Project Felixを提供開始

BY 公開

先日、サンディエゴで開催されたAdobe MAX 2016で初披露したProject Felixのベータ版が、本日提供開始されました。以下に、Project Felixの概要を簡単にご紹介します。

 

誰向けのツールか?

Felixは、Creative Cloudの有償メンバーシップを持つグラフィックデザイナー向けの製品です。このベータ版を最大限にご活用いただくために、ダウンロードの前にシステム要件をご確認ください。現時点では、Creative Cloudの無償のメンバーはご利用になれません。

 

何ができるか?

Felixを使えば、以下のようなプロジェクトで、シーンの全体を作り上げたり、最終イメージをレンダリングできます。

1) 広告、製品ショット

2) 製品デザイン

3) シーンの視覚化、コンセプトのモックアップ作成

4) 抽象アート

Felixは単なる画像合成ツールではありません。ユーザーは、Adobe Stockの3Dアセットからライセンス購入された3Dモデル、マテリアル、ライト、背景用イメージを利用したり、デスクトップから、あるいはCCライブラリ経由で自身のアセットを読み込んで、素晴らしいシーンを作り出すことができます。

Felixのコントロールとツールを使用すると、シーンの移動はもちろん、ひとつひとつのモデルを傾けたり、回転、変形することもできます。スライダーを使ってライティングの調整やサーフェスの編集も行えます。 ガイドが表示されるため、モデルの配置も簡単に行うことができます。また、レンダープレビューで変更結果をリアルタイムに表示できるため、結果確認までに何時間も待つ必要はありません。FelixはCreative Cloudに含まれるツールですので、作成した画像はPhotoshopで後処理することができます。

より詳細な情報は、Felix FAQをご覧ください。

 

どう使うか?

このベータ版は、新しいテクノロジーに基づいて一から開発したものです。ダウンロードの前に今一度、システム要件を確認してください。Creative Cloudのメンバーであれば、以下の手順で十分でしょう。

  1. Creative Cloudアカウントにログインします。
  2. 製品ページに移動して、Felixをダウンロードします

Felixについての詳細は、プリンシパルプロダクトマネージャーであるZorana Geeのブログをお読みください。Felixの紹介と、今後のリリース計画が書かれています。

 

感想を聞かせてください

Felixはグラフィックデザイナー向けのツールで、今後の開発にあたっては、みなさんの意見がとても重要です。開発チームはみなさんのフィードバックを心待ちにしており、グラフィックデザイナーの方々が3Dと2Dの素材を組み合わせて、高品質で1枚の写真のような画像を作るときに選ばれるツールを作り上げることに情熱を注いでいます。

ご意見はUserVoiceにお寄せください。そしてProject Felixがもっと直観的でもっと簡単に使え、あなたの普段のワークフローに自然に組み込まれるようなツールにするために力を貸してください。

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。