DNG/RAW撮影がLightroom for iOS (version 2.5)で実現

BY 公開

本日iPhoneおよびiPad用に、アドビのDigital Negative(DNG)ファイル形式を使ったRAW撮影、編集がおこなえる機能が追加されたPhotoshop Lightroom for mobile (version 2.5.0)を発表しました。旧来、デジタルカメラでのみ実現していたRAWデータのEnd-To-Endワークフローが、iPhoneやiPad のモバイルデバイスでDNGとLightroomを利用することにより可能になりました。

このiOSバージョンのリリースは、今年2月にリリースされたAndroidモバイル用のLightroom for mobile を踏襲するものです。

新しいAdobe DNG形式のサポート

Lightroom 2.5のアプリ内蔵カメラにより、DNGファイル形式として撮影できます。

lightroom-2-5-dng-capture-screenshot

 

DNGファイル形式はアドビが開発したオープンソースのRAWファイル形式であり、JPEGやTIFF形式と比較して、より高い品質と汎用性があります。DNG形式で撮影することのメリットは…

1、JPEG形式の写真のような圧縮による画像の乱れが無く、カメラセンサーから得られるすべてのデータを含んでいる最高品質の画像として撮影できます。

jpeg-artifacts2

    2、JPEGやTIFF形式では行えない、撮影後のWB(ホワイトバランス)設定による自由度の高い絵作り

white-balance-1024x768

3、幅広いダイナミックレンジが含まれるような厳しい撮影シーンで、JPEGやTIFF形式で撮影する場合に欠落してしまうハイライト情報も、DNG形式ではより多くの露光量情報を保持できます。

highlights-1024x375

JPEG形式では捨てられてしまう、撮影時にカメラセンサーから取得されるカラーやトーン情報にアクセスでき、思い描いた画像の作成も可能に。

DNGファイル形式についての詳細はこちらで確認できます。

DNG形式での撮影はiOS 10を搭載し、1,200万画素以上のカメラが内蔵されたiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPad Pro(9.7インチ)で可能となります。iPhone 7とiPhone 7 Plus の発売時にはDNG形式での撮影も可能になる予定です。

新しいカラープロファイル、P3カラースペースをサポート

DNG形式のサポートに加えて、iPad Pro (9.7インチ)や今後発売されるiPhone 7、iPhone 7 Plusでは、Lightroom for iOS mobile (version 2.5)に新しくP3カラースペースがサポートされます。sRGBよりも約25%幅広い色域をカバーし、Lightroomで編集した写真を正しく表現できます。

ご利用について

Lightroom for iOS mobile (version 2.5)はこちらから入手可能です。ぜひお試しください!

なお、本ブログはこちらの英語版を参考に作成しました。

  TAGS

  AUTHOR

Muneo Tochiya

1998年 9月 アドビ システムズ 株式会社に入社。マーケティング部に所属し、アドビのPhoto製品全般を担当。Photoshop のバージョン 5.5 から、Lightroomはベータから現行バージョンを担当。 「解りやすく、楽しく」をモットーに Photoshop 製品群の紹介をおこなう。