連載  /  

Adobe XD 5月アップデートリリース!無料プランが新たに登場! #AdobeXD

BY 公開

今月のAdobe XDアップデートは、みなさんのフィードバックをもとにした新機能追加と機能改善以上のものをお届けします。UXデザイン、プロトタイプ、共有に誰もが参加できるようにするツールを提供するという私たちのビジョン達成のための大きな一歩となるものです。

「スタータープラン」登場

本日から提供開始する「Adobe XDスタータープラン」では、デザインとプロトタイピングに関するすべての機能が使用できるMac版およびWindows 10版のデスクトップバージョンのXDと、iOS版およびAndroid版のモバイル用プレビューアプリを無償でお使いいただけます。

スタータープランでは、作成できるXDドキュメントの数に制限はありません。公開のためのアセットのエクスポートやエクスペリエンスの動作を共有するための動画作成も可能です。共有機能については、一度に共有可能なプロトタイプおよびデザインスペックは1つに限定されています。この制限は、プランをアップグレードすることで解除できます。XD単体プランまたはCreative Cloudコンプリートプランのメンバーには、この制限はありません。

エクスペリエンスデザインの未来

スタータープランに加え、今後もさまざまな機能拡張が予定されています。

今後数か月のうちに、プロトタイピングおよびアニメーション関連の先進的機能、チームコラボレーションに関する新機能、プラグインによる機能拡張への対応を順次提供していく計画です。アドビは、業界の最先端をゆくエンドツーエンドのUXデザインプラットフォームをみなさんにお届けするというゴールに向かって進んでいきます。

この、クリエイティビティのための、今後も拡大していくプラットフォームを構築していくためにアドビは、デザイナーと開発者のための1,000万ドル(約11億円)の基金を設立することを発表しました。Adobe XDならびにCreative Cloud向けのプラグインや連携機能の開発を促進するためのもので、詳細はこちらをご参照ください。

5月リリースの機能強化

5月のアップデートリリースでは、生産性の向上にフォーカスした機能強化を行いました。

日本時間 5月16日〜5月18日(米国太平洋時間 5月15日〜5月17日)にUXのトップデザイナーがAdobeLive(英語)でAdobe XDの最新機能をご紹介するデモを行います。ぜひご覧ください

シンボルの置換

デザインキャンバス上のシンボルを変更したい場合、新しいシンボルをアセットパネルから変更したいシンボル上にドラッグ&ドロップするだけで置換できるようになりました。もとのシンボルのコピーがキャンバス上に配置されていた場合、すべてのシンボルが自動的に置き換わるため、従来のようにシンボルのすべてのインスタンスをひとつひとつ探し出して置換する必要がなくなりました。

今後のアップデートでも、引き続きシンボルとアセットパネルの改良を予定しています。

複数アートボードにペースト

繰り返し作業をワンクリックで済むようにすれば生産性は向上します。今月のリリースの新機能である複数のアートボードへのペースト機能はその良い例です。オブジェクトをクリップボードにコピーしたら、2つ以上のアートボードをターゲットとして選択したうえでペーストを行います。オブジェクトはすべてのターゲット上に同一のXY座標で配置されます。ターゲットアートボードに充分なスペースがない場合は中央に配置されます。

Photoshopとの連携強化

PhotoshopドキュメントをXDで開く際に要する時間を劇的に短縮し、過去のプロジェクトや他のチームメンバーが制作したPhotoshopドキュメントの利活用を促進します。加えて、線の効果と画像の効果のサポートを追加しました。Photoshop上のオリジナルの線は、見た目はそのままに、編集可能な線オブジェクトのグループに変換されます。画像の効果は、見た目を保持したままフラットな画像に変換されます。

Sketchとの連携強化

複数のページを含むSketchファイルを読み込んだ際に、XDのキャンバス上で境界線が表示されるようになりました。また、読み込んだテキストの字間属性の保持、パターン塗りつぶしのサポート、グローバルおよびドキュメント独自のカラーの保持が追加されました。さらに、ホットスポットリンクはプロトタイプモードにおける接続ハンドルに変換されます。

デザインスペックのパスワード保護

前回のリリースで追加されたプロトタイプのパスワード保護機能が、デザインスペック(ベータ)でも使えるようになりました。ステークホルダーと共有する場合、プロトタイプとデザインスペックの両方をパスワードで保護できます。

UXコミュニティ

これからもコミュニケーションを続けていきたいと思います。アップデート情報は、Twitterで@AdobeXDをフォローしてください。Twitterでハッシュタグ#AdobeXDを付けて投稿すればXDチームにも届きます。また、Facebookでビデオやアップデート情報を公開していますし、Facebookライブセッション中(英語)にはご質問にもお答えします。

#MadeWithAdobeXD

Behanceでプロトタイプをシェアする際は、タグに#MadeWithAdobeXDを付け、使用ツールにAdobe XDを設定してください。AdobeXD ニュースレターで紹介させていただく場合があります。

ソーシャルメディア

日本語でのアップデート情報やUI/UXデザインの情報は、本ブログ以外にもFacebookページ「Adobe XD Japan」で配信しています。また、Twitterでの配信は@AdobeXD(英語)が積極的に行っており、ハッシュタグ #AdobeXD を付けて投稿すればXDチームにも届きます。

日本のユーザーコミュニティ

ユーザーコミュニティであるAdobe XD ユーザーグループがほぼ毎月XDの勉強会を開催したり、使い方やTipsなどの情報共有など、積極的な活動をおこなっています。

この記事は2018/5/15にポストされたMay 2018 Update of Adobe XDを抄訳したものです。

 

  TAGS

  AUTHOR

Keisuke Todoroki

アドビ システムズ 株式会社 / マーケティングマネージャー。 1999年、早稲田大学理工学部を卒業後、大手印刷会社に勤務。主にEC分野で J2EE開発に携わるが、Flexとの衝撃的な出会いを機にRIAの世界へ。 2008年4月、アドビ入社。 アドビのWebツール全般のマーケティングを担当。