「使える」「喜ぶ」機能搭載。Photoshop CC バージョン2015.5 提供開始

BY 公開

みなさん、こんにちは。アドビの栃谷です。本日正式にリリースされましたが、Photoshop CCの最新版(2015.5)が提供開始されました。
このリリースはこれまでよりも数多くの「使える機能」が新搭載され、そして「誰もが喜ぶ」機能強化が施されたアップデートになります。
本日のブログでは簡単ですが、そのハイライトを説明したいと思います。

「選択とマスク」(アプリケーションメニューから、選択範囲/選択とマスク)

選択とマスク専用のワークスペースが搭載されました。「正確に」、「素早く」、そして「思い通りに」選択範囲を取得・作成することは、フォトグラファーやデザイナーなど、すべての人にとって重要な作業です。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/selection-masking-space.html

「コンテンツに応じた切り抜き」(ツールボックスの切り抜きツールを選択、ツールオプションバーの「コンテンツに応じる」)

被写体の構図を考えたトリミング(切り抜き)作業、またはデザイナーは指定された画像配置のサイズに合わせてトリミングする機会が多くあります。その際にうまくサイズが合わない(足りない)時、この「コンテンツに応じた切り抜き」が役立つこと必須です!
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/content-aware-crop-fill.html

「マッチフォント」(アプリケーションメニューから、書式/マッチフォント)

街歩きをしていると、「ハッ」と思わせるポスターやTシャツデザインなどに出会うことがあると思います。「このデザインで使われているフォントはなんだろう?」と思った時、「マッチフォント」を使ってみませんか?2015年のMAXでテクノロジープレビューとして紹介されたこの機能は、写真や画像の中にあるフォントを見て、似たフォントをシステムフォント、またはTypekitから検出する、というものです。この機能は欧文のみであることをご注意ください。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/content-aware-crop-fill.html

顔立ちが調整可能になった「ゆがみ」フィルター(アプリケーションメニューから、フィルター/ゆがみ)

ゆがみフィルターが搭載されたのが2002年のPhotoshop 7.0でした。それから10年以上経ち、この機能はポートレートなど数多くのシーンで使われるものになっています。久しぶりの機能強化として今回搭載された「顔ツール」は、目・鼻・口などの顔のパーツを自動的に抽出し、それぞれ個別にコントロールできる優れものです。
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/how-to/face-aware-liquify.html

それぞれが「使える」「喜ぶ」機能と思います。が、ここは「Photoshop公式ブログ」です。製品担当者が本音で語る場所ですよね?もちろん今回の新機能・機能強化は自信を持っていますが、それ以外でも嬉しい機能がたくさん入っているのが、このPhotoshop CC(2015.5)アップデートです。

・パフォーマンスの向上

パフォーマンスの向上は私も含めて皆さんすべてが喜ぶべき機能強化と思います。起動時間、ファイルを開く、フォントメニュー表示、「コンテンツに応じる」機能などがより高速になりました。皆さんのマシン環境や制作作業によって異なる結果になると思いますが、Photoshopチームはパフォーマンスの向上を常に気にして開発をしています。

・レイヤーの合成値

Photoshopは正式に製品提供をする前にベータテスターの方々の協力のもと、製品の品質を向上するベータプログラムがあります。そのテスターの方々から絶賛を受けたのがこのオプション「レイヤーの合計値」です。情報パネルのパネルオプションに「合成カラー値を常に表示する」のチェックボックスが今回入りました。今まで調整レイヤーなど中間レイヤーが複数あった場合に、その中ほどにある調整レイヤーを選択しているとその情報が表示されている仕様でした。つまり画像全体の結果情報が確認できませんでした。これがこのチェックボックスをオンにすることで確認できるというものです。

Adobe Stock コントリビューター(寄稿者)ポータルの発表

「これから」ということで大きくは取り扱われていませんが、近々にアドビのロイヤリティフリー素材を販売しているAdobe Stockにて、コントリビューター(素材寄稿者)のポータルが立ち上がる予定です。つまり皆さんがお持ちの写真やイラスト、グラフィックなどをAdobe Stockで販売できる機会が生まれる!ということなのです。今回アップデートされたPhotoshop CCには直接関係ありませんが、フォトグラファーやデザイナーの方は、今後ご自分で所有している素材がAdobe Stockで販売できることで、日本だけでなく世界中の方々とビジネスができるビックチャンスが生まれる!ということです。こちらはアップデートがあり次第このブログでもご紹介しますが、まずはお手持ちの素材の整理整頓の準備をいただければと思います。
https://stock.adobe.com/jp/

ということで、「「使える」「喜ぶ」機能搭載。Photoshop CC バージョン2015.5 提供開始」でした。ぜひ、新しいPhotoshop CCをお楽しみください!

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。

「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。