PhotoshopとLightroomユーザー向けに月額1,000円の新たな提供方法を発表

BY 公開

PhotoshopWorld 2013にてPhotoshop CCとLightroomのロードマップが明らかに

Adobe_deal_equation_650px_Yen

 

アドビは、現在ラスベガスで開催中のPhotoshopWorld2013にて本日行われた基調講演において、フォトグラファーのワークフローの進化について講演を行い、Photoshop®Creative Cloud™Lightroom®の今後のロードマップを発表しました。また先進的なデジタルイメージングをモバイル機器でも可能にすると共にCreative CloudコミュニティとBehance®への接続と共有を推進する、開発中の新たな技術も紹介しました。

PhotoshopWorldの基調講演の模様はこちらのサイトに24時間以内に掲載される予定です。

アドビはまた、Photoshop CS3以降の永続ライセンスをお持ちのフォトグラファー向けに、新たな提供方法も発表しました。

Photoshop CS3以降をお持ちのお客様には、わずか月額1,000円で以下のすべてを含むCreative Cloudメンバーシップが特別に提供されます。

  • Photoshop CC
  • Lightroom 5
  • 20 GBのオンラインストレージ
  • Behance ProSite
  • Creative Cloud Learnのみで提供されているトレーニングコースの利用
  • 継続的なアップグレードとアップデート

なお、この月額1,000円という価格は”初年度のみのお試し料金”ではなく、対象となるお客様が2013年12月31日まで加入した場合に適用される価格プランであり、メンバーシップを更新し続けて頂ける限り、月額1,000円にて継続してご利用いただけます(*)。この新たな提供方法は近日中に公開予定のLightroom 5.2の提供開始と共に開始されます。

この新たな提供方法は、こちらのサイトよりお申し込み頂けます

アドビは20年以上にわたり、世界の写真コミュニティにおいて欠くことのできない存在であり続けてきたことを誇りとしています。デジタルイメージングの高度化と進化を支援するにあたって自らが担う役割を楽しみにしています。

 

*2013年12月31日以降にプランを解約された場合、月額1,000円でのご利用はできなくなります。

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Sho Nishiyama

西山(にしやま) 正一(しょういち) アドビ システムズ 株式会社 マーケティング本部 デジタルメディア 部長 Windows周辺機器メーカーでのマーケティング業務に携わったのち、2001年にアドビ システムズ社に入社。Web製作アプリケーションやDTPアプリケーションの製品担当を経て、現在はクリエイティブソフトウエアのプロダクトマーケティング部門を統括。