画面ロックしないようにする、「スリープ状態を停止」オプションが設定に追加されたほか、同期の際の安定性と速度の向上、一般的な不具合修正、パフォーマンス向上、ユーザーインターフェイスの微調整が施されました。

 

Android

AndroidのCreative Cloudメンバーは、線や円形の部分編集が利用できるようになりました。

また、一般的な不具合修正と処理速度の向上が行われています。

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。