Photoshop単体よりもPhotoshop+Lightroomの方が遥かに安いのはなぜ?

BY 公開

この記事の情報は2/14/8/13時点のものです。当時有償サービスだったBehance Prosite20161月現在Adobe Portfolioという新しいサービスとなり、全てのプランでご利用いただけるようになりました。(2016/2/2 加筆)

Adobe Creative Cloudには様々なプランがあります。中でも今年6月にリリースされたCreative Cloud フォトグラフィプランは、Photoshop CCLightroom 5の全ての機能を利用でき、さらにモバイルアプリやクラウドサービスが利用できて月額980円と、とてもお求めやすいプランになっています。

また、Creative Cloudにはお好きなアプリケーションやサービスを利用可能なコンプリートプランの他に、特定のデスクトップアプリのみを利用可能な単体プランもあります。

この単体プランでもPhotoshopをご利用いただくことができます。(Lightroomの単体プランはございません) さて、ここで気になるのが単体プランのPhotoshopの価格です。Creative Cloud単体プランは、一部の製品を除いて月額2,180円で提供しています(2014年8月29日までは期間限定で月額1,980円で提供中です)。

Photoshopを単体プランで利用する金額よりも、PhotoshopとLightroomの2つのアプリケーションを利用できる金額の方が遥かに安いのはなぜなのでしょう?

答えは「クラウドサービスの内容が異なるので、その分が価格差になっているから」です。

下記に、両プランおよび2014年5月31日まで提供していた「Photoshop写真業界向けプログラム」のサービスの違いを記載しました。

  • Photoshopそのものは単体プランでもフォトグラフィプランでも100%全く同じで、フル機能ご利用いただけます。
  • フォトグラフィプランではデスクトップ版のLightroomに加え、Lightroom MobileLightroom Webをご利用いただけます。Lightroom Mobile、Lightroom Webがご利用いただけるプランは、フォトグラフィプランとコンプリートプランのみです。パッケージ版のLightroom 5.xでは、Lightroom MobileとLightroom Webはご利用いただけません。
  • 厳密に言うと、Lightroom Mobile (iPhone版およびiPad版) は、App Storeから無償で入手できますので、どのプランでも(Creative Cloudのユーザーでなくても)Adobe ID(Creative Cloudの無償メンバーシップ)さえあれば使用できますが、フォトグラフィプランまたはコンプリートプランのユーザー以外はクラウド連携(コレクションの同期)が利用できませんので、利用する意味はあまりないと思います。
  • 他にもCreative Cloudと連携する様々なモバイルアプリがありますが、これらはどのプランのユーザーでもご利用いただけます。Lightroom Mobileと同様にApp Storeから無償でダウンロード可能です。クラウド連携も利用できます。
  • フォトグラフィプランでは、クラウドサービス群(オンラインストレージ、TypekitBehance Prosite)の利用範囲がCreative Cloud無償メンバー相当となっています。言い方を変えれば、フォトグラフィプランはクラウドサービスを利用する必要がなくユーザー向けの、PhotoshopとLightroomを利用するため「だけ」のプランという感じになります。
  • 単体プランで利用可能なTypekitは「ポートフォリオプラン」、フォトグラフィプランで利用可能なTypekitは「体験版」となります。
  • 「Photoshop写真業界向けプログラム」では、Photoshop、Lightroomに加え20GBのオンラインストレージとBehance Prositeが利用できます。

もし単体プランのPhotoshopとフォトグラフィプランで迷っている方がいらっしゃいましたら、この情報をお役立ていただければ幸いです。

アドビ西山
twitter: @shonsym

※この記事の内容は、2014年8月13日現在のものです。

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

西山(にしやま) 正一(しょういち) アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部 デジタルメディア 部長 Windows周辺機器メーカーでのマーケティング業務に携わったのち、2001年にアドビ システムズ社に入社。Web製作アプリケーションやDTPアプリケーションの製品担当を経て、現在はクリエイティブソフトウエアのプロダクトマーケティング部門を統括。