イベント情報:Inter BEE 2015

BY 公開

毎年恒例の国際放送機器展 Inter BEE 2015の季節が巡ってきました。

この一年の間でも、映像製作を取り巻く環境は変化し続けています。ひかりTV、スカパー!、そして12月1日スタート予定のケーブル4Kといった放送だけでなく、デジタルサイネージの世界でも、Ultra HD(4K)映像が広がりを見せています。

10月に実施された調査では、映像制作を業務とするユーザーの「半数以上」が4K編集の経験ありとの結果も出ています。

  • Ultra MAGIC
  • Ultra COLOR
  • Ultra HD

アドビでは、これら3つのキーワードをテーマに、今年もインテル株式会社とInter BEEへ共同出展いたします。

関連イベント:

アドビ Inter BEE 2015 出展概要

  • メインステージ
10:10 After Effects NEXT LEVEL 佐藤智幸 氏・After Effects NEXT LEVEL 著者
SatoTomoyuki
10:40
11:10 Adobe Creative Cloud 4K制作事例 江夏由洋 氏・マリモレコーズ
YoshEnatsy
11:40 テレビ番組制作ワークフロー 山下大輔 氏・東京オフラインセンター
yamashita
12:10 映像作品を「音」でパワーアップ 大須賀淳 氏・スタジオねこやなぎ
Osuga
12:40 映画「なつやすみの巨匠」事例 中島良 氏・映画監督
Nakajima
13:10
13:40 日替わりユーザー事例 18日水曜日 小比類巻かほる さん
19日木曜日 株式会社ティー・ワイ・オー
20日金曜日 ニコンミュージアム展示映像制作事例
14:10 After Effects NEXT LEVEL 佐藤智幸 氏・After Effects NEXT LEVEL 著者
14:40 映像作品を「音」でパワーアップ 大須賀淳 氏・スタジオねこやなぎ
15:10  テレビ番組制作ワークフロー 山下大輔 氏・東京オフラインセンター
15:40  Adobe Creative Cloud 4K制作事例 江夏由洋 氏・マリモレコーズ
16:10  映画「なつやすみの巨匠」事例 中島良氏・映画監督
16:40

デジタルビューティーワークとCreative CloudとBoris FXによるVFX

Imagineer Systems

17:10

映像制作で活用するAdobe Photoshop
※18日水曜日、19日木曜日のみ

仲尾毅・アドビ システムズ 株式会社
nakao_02
  • デモポッド
    • Adobe Creative Cloud 映像制作ツール次期アップデート先行デモ
    • Adobe Premiere Pro CC 次期アップデート
      • ネイティブ対応フォーマット強化
        • DNxHR, Open EXR, HEVC (H.265), Dolby Vision
      • HDR(ハイダイナミックレンジ)対応
        • LumetriカラーでのHDR編集
        • LumetriスコープでのHDR対応
      • オプティカルフローによる高品質スロー映像
      • ほか
    • Adobe After Effects CC 次期アップデート
      • Lumetriカラーエフェクト搭載
        • Premiere Pro CCとの互換性も
      • ICCカラープロファイルを更新
        • HDR profiles (SMPTE 2084 PQ EOTF (Dolby Vision)準拠)
        • ARRI Log / Look wide color gamut プロファイル
        • HDTV / UHDTV ディスプレイプロファイル(従来の Rec. 709 カメラプロファイルの置換を推奨)
        • SDTV ディスプレイプロファイル(従来の Rec. 601 プロファイルの置換を推奨)
        • DCDM / DCI P3 プロファイル (よりおおくのホワイトポイント、従来の不正確なプロファイルを更新)
        • ACES / ACEScg 作業用スペースプロファイル
      • プレビュー時の挙動を修正
      • プレビューパネルを更新
      • ほか
    • Adobe Media Encoder CC 次期アップデート
      • 出力時の映像レベルを放送基準内に抑える機能
      • 出力時のオーディオラウドネスを基準内に抑える機能
      • Facebookへの直接出力機能
      • 出力対応フォーマット強化
        • DNxHR, HEVC (H.265)
        • H.265 Level 6.2まで対応(4K解像度なら最大300fps、8K解像度なら最大120fpsのハイフレームレート)
    • Adobe Audition CC 次期アップデート
      • リミックス
        • 楽曲を分析して指定した長さへ再構成

 

  • Asia Contents Forum ステージ

10:30
|11:00

Ultra MAGIC! Ultra COLOR! Ultra HD!
– Adobe Creative Cloud映像制作ツール次期アップデート

古田 正剛
アドビ システムズ 株式会社
13:00

13:30
“Adobe & Intel presents” クリエイティブ ユーザー セッション

※18日水曜日、20日金曜日のみ

 

関 和亮 氏、富田 兼次 氏
株式会社トリプルオー
※20日(金)登壇予定:
コムアイ氏(水曜日のカンパネラ)

16:30

17:00

オー・エル・エム・デジタルにおけるAfter Effectsの活用とプラグイン開発
※18日水曜日、20日金曜日のみ
四倉 達夫 氏、前島 謙宣 氏
株式会社オー・エル・エム・デジタル 研究開発部門

日時:

  • 2015年11月18日水曜日〜20日金曜日
  • 午前10時〜午後5時半(21日金曜日は午後5時閉場)

場所:

入場:

主催:

  • JEITA 一般社団法人 電子情報技術産業協会

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー /
福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。