Photoshop Lightroom ユーザー事例 – 富久 浩二

BY 公開

東京カメラ部10選PHOTOビフォーアフター
Case05:富久 浩二

▼インタビュー▼ビフォーアフター解説

Photoshop Lightroomの青色はすごく綺麗で、それは私がイメージしていた青色だった。 ― 富久 浩二

なぜカメラ付属のソフトではなくPhotoshop Lightroomを使用しているのですか?

段階フィルターが使えるのが大きいです。それと補正範囲を部分的に設定できる補正ブラシが決め手ですね。

Photoshop Lightroomを使い始めたきっかけは?

最初は3年ぐらいずっとGoogleのPicasaを使ってたんですが、知り合いがPhotoshop Lightroomを 使っていて良さそうだなと思いました。色々な機能がありますが補正ブラシが使えるのが大きいですね。Picasaだとブラシで範囲を指定して補正すること ができないので、それを使いたくてPhotoshop Lightroom 2を入れました。でも最初はカタログが理解できず挫折して、Photoshop Lightroom 3でもう1回買い直しました。ですので本格的に使い始めたのは3からですね。5はまだ買ってないので、今使っているのはパッケージ版の4です。

また、尊敬していた写真家の方がPhotoshop Lightroomを使っていたということもあり ます。それまで私がイメージしていた青色がPicasaでは出せなかったのですが、その方の青色がすごく綺麗だったので「こんな青色が出せるんだった ら!」という思いもありました。

現像にどれくらいの時間を費やしていますか?

基本5~6分ですね。現像にあまり時間はかけていません。

2014あえて時間を掛けていないのかもしれませんね。私は撮影枚数が多く、撮影から帰ってくるとその日のうちに全部仕上げてしまいたいタイプなので。

Photoshop Lightroomでの現像を想定した撮影をしていますか?

私にとっての撮影は素材を撮りに行く感じです。現地で気にするのは露出ぐらいで、その他の設定などはあまり気にし ません。ピントと構図だけ気を使い、ホワイトバランスも大体オートで撮っています。帰宅してPhotoshop Lightroomで取り込ん でから作品として仕上げる感じですね。

基本はRAWで撮影で、電車や飛行機など長い連射をするときにJPEG撮影する場合がありますが、JPEGの調整もPhotoshop Lightroomで行っています。

cst_mr_tomihisa_img02.687

良く使う機能や、その使用感を教えてください。

基本補正:ハイライト&シャドウ

使いますね。これは基本中の基本なので。使い心地も文句ありません。

基本補正:ホワイトバランス

もちろんホワイトバランスは使っています。スポイトや自動補正などは使わず基本はスライダーで調整します。

トーンカーブ

最近は使い方を覚えて作品に深みが出てきたと感じています。

段階フィルター、補正ブラシ

Photoshop Lightroomを使う決め手と言ってもいいです。

ディテール:シャープ、ノイズ軽減

以前は全体的に使ってたんですが、Photoshop Lightroom 4から補正ブラシで指定できるようになったので、部分部分でかけることが多くなりました。シャープは全体的にかけて、ノイズ除去はブラシを使っています。

粒子

モノクロに仕上げる時は、ほぼ使う機能ですね。

レンズ補正

レンズ補正のプロファイルが無いレンズは補正設定を自分で作成して登録しています。今、SIGMAさんよりモニターとしてお借りしている35mmレンズも自分で作った設定を登録しています。

プリセット

プリセットは自分の好みの仕上げの方向に合わせていくつか用意しています。それを撮影した写真に一通りあてていってハマったプリセットから微調整を行っていく感じです。

カタログ

写真の管理は、読み込み、フォルダ分けも全部Photoshop Lightroomでやっています。 現像したものとしていないものも、カタログの設定の中でできるので、撮ったものは全部Photoshop Lightroomに取り込んで管理 しています。

Photoshopは使用していますか?また、どのように使用していますか?

使ってないですね。Photoshop Lightroomだけです。

Photoshop Lightroom用のプラグインは使用していますか?

Nik Collectionを入れていますが最近は使っていません。
フィルターの画に飽きてきたのと、自分がPhotoshop Lightroomを使いこなせるようになってきて、純粋なPhotoshop Lightroomの処理だけで納得いくようになったからですね。
また、最近トーンカーブを使い始めたことも大きいかもしれません。

Photoshop Lightroomで特にお気に入りの機能はなんですか?

段階フィルター、補正ブラシ、色収差除去ですね。

Photoshop Lightroomに改善して欲しい点や、追加して欲しい機能はありますか?

モノクロに特化した機能をもう少し付けてい欲しいですね。

まだPhotoshop Lightroomを使用したことのが無い方へ一言。

Photoshop Lightroomは段階フィルターや補正ブラシの柔軟性の高さも魅力的ですし、色収差の補正も素晴らしいです。ワンタッチで補正できるので感動します。

今使ってるレンズは5000円のレンズなんですが、Photoshop Lightroomなら安いレンズでも高いレンズで撮影したように仕上げることができますね(笑)

 

cst_mr_tomihisa_img03.327

 

ビフォーアフター1

before
Before
after
After

◎基本補正:
・コントラストとハイライトを上げ、黒レベルを下げてメリハリを付けます。
この時に下左右の暗い部分がのディテールが黒潰れしないように注意します。
・明瞭度を上げて、床のラインを強調します。
・色表現を白黒に変更します。

◎トーンカーブ:
・複数のポイントを設定して明暗を調整します。

◎効果:
・周辺減光をマイナスにします。
・細かい粒子を追加して写真の雰囲気を出します。

ビフォーアフター2

before
Before
after
After

◎段階フィルター:
・下部の花の明るさ調整し、色味を変更します。
・上部の空の明瞭度を上げて雲のディテールを出し、色味を変更してドラマチックに調整します。

◎効果:
・周辺減光を少しマイナスにします。
コントラストとハイライト、トーンカーブで全体を調整して完成です。

ビフォーアフター3

before
Before
after
After

◎切り抜き:
・上部を少しトリミングします。

◎基本補正:
・コントラストとハイライト、シャドウを上げ、黒レベルを下げてメリハリを付けます。
・白レベルをあげて横断歩道の白を目立つよう調整します。

◎トーンカーブ:
・複数のポイントを設定して明暗を調整します。

◎HSL:
・レッド以外の色の彩度を下げて、赤いペイント部分を強調します。

◎段階フィルター:
・右上部分が暗いので段階フィルターで明るさを調整します。

◎効果:
・周辺減光をマイナスにします。

 


 

富久 浩二

富久 浩二
1970年福岡生まれ。
日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマ のもとに、人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影しています。子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った 低い目線、思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的です。

2011 SONYフォトコンテスト最優秀賞
2011 イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載
2012 ナッジオのDaily Dozen2回選出
2012 インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
2012 イラクでの国際写真展に展示

Photoshop Lightroom使用環境
  • 使用歴(年):3年
  • 初めて使ったバージョン:3
  • OS:windows8
  • ディスプレイ:NEC2490WUXi2
  • モニタキャリブレーションなし
  • Lightroom用プラグイン:NIK COLERFX3(最近はあまり使用しない)
  • Lightroom用プリセット:なし
  • 併用しているソフト: なし

 

撮影環境
    • メインカメラ:SONY α57
    • よく使用しているレンズ:SIGMA35/1.4 HSM
    • 撮影対象:都市景観

東京カメラ部10選
東京カメラ部がFacebookページにてシェアした写真の中で、クチコミ度が高かった写真とその写真の撮影者。