Adobe XD Beta 2

連載  /  

Adobe XD ベータ版 1月リリース!ゲストコメント機能追加、Win版にはUIキットやグリッド吸着など

BY 公開

ユーザーエクスペリエンスをデザインするためには、イテレーションとフィードバックが不可欠です。Adobe XDでは、デザインやプロトタイプをデスクトップやモバイルデバイスのブラウザで閲覧するためのリンクを関係者と共有できるため、フィードバックを簡単に得ることができます。今回の最新アップデートでは、レビュー担当者はログインする必要がなくなり、ゲストとしてフィードバックできるため、レビューがこれまで以上に簡単に行えます。

また、デスクトップ版、モバイル版両方のAdobe XDの品質と性能の改善を続けています。最新のデスクトップリリースでは、エクスポートと共有の速度が大幅に改善されました。またWindows版Adobe XDの機能追加を継続的に行っており、Mac版との機能差を縮めています。

今回のリリースで追加された機能(Mac版)

ゲストコメント機能

Adobe XD ゲストコメント機能

デザイナーがプロトタイプをオンラインでシェアした際に、ディレクターやクライアントなどのステークホルダーはAdobe IDでログインしなくても、ゲストとしてプロトタイプ上にコメントできるようになりました。この機能により、デザインのフィードバックを収集しやすくなります。

将来的には、コメントをアートボード上にピン留めしたり、メール通知機能などデザインのレビュープロセス機能を強化していきます。

今回のリリースで追加された機能(Windows版)

UIキット

Adobe XD UIキット

Adobe XDでのデザイン作業をすぐに始められるように、Windows版のXDにもUIキットを用意しました。ハンバーガーメニューからアクセスできます。UIキットにはApple iOS、Googleマテリアルデザイン、Microsoft Windowsが含まれます。各UIキットにはナビゲーションやテキストフィールド、キーボードなど、デザイン作業を効率化する一般的なデザインパーツが収録されています。

SVGの読み込み

ドラッグ&ドロップ、またはアプリケーションメニューの読み込みからSVGを読み込むことができます。PhotoshopIllustrator、Sketchなどの他のデザインツールからデザイン素材を簡単に利用できるようになります。

グリッドに吸着

Adobe XD グリッドに吸着

アートボードにグリッドを表示でき、このグリッドがオブジェクトやテキストを整理するガイドとして使用できます。オブジェクトを描画した際、そのオブジェクトの端が吸着ゾーン内の場合、自動的にグリッドに吸着します。また、グリッドはオブジェクトやテキストを配置する際の距離感をイメージしやすくしてくれます。アートボードのグリッドについての詳細はこちらをご覧ください。

まもなく追加予定の機能

XDチームはMacやWindows、モバイルアプリの新機能開発を進めています。どうぞお楽しみに!

フィードバックのお願い

XDチームはみなさんからのフィードバックを心よりお待ちしております。英語でなくても、日本語でも構いません。UserVoiceTwitterにご要望やご意見をお寄せください。

  AUTHOR

Keisuke Todoroki

アドビ システムズ 株式会社 / デベロッパーマーケティングスペシャリスト。 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野で J2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビシステムズ入社。 アドビのWebツール全般のマーケティングを担当。