連載  /  

Adobe XD Preview 5 リリース!ズームツール、前のアートボードへ戻る設定、PDF書き出し、パワポからのコピペなど

BY 公開

この記事は、2016/7/19 にポストされた July Update of Adobe Experience Design CC (Preview) を抄訳したものです。

Adobe Experience Design(以下、Adobe XD)の7月リリースであるPreview 5(0.5.10.8 ベータ版)がリリースされました。今回のリリースでは新機能の追加に加え、すでにリリースしている機能のブラッシュアップをユーザーのみなさまのフィードバックをもとに行いました。とくにリクエストが多かったズームツール、書き出し機能の向上、プロトタイプの画面遷移設定の強化に注力しています。

これらの新機能などをお試しいただくには、最新版のAdobe XDをダウンロードするか、Adobe XDのヘルプメニュー(ヘルプ > アップデートを確認)からアップデートしてください。

今回のアップデートの最新機能

ズームツール

デザイナーにとって作業中にズームイン/ズームアウトができるかどうかは、重要かつ、とりわけ細部の作業をする場合は必須の機能になります。このアップデートでは、画面左側のツールバーに新たに追加したズームツールを搭載しました。ズームツールを選択し、ドラッグしながら矩形を作るとアードボードの特定の部分をズームインさせることができます。

ズームツールで矩形選択した状態

なお、トラックパッドでのピンチ操作、ALT+マウススクロールでもズームができます。スペースキーを押して手のひらツールを使いながらドラッグしている際にCommandキーを押すことでズームツールに切り替えることもできます。

ズームツールのショートカットキー一覧

ズームツール Z
一時ズームツール SPACE ⌘
ズームイン ⌘ +
ズームアウト ⌘ –
画面サイズに合わせる  ⌘ 0
100%  ⌘ 1
200%  ⌘ 2
ズームイン(1段階)  クリック
ズームアウト(1段階)  OPT/ALT + クリック
ズームツールを使用している状態

ひとつ前のアートボードに戻る

これまでのリリースでは、ユーザーがひとつ前のアートボードに戻るボタンを作れませんでした。今回のリリースではプロトタイプモードで画面遷移設定をする際のターゲットに「前のアートボード」のオプションが追加されました。

この新しいオプションをドロップダウンから選択すると、手動で戻るアートボードを選択して画面遷移ワイヤーを引かずとも、簡単にひとつ前のアートボードに戻るリンクを設定できます。画面遷移時のアニメーション(効果とイージング)は自動的に逆向きになり、デュレーション(アニメーションの時間)もそのまま引き継がれます。

ひとつ前のアートボードに戻る設定
ひとつ前のアートボードに戻る設定
簡単に戻るボタンを設置できる

PDF書き出し

今回のリリースではアートボードとアセットの書き出し方法を拡張しました。PNGとSVG書き出しに加えて、PDF書き出しをサポートしました。

すべてのアートボードや選択されたアセットをひとつのPDFに書き出したり、複数のPDFに書き出すことができます。書き出しダイアログのフォーマットでPDFを選択してください。この新しい書き出しオプションを使えば、クライアントや制作チームなどに簡単にシェアやプレゼンしてデザインのレビューをしてもらうことができます。

PNG、SVGに追加してPDF書き出しにも対応
PNG、SVGに追加してPDF書き出しにも対応

Sketchや他ツールからのコピー&ペースト

他のツールからコピーしてくることが簡単になりました。SketchやPowerPoint、Excel、InDesignなどの他のツールからコピー(Cmd+C)してAdobe XDにペースト(Cmd+V)できます。ペーストされたコンテンツはAdobe XD上で編集可能です。

エクセルデータのコピー&ペースト
エクセルデータのコピー&ペースト

下の動画で、すべての機能の動作をご覧ください。

まもなく追加予定の機能

線形グラデーション

グラデーションの重要性は理解しており、イケてる新しいグラデーションエディターを鋭意開発中です。

開発中の線形グラデーションパネル

韓国語UI

少し前にXDチームは韓国のデザインエジェンシーを訪問しました。その際にさまざまなデザインプロジェクトにおける課題やワークフローについてヒアリングを行いました。その結果として、次のリリースでは韓国語サポートを追加することになりました。

Adobe XDの成長を一緒に見守ってください – Be a part of this Journey

フィードバック

これまでXDチームにフィードバックを送ってくれた皆さま、まことにありがとうございます!フィードバックという形で継続的にいただくサポートはXDチームにとってとても価値あるものです。その期待に応えるため、そしてより良いツールにするべく開発を続けていきます。ぜひともフィードバックを書き込むサイト User Voiceで、みなさんが欲しい機能の提案や推したい機能への投票、バグ報告などにご協力ください。日本語での書き込みでも大丈夫です!

ソーシャル

リリース情報はツイッターの @AdobeXD をフォローすることでいつでも確認できます。また、ハッシュタグ #AdobeXD を付けてツイートすればXDチームにも届きます。Facebookではライブセッション中の質問に回答したり、解説ビデオやリリース情報も公開しています。

#MadeWithAdobeXD

Behanceでプロトタイプをシェアする際は、タグに #MadeWithAdobeXD を付け、使用ツールに Adobe Experience Design を設定してください。Adobe XDで作成されたSabine SchwarzkopfのTralleyアプリプロジェクトをチェックしてみてください。

  AUTHOR

Keisuke Todoroki

アドビ システムズ 株式会社 / デベロッパーマーケティングスペシャリスト。 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野で J2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビシステムズ入社。 アドビのWebツール全般のマーケティングを担当。