360度VRビデオ制作をさらに強化:アドビ、Mettle VR技術を統合へ #SkyBox #PremierePro #AfterEffects

BY 公開

アドビは、360度動画とVR制作の最先端に立っています。私たちのVRワークフローはクリエイターがキャプチャするところから最終版の編集までをカバーしていますが、ユーザーの多くはVRの画面遷移、タイトル作成、特殊効果にMettleのSkyBoxプラグインスイートを使用しています。このプラグインをCreative Cloudユーザーに提供し、360度/VRコンテンツのクリエイターがシームレスかつエンドツーエンドのワークフローを利用できるようにすることはごく自然な選択です。

アドビのプロフェッショナルビデオ製品マネジメント担当シニアディレクターのビル ロバーツ(Bill Roberts)は、次のように述べています。「VRコンテンツの制作は、クリエイターができるだけ簡単に行えるものになるべきです。SkyBoxプラグインとMettleのテクノロジーを買収することで、より高度に統合されたVR編集とエフェクト体験を映画とビデオ制作のコミュニティに年末までに提供することが可能になります。」

アドビとMettleの出会い
360度/VRの初期の実験者は、Adobe Premiere Pro CCとAfter Effects CCでうまく動作するかどうかテストしていました。アドビは、コンテンツ制作におけるパイオニアらが参加する活発なコミュニティでは、常にある社名が話題に上がっていました。それがMettleでした。MettleのSkyBoxプラグインコレクションは、Premiere ProとAfter Effectsのポストプロダクション向けに独自に開発され、Adobeの360度/VR映像制作技術を補完します。

Mettleの共同創設者で現在はアドビのプロフェッショナルビデオ担当ディレクターを務めるクリス ボボティス(Chris Bobotis)は、次のように語っています。「アドビのチームと働けることを光栄に思っています。没入型メディア向けの新しいツールとともにアドビのチームの取り組みに貢献できることを楽しみにしています。」

SkyBoxでよりスムーズな画面遷移を実現
アドビの目標は、優れた作品をもっと簡単に作成できるようにすることです。Premiere Proの360度/VRツールの最新アップデートのひとつに、VRビデオモードがあります。これにより、エディターはパンとチルトをコントロールして視聴者視点からのプレビューが行えます。Premiere ProのVR自動認識は、異なる種類のVRに対して正しい設定を自動的に検出して適用します。デスティネーションパブリッシングを使用すれば、360度/VRコンテンツの書き出しの際に、対象となるYouTubeやFacebookなどの360度/VRプラットフォーム向けに適切なメタデータとともに自動的に最適化が行われます。また、アドビは先日アンビソニックオーディオのサポートを提供開始しました。ユーザーが制作するVR体験にマルチチャンネルオーディオを適用することができます。そしてSkyBoxプラグインの卓越したコレクションを追加することで、私たちにできることが大きく広がりました。Premiere ProとAfter Effectsに統合されたワークフローでスムーズな画面遷移と洗練されたVR制作をより容易に制作できるようになります。

今こそ、その時
媒体社、ブランド企業、エンターテインメント企業、自主映画監督、オンラインクリエイターなど多くのクリエイターが、360度/VRという魅力的かつ没入型のメディアを使い始めています。だからこそ、アドビはSkyBox Suiteの買収や、Facebook/Mettleの6DOFのような新しい360度/VRテクノロジーに対する投資を増やしています。VR CityがどのようにSkyboxテクノロジーを利用したかについては、こちらをご覧ください。

皆様がよくご存知で活用されているSkyboxツールをはじめとするいくつかの驚くべきテクノロジーが年末までにPremiere ProとAfter Effectsに統合される予定です。現在Adobe Creative Cloudの有償メンバーは、 dvaplugin@adobe.com に電子メールを送信すればプラグインへのアクセスを入手することができます。Adobe IDとアカウントに登録している氏名を送ってください。24〜48時間以内にご返信します。

既存のSkyBoxユーザーは、引き続きMettle( www.mettle.com/support )の登録情報とプロセスでサポートを受けられます。統合プロセスの期間中は、SkyBoxプラグインを購入することができなくなりますが、その間もサービスとカスタマーサポートは継続して提供し、Creative Cloudメンバーにシームレスな統合を実現します。

この記事は、2017/6/21(米国時間)に投稿されたAdobe and Mettle VR: 360 degrees betterを翻訳したものです。

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。