After NAB 2017 Tokyo 出展情報:今年は「全方位進化」

BY 公開

NAB Show 2017の開催を受けて、今年もAfter NAB 2017 Tokyoが、6月1日木曜日と2日金曜日の2日間、秋葉原UDXプラザで開催されます。アドビでも、4月20日にリリースされた「全方位進化」のAdobe Creative Cloud 映像制作ツール2017年4月アップデートを中心に、以下の出展を予定しています。

Lars Borg, Principal Scientist in Digital Video and Audio Engineering

また、シアターセッションでは、弊社のカラーサイエンス研究者で、SMPTE 10E(HDRおよび広色域の色変換ダイナミックメタデータ)ワーキンググループ座長を務めるLars Borg(ラース ボーグ)による、HDRに関する特別セッションを、6月1日木曜日と2日金曜日のそれぞれ午前11時から開催します。

After NAB 2017 Tokyoおよびセッション予約は、公式サイトからお申し込み下さい。

  • Adobe Premiere Pro CC
    • 新たにサポートされたHLG方式のHDR制作ワークフローを、HDRモニターとあわせて出展予定
    • アンビソニックオーディオに対応したVRビデオコンテンツの制作デモ
    • エッセンシャルサウンドパネルによる、オーディオ編集デモ

  • Adobe After Effects CC
    • カメラシェイクデブラー
    • エッセンシャルグラフィックスパネル

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。